2015年10月03日

【ミャンマー少数民族支援】村落ファンド設立支援・「ブタ銀行」がスタート! (1) 【Myanmar Ethnic Minority Support project】 Support establishment of village fund and “Pig bank” have started.

ウェッター ペーバー(ブタ肉ください)。ミャンマー、パ・アン事務所の大場です。本日は、冒頭のあいさつ(?)にあるように、ブタに関するお話です。
Wetter Thar Pay Bah (”Pork please” in local language). I am Oba, project manager of NICCO Hpa-An Myanmar Office. I would like to talk about “pig” as following the opening of this blog-entry.

***


■ 「ブタ銀行」って何? What is "Pig bank"?

ミャンマー事業では2015年5月より、これまで継続してきたプライマリ・ヘルスケア、エコサントイレを通じた衛生環境改善に加えて、「村落ファンド設立支援」が新しくスタートしました!
Myanmar Ethnic Minority Support project has been continuing primary health care program and the hygiene improvement through construction of Eco-san toilet from October 2013 and till now. In addition to all the foregoing , we launched new program “Support establishment of village fund”from May 2015.

これまで活動してきたカレン州チャインセイチ・タウンシップ内の5村で、保健ボランティアさんによる村人への保健・衛生サポートやエコサントイレの維持・増設に関わる将来的な必要資金をコミュニティの中で生み出すことを目的として、村人たちとの話し合いにもとづいて「ブタ銀行」を設立・運営します。

We have been working on a support activity so far at the five villages in Kyainseikgyi Township, Kayin State. We also set up “Pig bank” to create necessary funds for health and sanitation support for the villagers by health volunteers and the maintenance and building Eco-san toilet more in community after discussion with the villagers.

*「ブタ銀行」?
NICCOは過去にも「ヤギ銀行」や、「ココナッツ銀行」の導入を他国で支援してきましたが、今回は「ブタ銀行」。村ごとに、村人らの投票で選出・組織化された「ブタ銀行委員会」に対してNICCOが子ブタと初期の餌の購入代金を支援、委員会は購入した子ブタと餌を、飼育を希望する世帯に貸し出します。飼育希望者は、受け取った子ブタを育て、半年後に食肉用として販売した収入で、最初の購入代金に利子を加えて委員会へ返済するという仕組み。委員会は返済されたお金で、次の飼育希望者へ子ブタと餌を貸し出します。
こうして順々に回すうちに、次第に利子が貯えられ、村内の保健・衛生活動に充てられます。

"Pig Bank"?
NICCO had introduced “Goat bank” or “Coconut bank” in other countries in the past. We are launching “Pig bank” this time. “Pig bank committee” is organized and the members of the committee by the villagers. NICCO gives “Pig bank committee” financial support to purchase piglets and initial feed for them. The committee is lending piglets and feed to family wants to rear them. These families rear piglets and repay the committee initial purchase price with adding interest from benefit of selling the pigs for meat after six months. The committee can lend piglets and their feed to the next applicants with using the repayment money. As this process advances, the interest gradually accumulates which can be utilized for the improvement of health and sanitation activities in the village.

1003_1.png
シュエドウ村の「ブタ銀行委員会」メンバーと、銀行の仕組み。
“Pig bank committee” members in the Shwe Doe village with the illustration of the pig banking mechanism



■ 「コクワ村でブタの貸し出しスタート! Pig bank started in Khoke Khwar village

これまでのあいだに、村人との話し合いや説明会、委員会の設立、委員会メンバー向けの研修や、飼育希望者向け研修などを実施してきました。そして9月、他村に先駆けてコクワ村の委員会が子ブタを購入、希望者への貸し出しを開始しました!
We have held discussions with villagers and briefings, established the committee, given training for the committee members and applicants so far. In September, Khoke Khwar village committee purchased piglets and started lending them to the applicants.

