2015年11月03日

【ミャンマー少数民族支援】事業地モニタリングと住民たちの意見交換

ミンガラーバー(こんにちは)。ミャンマー、パ・アン事務所の大場です。9月29日〜10月3日、NICCO本部から、事務局長の折居が、事業の進捗確認と関係各所との連携強化のために、カレン州まで事業地モニタリングにやって来ました。パ・アンでの各所との面会のほか、チャインセイチ・タウンシップの対象5村のうち、シュエドウ、メティヨ、チョウンカウンを訪問しました。

***


■ 事業地モニタリングと住民たちの意見交換

村では、エコサントイレの使用状況や、ブタの飼育状況を確認しながら、住民からの意見を聞き取りしました。エコサントイレは、前回2015年2月に折居が訪問した後、雨対策のために屋根を追加したり、隙間を塞いだり、利用者ごとに改修・修繕を施してきたので、そうした工夫を確認することができました。

1103_1.jpg
利用者の工夫が確認できるメティヨ村のエコサントイレ(左:2015年2月、右:2015年10月)


1103_2.jpg
ブタ小屋の状態やブタの飼育状態を確認

また各村で、NICCOのプロジェクトに関わる、村落委員会、保健ボランティア、エコサントイレ利用者、ブタ銀行委員会、ブタ飼育者らに呼びかけて集まってもらい、それぞれの立場で感じている課題や、今後どんな風に活動を続けていきたいのかを話し合いました。村によっては、保健委員や助産師も話し合いに加わってくれました。小規模医療施設の利用に関する課題や、保健ボランティアと村の助産師との共同活動についての質問、ブタの飼育方法についての心配ごと、小さなことから大きなことまで、皆で話し合うことができました。


■ プロジェクト最終年、そして将来に向けての話し合い

1103_3.jpg
今回の訪問の目的を説明(写真上:事務局長・折居)

現在、3カ年で計画されたプロジェクトの最終年にあたります。NICCOがこれまでサポートして村に定着し始めた保健・衛生活動が、プロジェクト終了後も継続されるよう、住民間の情報共有と協力体制が、これから重要になってきます。
今回のモニタリングでは、進捗と課題の確認ができただけでなく、プロジェクト関係者が初めて一同に会し、意見を交換し合う機会が得られたことも、将来に向けて大きな収穫となりました。

1103_4.jpg
互いの意見を出し合う村の人々

チャインセイチ訪問では、少し欲張ってスケジュールを入れすぎたので、昼食の時間も十分になく、帰りは真っ暗。皆すっかり疲れてしまいながらも、住民らの声をもとに今後のステップを考えながら、新たな目標とともにパ・アンに到着しました。

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

NICCO ミャンマー少数民族支援
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/myanmar001.html
posted by NICCO at 22:28| Comment(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

【ミャンマー少数民族支援】村落ファンド設立支援・「ブタ銀行」がスタート!(2) 【Myanmar Ethnic Minority Support project】 Support establishment of village fund and “Pig bank” have started.


ウェッゴー シャーネーデー(ブタを探しています)。ミャンマー、パ・アン事務所の大場です。前回は、コクワ村のブタ銀行委員会メンバーが、かわいい子ブタを購入したところまでお伝えしました。ブタ銀行の詳細はコチラ。
"Wet Ko Shar Nay Tal" (“I am looking for a pig.” in local language). I am Oba, project manager of NICCO Hpa-An Myanmar Office. I introduced the story when Khoke Khwar village “Pig bank committee” members purchased piglets by then. Find out more about “Pig bank” at http://kyoto-nicco.seesaa.net/article/427107313.html

***


■ ブタ銀行の成功に必要なこと The necessary things for success of “Pig bank”

ブタ銀行の成功には、飼育世帯がブタを大きく育てて販売し、しっかりと収入を得てブタ銀行委員会へお金を返すことが重要です。ブタの種類や数、飼育技術の向上についても十分に配慮して導入準備を進めました。
It is important that pig breeding families rear piglets to grow big and sell them, in addition they get an enough income from price of selling pigs so that “Pig bank” becomes successful project. We put forward the preparation for introduction of “Pig bank” project with enough consideration about name and number of pigs, in addition the improvement of handling and feeding techniques.

