2014年02月25日

【参加申込締切2/28】有機農業公開セミナーを開催します(3/2@ひと・まち交流館京都)

みなさん、こんにちは。
春も間近に迫ってきましたね。
さて、今回は3月2日(日)開催の「有機農業公開セミナー」のお知らせです。

A 有機農業公開セミナー140302松井三郎先生.jpg

今回の講座テーマは「乳酸菌・枯草菌・放線菌で目指す!環境を考えた作物の作り方 〜微生物活用した有機資材と肥料成分の循環〜」です。

有機農業の本質ともいえる、有機資材が微生物(乳酸菌・枯草菌・放線菌)を活用することで良質の有機肥料になり、循環することで美味しい産物を作り出すその原理と最新の情報について、過去の事例や最新のサンプル等も用いて紹介していただく予定です。


日時:2014年3月2日(日) 14時〜15時30分

場所:ひと・まち交流館 京都 第2会議室(京都市下京区)
   http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

参加:無料 (参加申込締め切りは2月28日(木)まで)


参加申込み、お問合せは↓↓↓

電話:075-241-0681
メール: biwako@kyoto-nicco.org
(1)お名前、(2)ご連絡先(電話、E-mailアドレス)
を添えて「NICCO有機農業公開セミナー受付係」までご連絡ください。 


既にお米や野菜の農業をされている方だけでなく、これから有機農業を始めてみたい方にも分かり易い内容になります。

みなさん、奮ってご応募下さい!
ご参加お待ちしています。


☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 10:57| Comment(0) | 琵琶湖生物多様性保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

2/15 (土) 松井三郎NICCO理事講演のお知らせ「TPPを克服する環境農業の展開」 場所 ひと・まち交流館 京都

2014年2月15日にNICCO理事、 松井三郎先生(環境工学:京都大学名誉教授)の講演が
ひと・まち交流館 京都にて開催されます。

mastui.jpg

「日本の食、農業、環境をどのようにブランド化するか −市民と農業者のTPP克服方法」
 主催:環境・文化首都京都宣言を呼びかける NPO法人京都生涯教育研究所
 協力団体:NPO法人 環境・エネルギー・農林業ネットワーク(EEFA)他 
 生きていま私が語る講座:松井三郎(環境工学 京都大学名誉教授)


第2回 総合講座 2014年2月15日(土曜日)13時30分ー16時00分
         場所 ひと・まち交流館 京都

「TPPを克服する環境農業の展開」
13時30分―14時20分 講演:松井三郎
14時30分―16時00分 パネル討論
           芦田譲  NPO法人環境・エネルギー・農林業ネットワーク(EEFA)理事長
            松下潤  芝浦工業大学教授 環境システム
            伊藤順一 京都大学大学院農学研究科教授 農業経済
            小野了代 公益財団法人日本国際民間協力会(NICCO)理事長

第2回総合講座の趣旨
 TPP加盟は日本の農業を大きく変革することになる。政府は新農業政策を予算化する。主食米の自主調整減産・飼料米増産。農地整理と大規模経営の促進。中山間地小規模経営の強化。そして農産品全体の国際競争力の向上。これらの新政策は、老齢化・後継者不足・収入低下の農業を再生し、TPP加盟の影響に耐えうるのか?EU農業は新CAP政策を2014年から導入するが、そこでは大規模農家より小規模農家支援の拡充、生物多様性・環境農業に補助強化、産地地理情報のブランド化などが導入される。講演では、バイオマス資源循環を行う林業・畜産業・水産業・農業・消費者を連携する新技術と制度を提案する。
 パネル討論では、環境・エネルギー・農林業の連携実践、環境農業の新技術実験成果、国際的視点から日本の新農業政策の分析、滋賀県での有機農業実践とアフリカ循環農業支援を行う国際NGO活動等の報告を受けて、一緒に、TPP克服の道を探る。

〈開催会場〉ひと・まち交流館 京都
       http://www.hitomachi-kyoto.jp
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
●市バス4・17・205系統「河原町正面」下車
●京阪電車「清水五条」より徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」より徒歩10分
●駐車場有 ※混雑が予想されますので、出来る限り公共機関をご利用下さい。
map_hitomachi.jpg

講演の詳細PDFはこちら

連絡先:NPO法人京都生涯教育研究所
〒606-8243 京都市左京区田中東高原町28-1
E-mail: lifelong@wg7.so-net.ne.jp 電話: 075-781-9699 FAX: 075-791-2219
URL: http://www.kyotolifelong.web.fc2.com/lifelong-f.htm
posted by NICCO at 12:37| Comment(0) | 琵琶湖生物多様性保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

稲刈りボランティア募集!

NICCOインターンの杉本です!
全国各地で変な天気が続いていますね。京都も先日の台風で被害を受けた地域もありました。

さて、実りの季節がやってきました。春から田植え、生きもの観察会など行ってきたNICCOのふゆみずたんぼも、いよいよ収穫の時期です。

ということで、稲刈りボランティア大募集中です!!

農業に興味のある人、環境問題に関心のある人、NGOに興味のある人、生きものに興味のある人、実りの秋を感じたい人、体を動かしたい人etc…どなたでもご参加いただけます。奮ってご参加ください!!

▼日時
第一回9/21(土) 10時〜16時頃 (定員5名程度、雨天順延)
第二回9/29(日) 10時〜16時頃 (定員20名程度、雨天順延)

▼場所
NICCOふゆみずたんぼ(滋賀県蒲生郡竜王町山之上、アグリパーク竜王集合)
※詳しい集合時間につきましては、参加者の方に追ってご連絡いたします。

▼参加費
無料

R0012811-300x225.jpg稲乾燥中-277x300.jpg

▼募集締切
第一回分 9/19(木)
第二回分 9/26(木)

▼持ち物
昼食・飲み物・軍手・タオル・雨具・長靴・着替え
※大人用の長靴はお貸しできますが、サイズが合わない場合がありますので予めご了承下さい。
※地面がぬかるんでいて、転びやすいので、着替えを用意することをオススメします。

▼服装
長袖・動きやすい服装
※現地で着替えられる方はNICCO作業場をご利用いただけます。
※たんぼ内は泥の状態になっていることが予想されます。汚れても良い服装でお越しください。

▼アクセス
お車で:名神高速竜王I.Cより約15分
電車・バスで:JR近江八幡駅からはバスで約20分

▼申込み・問合せ
お申込みの際は必ず@お名前 Aご住所 Bお電話番号 C年齢をお伝えください。
(ボランティア保険の加入の際に必要となる情報です。お預かりした個人情報は適正に管理いたします。)

メールお申込み         biwako@kyoto-nicco.org
TEL/FAXでのお申込み  TEL:075−241-0681/FAX:075-241-0682

お問い合わせもこちらの連絡先で承っております。(担当:仙道・杉本)

ご連絡お待ちしております!

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 13:33| Comment(0) | 琵琶湖生物多様性保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。