1003_2.png
ブタは、ハイブリッド種とローカル種を掛け合わせたものを選定。(詳しくは次回)
We selected pigs are crossed the hybrid species and local species (for more details next time)


コクワ村の委員会メンバーと飼育希望者が、子ブタの選定のために、カレン州のお隣モン州の養豚業者を訪れました。生後45日程度の子ブタを28匹購入、4匹ずつ7世帯へ貸し出す予定です。他よりサイズが小さな子ブタは今後の生長が心配なので、買わずに他の業者を見に行ったりしました。子ブタの兄弟は、同じ母ブタから生まれても色や模様、顔つきもそれぞれで興味深く、何と言っても愛らしくて一目で好きになってしまいました。
In order to select the piglets, Khoke Khwar Village Committee members and applicants visited the pig farmers in Mon State is next Karen. They purchased 28 around 45 days old piglets to plan of lend 4 piglets to 7 households. We did not purchase piglets were smaller than others because we worried about their growth after this. Therefore we want to another pig farmer to find better ones. Even Piglets brothers were born of same mother, their colour and patterns are different and also their aspects are different one by one, which are quite interesting. We took a liking them at a glance because they were so adorable.

1003_3.png
政府担当官のアドバイスを受けながら、一匹一匹、しっかりと確認。
While receiving the advice from the Government officials, the committee members and the applicants checked piglets one by one.


ワラを敷いた軽トラックの荷台に、竹を組んで檻を作り、一匹一匹、スタッフが運び入れます。3ヶ所の業者から購入したので、はじめは見知らぬ他の子ブタ兄弟と一緒に狭い空間に入れられて、慌てたりケンカをしたりする子ブタも見られましたが、しばらくすると落ち着いてきました。コクワ村まで約4時間、出発する軽トラックの後ろ姿を見送る私の頭の中に「ドナドナ」の音楽が流れていたことは、言うまでもありません。村での飼育希望者への貸し出しの様子は、次回お伝えいたします!
The staff carried each piglet one by one into a cage made by bamboo on a light pickup trestle with spread straws. These piglets were upset and fought each other so they did not know each other because they are purchased from three different suppliers and placed together in a narrow space. It was needless to say that “Donna Donna” was played in my head when I saw off the light pickup left during 4 hours until we arrived at Khoke Khwar village.

1003_4.png

1003_5.png

ブタ銀行の成功には、コミュニティの連携と、委員会が適正に資金を管理していくこと、そして飼育世帯がしっかりと目的を理解してモチベーションを保つことが求められます。村での保健ボランティアさんの活動は定着しつつあり、村人たちからの喜ぶ声も耳に入ってきています。今後こうした声を共有する場を設けたりながら、村一体となって継続的かつ自立的にブタ銀行が運営されるよう、私たちも側面からサポートしていきます!
These following things are necessary for success of “Pig bank”, cooperation community, proper management of fund by the committee and family rear pigs understand the purpose of rearing them and keep up motivation. Health volunteer’s activities in the village are being established. We heard the voice of delight from the villagers. We are indirectly supporting the project of “Pig bank” to run it by the villagers independently with providing an opportunity to share the voice of delight for the future.

1003_6.png

お楽しみに!
Wait and see!

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

NICCO ミャンマー少数民族支援
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/myanmar001.html

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif

2015年10月3日
posted by NICCO at 10:00| Comment(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

【ケニア事務所】 種子の配布 Seed distribution in Bushiangara village, Kenya

ハバリ・ゼーヌ?(みなさん、お元気ですか?)ケニア事務所の原田です。
今日は、先日行われた種子配布の様子をお伝えしたいと思います。
Hello everyone! How are you?
I am Yuko Harada from the Kenya office.
Today I would like to tell about the state of seed distribution took place last time.

***



■ ブシアンガラ村での種子の配布 Seed distribution in Bushiangara village

ブシアンガラ村では、9月〜12月に小雨季を迎えます。この小雨季には、メイズ(ケニアの主食のトウモロコシ)の刈り入れ後に、野菜などが栽培されます。そこでNICCOは、村人からの需要が高いピーナッツ、および今後ブシアンガラ村の農加工品の主力となる、ひまわりとモリンガの種子の配布を行いました。
In Bushiangara village, the small rainy season sets in September until December. Local farmers cultivate vegetables after harvesting of maize (the staple food of Kenya) at the small rainy season. So NICCO distributed peanuts seeds which has a high demand in the village and also distributed seeds of moringa and sunflower.

まず配布前に各家庭を訪問して、土地の広さや希望の種子の種類を聞き取ります。土地の広さは実際に調査員が目で見て確認します。
Before distributing seeds, NICCO staff visited to know about the availability of land to grow seeds. Researchers saw actual size of land with their own eyes.