ブタの種類は、規模の大きな養豚場で飼育されている改良ハイブリッド種と、ローカル種を掛け合わせたもの。村の環境にも馴染みやすく、適正な方法で育てれば、どのブタもしっかりと育ってくれるというメリットがあります。成長度合いに個体差があるローカル種を育ててきた村人たちは、「子ブタを買ってきたのに、半年経っても一年経ってもいっこうに大きくならなくて・・・」という悩みを以前から抱えていました。
また、授乳期が終わる生後45日くらいで、政府サービスにより必要な予防接種を終えている子ブタを購入しました。
The name of pig is the cross breeding between an improved hybrid breed is reared in the large pig breeding farmer and a local breed. This name of pig is well adapted to village environment and there is an advantage because they can be grown up healthy if we rear them with proper breeding technique. The villagers who reared local breed had trouble such as “even though we bought piglet it can’t grow up enough after one year or half year” with it from before because there are individual differences from the degree of growth among each pig.
And also we purchased piglets have already had the necessary vaccination supplied by public service at around 45 days old which finishes the lactation period.

1020-1.jpg
半年近く経っても、生後2ヶ月くらいのサイズのままのローカル種のブタ。Local breed pig remains size of around 2 months old piglet that was born nearly half years ago.

1020-2.jpg
つい最近まで、こうして母ブタの乳を飲んでいた子ブタたち。These piglets suckled at their mother’s breast recently.


貸し出し数は、1世帯あたり4匹。万が一、病気や不慮の事故で1匹死んでしまっても、他のブタを販売した収入で返済できるように、村人たちが無理なく十分に面倒が見られるように、そして、回収される利子で村内の保健・衛生活動の活動資金が十分まかなえるように、といった理由から定められました。
今回7世帯が飼育を開始するコクワ村では、28匹の子ブタが運ばれてきました。子ブタたちは多くの村人に囲まれ、突然始まった品評会に驚いていたに違いないのですが、それぞれ飼育世帯へ無事に連れ帰られました。
The number of rental pig is four per one family. By any chance one piglets dies by disease or unfortunate accident a family who lost it can repay by income from selling other piglet, the villagers can sufficiently compensate a loss with reasonable effort, and the benefit from circulation of “Pig bank” system can maintain the health and sanitation support activity in the village so that we decided that number of rental pig.
28 piglets are delivered to Khoke Khwar village where 7 applicants start to rear pigs. Even though piglets must be surprised by a lot of villagers surrounded them and a competition suddenly started they were brought to a pig breeding family safely.

1020-3.jpg
子ブタを選択するコクワ村の飼育希望者たち。Applicants choose piglets in Khoke Khwar village.


■ ブタを健康にそだてるために For rearing piglets in good health

飼育希望者は子ブタを受け取る条件として、政府から派遣された専門家の協力のもとで開催した技術研修をすでに受講しています。ブタに関する基本的な知識から、ブタ小屋作りのポイント、病気の予防と衛生的な飼育方法、病気になった時の対処法、必要な栄養素と餌の作り方・与え方まで、必要な知識と技術を2日間の研修で学びました。また、他の村で同じ種類のブタを育てている世帯のところへスタディ・ツアーに赴き、飼育方法について心配な点や不明な点について意見交換をしました。
There is a condition that applicants have already attended a lecture of breeding technique is taken place with the cooperation of an expert is dispatched from the government. They have learnt the necessary knowledge and technique of breeding pig such as from the basic knowledge of pig to the important point of building a pigsty, the method of protecting pig from disease and breeding technique in sanitary condition and what kind of ingredient pig needs and how to make its food and feed them for 2 days. And also, they went on the study tour to some family in the other village has already reared same name of pig as of this project. Our applicants and a pig breeding family we previously mentioned in the other village exchanged their view of anxious and unclear points in the breeding method.

1020-4.jpg
第1回の貸し出しだけでなく、第2回、第3回の貸し出しを待っている飼育希望者も研修に参加
Not only applicants who rent pigs at the first time but also who are waiting for the second or the third opportunity take part in the lecture.


1020-5.jpg
予防接種について説明するチャインセイチ・タウンシップ畜産局員
The livestock department officer explains the vaccination from Kyainseikgyi Township.


