2015年11月01日

【ケニア事務所】 フィールド デイ The field day of the demonstration farm of “Eco-san manure”, Kenya

ミレンベ・ボーシ?(みなさん、お元気ですか?)
Mirenbe bo-shi(Hi everybody, How are you?)
NICCOケニア事務所の原田です。
I am Harada from the NICCO Kenya office.

***



前回、エコサントイレから取れるエコサン肥料と希釈尿を使用したデモ農地の様子をレポートしましたが、今回は、その結果を村の人に見てもらう、フィールドデイの様子をお伝えします!
We reported the demonstration of eco-san manure anuted urine with water from the eco-san toilet at the last time blog entry. We are telling the state of the field day in order to show the result of demonstration to the villagers at this time.

前回お伝えした、エコサン肥料と希釈尿を使用した畑の様子はこちら↓
【ケニア事務所】 エコサンデモ農地 The demonstration farm of “Eco-san manure”, Kenya
As we reported last time, the state of the plot is applied with eco-san manure and diluted urine
1.jpg



■ フィールド ディ The field day of the demonstration farm of “Eco-san manure”


デモ農地の近くの教会をお借りして、フィールドデイを行いました!
We rented a space for field day from the church nearby the demonstration farm.
まずはNICCO現地スタッフのジョフリーが、エコサントイレについて、デモ農地についての説明を行いました。
First of all, Joffrey is the local staff of NICCO explained eco-san toilet and the demonstration farm.

2.jpg

真ん中の青い服の青年が、NICCOケニアの現地スタッフのジョフリーです。たくさんの方がフィールドデイに来てくださいました。
The man wore blue clothes in the middle of photo is Joffrey. He is the local staff of NICCO Kenya. A lot people joined in this field day.

それから、デモ農地を管理してくれた農家さんが、実際に彼女がどのように管理を行ったのか、デモ農地の結果をどう思うか、など、具体的に説明してくれました。
After this, the farmer who took care of the demonstration farm explained briefly how she managed it, what she supposed the result of it and so on.

3.jpg

立っている白シャツの女性がデモ農家さんです。
The lady wore a white shirt standing in the centre is farmer who took care of the demonstration farm.

最後に、参加者みんなでデモ農地を訪問し、実際にメイズの生育状態を確認しました。
At last, all of the participants visited the demonstration farm and confirmed the state of maize growth in the farm.

4.jpg
参加者で記念撮影!
Participants group took the commemorative photo together.




■ エコサントイレへの前向きな声  Talking about eco-san toilet in a positive voice

参加者は、エコサン肥料と希釈尿の効果に驚いた様子で、「自分でもエコサン肥料を使ってみたい」「エコサントイレを建てたい」と、前向きな声がたくさんあがりました。
The participants after visiting the demonstration field, they talked about eco-san toilet in a positive voice like “I want to use eco-san manure.” “I want to build an eco-san toilet.” in surprise by the effect of diluted urine and eco-san manure.

このデモプロットの目的は、今まで人のし尿を堆肥にするという習慣がなかったブシアンガラ村の人たちに、その効果や安全性を知ってもらい、エコサン肥料、エコサントイレへの関心を高めてもらう、ということでした。このような前向きな反応をたくさん聞くことができ、嬉しかったです。
The purpose of this demonstration plot is introduction of the effectiveness and safety of human waste for the people of Bushiangara villagers who did not have the habit of using compost made from human waste so that they raise awareness of eco-san manure and eco-san toilet. I am happy to hear the positive response from people about them.

今後、具体的に個人宅でのエコサントイレ建設に向けて、事業を進めていきます。

次回は、いよいよデモプロットで育てたメイズの収穫!実際に、収穫量はどのくらい違いがあるのか、などをご報告したいと思いますので、お楽しみに!
We continue the project of eco-san toilet heading towards construction for each individual family.
I will also report the maize harvest. I am telling the difference amount of maize harvest with using eco-san manure and diluted urine and without using them.