■ 配布当日の様子 The day of Seed distribution

1001_1.png
配布当日。配布場所は村の教会です。
After that distribution process is held in the church of the village.


配布当日には、農業省から講師を呼んで、それぞれの種子の植え方、育て方を講義してもらいます。特にひまわりやモリンガは、初めて植える人も多いため、入念に講義をしてもらいました。
In the seed distribution day, NICCO invited an instructor from Ministry of Agriculture to deliver a lecture regarding how to plant each seed and how to grow them. There were so many people who were going to start moringa and sunflower plantation for the first time. So the lecture was delivered very carefully.

1001_2.png
中央が農業省職員のブヤンジさん。多くの人が詰めかけ、積極的に質問していました。The person in the centre of picture is Ms. Buyanji who is the officer from Ministry of Agriculture. Lots of people attended the church and ask question proactively.


その後が配布先農家登録です。配布される種子は全て無料というわけではなく、収穫後に一定の割合を村の農業委員会に返還することになっています。そのため、誰が何の種子をどのくらい受け取ったか、という記録を取ることと、返還に関する合意書に署名することが大切です。
After that, the beneficiary registration process was done. The distributed seed is not all free. We are supposed to return a certain percentage to the agriculture committee of the village after the harvest. Therefore it is important to record who has received, how much and what type of seeds they have received. It is also important to have a sign on agreement of return.

1001_3.png
合意書に署名をする農家。真ん中に座っているのが村の農業委員会のメンバー。
A former put signature to the agreement.
The Agriculture Committee Members of the village sit in the middle.


合意書に署名したら、種子を受け取って終了です。
After signing the agreement, the process to receive seed is ended.

1001_4.png


種子の配布後は、農業委員会メンバーとNICCO職員が村を見回り、きちんと植えられているか、植え方に問題はないかをモニタリングし、村人に指導をしています。
ピーナッツとひまわりは12月に収穫予定なので、楽しみです!
After the seeds distribution, agriculture committee members and NICCO staff patrol the village to know whether the seeds are planted properly or not and also monitored whether there is no problem or not in plantation.
The harvest schedule for Peanuts and sunflower is in December. It is a fun.

ケニア農村開発事業
http://www.kyoto-nicco.org/project/kenya/index.html
現地レポート更新
http://www.kyoto-nicco.org/project/kenya/cat136/-201565update-1.html
ケニアの農村にエコサントイレをつくろうプロジェクト
http://www.kyoto-nicco.org/give/menu-kenya.html
かざして募金
http://gooddo.jp/gd/kazashite/nicco/

2015年10月1日
posted by NICCO at 12:34| Comment(0) | ケニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

【琵琶湖生物多様性】9月23日に稲刈りを行いました!@滋賀県東近江市ふゆみずたんぼ

琵琶湖生物多様性事業を担当している木村です。
ようやく涼しくなってきて、農地は実りの秋を迎えています。
今回は、先日行った稲刈りの報告をさせていただきます。

***


■ みのりの秋 ふゆみずたんぼでの稲刈り

0928_1.png

晴れの日が2〜3日続いた後でないと田んぼに稲刈り機が入れないため、延期が続きましたが、ようやく稲刈りの日を迎えました。今年はお米農家さんにとっても、日程を読むのが難しい年だったそうです。

稲といっしょに刈り取られると厄介な雑草を抜いた後、いよいよ稲刈り機の出番です!

0928_2.png
まず、運転の仕方を丁寧に教えてもらいました。


0928_3.png
慣れてきたら一人で操縦できます。


0928_4.png
2周目ともなると余裕です。


0928_5.png
あれ、難しいな・・


0928_6.png

刈り取った後は、籾だけをトラックの荷台にある大きな袋に詰めていきます。
この後、乾燥、籾摺り、精米の作業を行います。おいしいお米まであと少しです。

0928_7.png

稲刈りの合間にかぼちゃの収穫も行いました。これで今年の収穫はすべて終了となりました。

0928_8.png

図らずも超少人数での稲刈りとなってしまいましたが、当日の天気も良く、無事刈り取ることができてよかったです。

http://www.kyoto-nicco.org/project/japan/bio2014.html
滋賀県東近江市での生物多様性保全(ふゆみずたんぼ事業)

2015年9月28日
posted by NICCO at 14:21| Comment(0) | 琵琶湖生物多様性保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。