各飼育世帯に行き渡った子ブタたち。今後は、残り4村向けの子ブタの調達準備をしながら、獣医資格を有する当会スタッフが定期的に飼育状況をモニタリングし、質問に答えたり、必要であれば薬を与えたり、飼育世帯のサポートをします。政府サービスとの連携を促進しながら、村人のキャパシティ・ビルディングも図り、子ブタたちが元気で健やかに育つことができるよう、サポートをしていきます!
Piglets have gone around to each pig breeding family. We prepare to purchase other piglets for the other four villages. And also our staff has a certification in veterinary science observes the pig rearing situation regularly so as to answer queries from the families, give drags if they need to cure pig of disease and support them in various ways. We will support the villagers to build their capacity and rear piglets to grow up in good health with promoting cooperation with public service.

1020-6.jpg
ブタ飼育者(写真左)と当会スタッフSaw Than Soe(ファンド管理担当プロジェクト・オフィサー)
The pig breeder (the left side of photo) and Saw Than Soe who is the NICCO staff (Project officer for village fund management)


☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

NICCO ミャンマー少数民族支援
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/myanmar001.html

posted by NICCO at 11:11| Comment(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

【ミャンマー少数民族支援】村落ファンド設立支援・「ブタ銀行」がスタート! (1) 【Myanmar Ethnic Minority Support project】 Support establishment of village fund and “Pig bank” have started.

ウェッター ペーバー(ブタ肉ください)。ミャンマー、パ・アン事務所の大場です。本日は、冒頭のあいさつ(?)にあるように、ブタに関するお話です。
Wetter Thar Pay Bah (”Pork please” in local language). I am Oba, project manager of NICCO Hpa-An Myanmar Office. I would like to talk about “pig” as following the opening of this blog-entry.

***


■ 「ブタ銀行」って何? What is "Pig bank"?

ミャンマー事業では2015年5月より、これまで継続してきたプライマリ・ヘルスケア、エコサントイレを通じた衛生環境改善に加えて、「村落ファンド設立支援」が新しくスタートしました!
Myanmar Ethnic Minority Support project has been continuing primary health care program and the hygiene improvement through construction of Eco-san toilet from October 2013 and till now. In addition to all the foregoing , we launched new program “Support establishment of village fund”from May 2015.

これまで活動してきたカレン州チャインセイチ・タウンシップ内の5村で、保健ボランティアさんによる村人への保健・衛生サポートやエコサントイレの維持・増設に関わる将来的な必要資金をコミュニティの中で生み出すことを目的として、村人たちとの話し合いにもとづいて「ブタ銀行」を設立・運営します。

We have been working on a support activity so far at the five villages in Kyainseikgyi Township, Kayin State. We also set up “Pig bank” to create necessary funds for health and sanitation support for the villagers by health volunteers and the maintenance and building Eco-san toilet more in community after discussion with the villagers.

*「ブタ銀行」?
NICCOは過去にも「ヤギ銀行」や、「ココナッツ銀行」の導入を他国で支援してきましたが、今回は「ブタ銀行」。村ごとに、村人らの投票で選出・組織化された「ブタ銀行委員会」に対してNICCOが子ブタと初期の餌の購入代金を支援、委員会は購入した子ブタと餌を、飼育を希望する世帯に貸し出します。飼育希望者は、受け取った子ブタを育て、半年後に食肉用として販売した収入で、最初の購入代金に利子を加えて委員会へ返済するという仕組み。委員会は返済されたお金で、次の飼育希望者へ子ブタと餌を貸し出します。
こうして順々に回すうちに、次第に利子が貯えられ、村内の保健・衛生活動に充てられます。

"Pig Bank"?
NICCO had introduced “Goat bank” or “Coconut bank” in other countries in the past. We are launching “Pig bank” this time. “Pig bank committee” is organized and the members of the committee by the villagers. NICCO gives “Pig bank committee” financial support to purchase piglets and initial feed for them. The committee is lending piglets and feed to family wants to rear them. These families rear piglets and repay the committee initial purchase price with adding interest from benefit of selling the pigs for meat after six months. The committee can lend piglets and their feed to the next applicants with using the repayment money. As this process advances, the interest gradually accumulates which can be utilized for the improvement of health and sanitation activities in the village.