それでは、ホロラネ!(さようなら!)
So, Hororane! (Good bye)

ケニア農村開発事業
http://www.kyoto-nicco.org/project/kenya/index.html
現地レポート更新
http://www.kyoto-nicco.org/project/kenya/cat136/-201565update-1.html
ケニアの農村にエコサントイレをつくろうプロジェクト
http://www.kyoto-nicco.org/give/menu-kenya.html
かざして募金
http://gooddo.jp/gd/kazashite/nicco/

2015年11月1日
posted by NICCO at 12:27| Comment(0) | ケニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

【ケニア事務所】 エコサンデモ農地 The demonstration farm of “Eco-san manure”, Kenya

ミレンベ・ボーシ?(みなさん、お元気ですか?)
Mirenbe bo-shi(Hi everybody, How are you?)
NICCOケニア事務所の原田です。
I am Harada from the NICCO Kenya office.

***



■ 「エコサン肥料」を使ったデモンストレーション農場 The demonstration of using “Eco-san manure”

「ミレンベ」というのは、ブシアンガラ村で話されているルヤ語で、「平和」という意味だそうです。この言葉は日々の挨拶に使われると「元気?」という意味になります。
“Mirenbe” means peace in Luhya language spoken in Bushiangara village. Using “Mirenbe” as a term of greeting, it means “How are you?”
さて今日は、エコサントイレからできる肥料「エコサン肥料」を使ったデモンストレーション農場のお話をしたいと思います。
Today, I would like to talk about the demonstration of using “Eco-san manure” from Eco-san toilet.

エコサントイレ、というのはNICCOがアジア・アフリカなどで建設している、「し尿分離型環境衛生トイレ」のことです。
Ecological Sanitation Toilet, so-called “Eco-san toilet” is human waste separation type toilet which is environmentally healthy. “Eco-san toilet” is built by NICCO in Asia and Africa.

こちら↓の「エコサントイレ特集」にわかりやすく説明してあります!
http://www.kyoto-nicco.org/africa/ecosan.html

Click here for more understandable information ↓
http://www.kyoto-nicco.org/english/project/malawi/information/development-of-real-village.html

このエコサントイレは、人のし尿を衛生的に処理し、堆肥を作ることができます。人が食べたもの、飲んだものが排出され、それが堆肥になり、また食べ物を作るために畑に還元される、というのが、NICCOが推進する循環型の仕組みです。
We can hygienically compost manure from night soil treatment by using Eco-san toilet.. NICCO has promoted circular mechanism, after excreting the things we eat and drink from our body, we compose manure from these things, and then composed manure are returned to the soil to produce food via Eco-san toilet,

しかし、そもそもケニアでは、人のし尿を堆肥にするという仕組みがありません。もちろんブシアンガラ村の人々にとっては、全く新しい試みになりますから、最初はみんな半信半疑です。肥料の効果があるのか、衛生的に大丈夫なのか、そういった疑問に対していくら説明しても、なかなか信じられるものではありません。
However, there was no such mechanism of utilizing human waste as compost in Kenya before. It is completely new experiment for the people of Bushiangara village. Therefore everybody initially doubted whether composed manure is highly effective to improve soil and hygienically safe. It would be quite difficult to understand the benefit of Eco-san toilet for the villager even if we explained there was nothing problem with using Eco-san toilet because they didn’t have such a custom before.


■ 「エコサン肥料」比較栽培の結果 The result of comparison using“Eco-san manure”with not using

そこで、実際に目で見てもらおう、と設置したのが、比較栽培のデモンストレーション農場です。人通りの多い村の大通り沿いに農場を設置し、それを4つの区画に区切って、ケニアの主食であるメイズ(トウモロコシ)を植えます。一つ目の区画は、エコサン肥料と水で希釈した尿を与えます。二つ目の区画は、希釈した尿のみを与えます。三つ目の区画は、村でよく使われている化学肥料を与えます。四つ目の区画は、肥料も何も与えません(無施肥)。
Therefore, we arrange the demonstration farm to let people compare Eco-san manure cultivation and non- Eco-san manure cultivation with their own eyes. The farm is established alongside the main busy street in the village. The farm is divided into four compartments and planted maize (white corn); staple food of Kenya. The first compartment(compartmentT) was provided with diluted urine and Eco-san manure. The second compartment(compartmentU) was provided with diluted urine only. The third compartment(compartmentV) is cultivated using chemical fertilizer and the fourth compartment (compartmentW)e was provided without any fertilizer or manure.

メイズを植えたのは、今年の4月頃。NICCOスタッフの指導のもと、デモ農場の農家さんがしっかり管理してくれたので、メイズは順調に育ちました。その結果がこちら!
The farmers have been taking care of the maize so carefull under the guidance of NICCO staff that it grew very well. This picture shows the result.

1014_1.png

ちょっとわかりにくいですが、一番手前が無施肥の区画、2番目が化学肥料を与えた区画、3番目が希釈尿を与えた区画、4番目がエコサン肥料と希釈尿を与えた区画です。ご覧のとおり、無施肥の区画と化学肥料の区画はほとんどメイズが育っていません。
It might be little confusing, but the four compartments are arranged in the order of, from this side, compartmentW,V,U,T. As you can see, no maize is grown in the plot with chemical fertilizer(compartmentsV) and without any fertilizer(compartmentW).

それに比べて、希釈尿を与えた区画がこちら↓
The plot with diluted urine is here(compartmentU).
1014_2.png

エコサン肥料と希釈尿を与えた区画がこちら↓
The compartment with eco-san manure and diluted urine is here.(compartmentT)
1014_3.png

ここまで差がでるとは私たちも思っておらず、驚きました。デモ農地のオーナーさんに話を聞くと、もともとこの土地は痩せていて、化学肥料を与えても何も育たない土地だったとか。だから、今回も化学肥料の区画が全く育たなかったんですね。
The result made us surprised because the gap between them was bigger than we had expected. According to the owner of the farmland, the land was poor soil, and even though he used chemical fertilizer, nothing was grown in the land. This is the reason why the maize also did not grow at all in this time even in the compartment with chemical fertilize.

ではなぜ、エコサン肥料と希釈尿の区画はメイズが元気に育ったのでしょうか。ケニア農業省の職員や、NICCOの専門家の見解では、もともとこの土地は、多量の雨や、化学肥料の過剰使用の影響で、土地が酸性に偏っていてメイズが育ちにくいとのこと。そこで、エコサン肥料や尿に含まれるアルカリ成分がうまく作用したのではないか、とのことでした。
Then, why the maize in the compartmentT(with diluted urine and eco-san manure) grew up cheerfully? According to the officials and Kenya Ministry of Agriculture this land was acidic due to excessive use of chemical fertilizers and a huge amount of rainfall. Therefore alkaline components included in eco-san manure and urine changed the acid nature of the farm, and which lead to successful result.

ブシアンガラ村の農地ではこの「土地が酸性に偏る」という現象が良くみられますので、エコサン肥料と希釈尿の効果はかなり高いのではないか、と私たちも期待しています。デモ農家さんもこの結果に大満足!!来年もまた試してみたい!と意欲を燃やしています。
Since farm land of Bushiangara village is acidic in nature, so we expect that the diluted urine and eco-san manure have a great impact on the farm there. The farmers of demonstration farm are satisfied with this result. They are eager to use the manure next year as well.

次回のブログでは、このデモ農地の結果を村人に見てもらうための、フィールドデイの様子をお届けしたいと思います。
In the next blog, I would like to write about the field day when we show villagers the result of the demonstration farm..
ホロラネ!(では、また!)
Horonane! (See you!)

ケニア農村開発事業
http://www.kyoto-nicco.org/project/kenya/index.html
現地レポート更新
http://www.kyoto-nicco.org/project/kenya/cat136/-201565update-1.html
ケニアの農村にエコサントイレをつくろうプロジェクト
http://www.kyoto-nicco.org/give/menu-kenya.html
かざして募金
http://gooddo.jp/gd/kazashite/nicco/

2015年10月14日

posted by NICCO at 19:21| Comment(0) | ケニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

【ケニア事務所】 種子の配布 Seed distribution in Bushiangara village, Kenya

ハバリ・ゼーヌ?(みなさん、お元気ですか?)ケニア事務所の原田です。
今日は、先日行われた種子配布の様子をお伝えしたいと思います。
Hello everyone! How are you?
I am Yuko Harada from the Kenya office.
Today I would like to tell about the state of seed distribution took place last time.