1003_1.png
シュエドウ村の「ブタ銀行委員会」メンバーと、銀行の仕組み。
“Pig bank committee” members in the Shwe Doe village with the illustration of the pig banking mechanism



■ 「コクワ村でブタの貸し出しスタート! Pig bank started in Khoke Khwar village

これまでのあいだに、村人との話し合いや説明会、委員会の設立、委員会メンバー向けの研修や、飼育希望者向け研修などを実施してきました。そして9月、他村に先駆けてコクワ村の委員会が子ブタを購入、希望者への貸し出しを開始しました!
We have held discussions with villagers and briefings, established the committee, given training for the committee members and applicants so far. In September, Khoke Khwar village committee purchased piglets and started lending them to the applicants.

1003_2.png
ブタは、ハイブリッド種とローカル種を掛け合わせたものを選定。(詳しくは次回)
We selected pigs are crossed the hybrid species and local species (for more details next time)


コクワ村の委員会メンバーと飼育希望者が、子ブタの選定のために、カレン州のお隣モン州の養豚業者を訪れました。生後45日程度の子ブタを28匹購入、4匹ずつ7世帯へ貸し出す予定です。他よりサイズが小さな子ブタは今後の生長が心配なので、買わずに他の業者を見に行ったりしました。子ブタの兄弟は、同じ母ブタから生まれても色や模様、顔つきもそれぞれで興味深く、何と言っても愛らしくて一目で好きになってしまいました。
In order to select the piglets, Khoke Khwar Village Committee members and applicants visited the pig farmers in Mon State is next Karen. They purchased 28 around 45 days old piglets to plan of lend 4 piglets to 7 households. We did not purchase piglets were smaller than others because we worried about their growth after this. Therefore we want to another pig farmer to find better ones. Even Piglets brothers were born of same mother, their colour and patterns are different and also their aspects are different one by one, which are quite interesting. We took a liking them at a glance because they were so adorable.

1003_3.png
政府担当官のアドバイスを受けながら、一匹一匹、しっかりと確認。
While receiving the advice from the Government officials, the committee members and the applicants checked piglets one by one.


ワラを敷いた軽トラックの荷台に、竹を組んで檻を作り、一匹一匹、スタッフが運び入れます。3ヶ所の業者から購入したので、はじめは見知らぬ他の子ブタ兄弟と一緒に狭い空間に入れられて、慌てたりケンカをしたりする子ブタも見られましたが、しばらくすると落ち着いてきました。コクワ村まで約4時間、出発する軽トラックの後ろ姿を見送る私の頭の中に「ドナドナ」の音楽が流れていたことは、言うまでもありません。村での飼育希望者への貸し出しの様子は、次回お伝えいたします!
The staff carried each piglet one by one into a cage made by bamboo on a light pickup trestle with spread straws. These piglets were upset and fought each other so they did not know each other because they are purchased from three different suppliers and placed together in a narrow space. It was needless to say that “Donna Donna” was played in my head when I saw off the light pickup left during 4 hours until we arrived at Khoke Khwar village.

1003_4.png

1003_5.png

ブタ銀行の成功には、コミュニティの連携と、委員会が適正に資金を管理していくこと、そして飼育世帯がしっかりと目的を理解してモチベーションを保つことが求められます。村での保健ボランティアさんの活動は定着しつつあり、村人たちからの喜ぶ声も耳に入ってきています。今後こうした声を共有する場を設けたりながら、村一体となって継続的かつ自立的にブタ銀行が運営されるよう、私たちも側面からサポートしていきます!
These following things are necessary for success of “Pig bank”, cooperation community, proper management of fund by the committee and family rear pigs understand the purpose of rearing them and keep up motivation. Health volunteer’s activities in the village are being established. We heard the voice of delight from the villagers. We are indirectly supporting the project of “Pig bank” to run it by the villagers independently with providing an opportunity to share the voice of delight for the future.

1003_6.png

お楽しみに!
Wait and see!

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

NICCO ミャンマー少数民族支援
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/myanmar001.html

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif

2015年10月3日
posted by NICCO at 10:00| Comment(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。