***



■ ブシアンガラ村での種子の配布 Seed distribution in Bushiangara village

ブシアンガラ村では、9月〜12月に小雨季を迎えます。この小雨季には、メイズ(ケニアの主食のトウモロコシ)の刈り入れ後に、野菜などが栽培されます。そこでNICCOは、村人からの需要が高いピーナッツ、および今後ブシアンガラ村の農加工品の主力となる、ひまわりとモリンガの種子の配布を行いました。
In Bushiangara village, the small rainy season sets in September until December. Local farmers cultivate vegetables after harvesting of maize (the staple food of Kenya) at the small rainy season. So NICCO distributed peanuts seeds which has a high demand in the village and also distributed seeds of moringa and sunflower.

まず配布前に各家庭を訪問して、土地の広さや希望の種子の種類を聞き取ります。土地の広さは実際に調査員が目で見て確認します。
Before distributing seeds, NICCO staff visited to know about the availability of land to grow seeds. Researchers saw actual size of land with their own eyes.


■ 配布当日の様子 The day of Seed distribution

1001_1.png
配布当日。配布場所は村の教会です。
After that distribution process is held in the church of the village.


配布当日には、農業省から講師を呼んで、それぞれの種子の植え方、育て方を講義してもらいます。特にひまわりやモリンガは、初めて植える人も多いため、入念に講義をしてもらいました。
In the seed distribution day, NICCO invited an instructor from Ministry of Agriculture to deliver a lecture regarding how to plant each seed and how to grow them. There were so many people who were going to start moringa and sunflower plantation for the first time. So the lecture was delivered very carefully.

1001_2.png
中央が農業省職員のブヤンジさん。多くの人が詰めかけ、積極的に質問していました。The person in the centre of picture is Ms. Buyanji who is the officer from Ministry of Agriculture. Lots of people attended the church and ask question proactively.


その後が配布先農家登録です。配布される種子は全て無料というわけではなく、収穫後に一定の割合を村の農業委員会に返還することになっています。そのため、誰が何の種子をどのくらい受け取ったか、という記録を取ることと、返還に関する合意書に署名することが大切です。
After that, the beneficiary registration process was done. The distributed seed is not all free. We are supposed to return a certain percentage to the agriculture committee of the village after the harvest. Therefore it is important to record who has received, how much and what type of seeds they have received. It is also important to have a sign on agreement of return.

1001_3.png
合意書に署名をする農家。真ん中に座っているのが村の農業委員会のメンバー。
A former put signature to the agreement.
The Agriculture Committee Members of the village sit in the middle.


合意書に署名したら、種子を受け取って終了です。
After signing the agreement, the process to receive seed is ended.

1001_4.png


種子の配布後は、農業委員会メンバーとNICCO職員が村を見回り、きちんと植えられているか、植え方に問題はないかをモニタリングし、村人に指導をしています。
ピーナッツとひまわりは12月に収穫予定なので、楽しみです!
After the seeds distribution, agriculture committee members and NICCO staff patrol the village to know whether the seeds are planted properly or not and also monitored whether there is no problem or not in plantation.
The harvest schedule for Peanuts and sunflower is in December. It is a fun.

ケニア農村開発事業
http://www.kyoto-nicco.org/project/kenya/index.html
現地レポート更新
http://www.kyoto-nicco.org/project/kenya/cat136/-201565update-1.html
ケニアの農村にエコサントイレをつくろうプロジェクト
http://www.kyoto-nicco.org/give/menu-kenya.html
かざして募金
http://gooddo.jp/gd/kazashite/nicco/

2015年10月1日
posted by NICCO at 12:34| Comment(0) | ケニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。