2014年09月08日

【フィリピン台風被災者支援】モニタリングA

マオパインアクルップ!フィリピン担当の永山です。
レイテ島から戻り、世間に追いつこうとがんばって日本の情報を吸収しています。

前回書き切れなかった、モニタリングの様子をお伝えします!

Monitoring5.jpg
<モニタリングシートを使って聞き取りをする現地提携団体のスタッフ(写真右)>

主なチェックポイントは、
「NICCOが伝えた技術を適切に使い、災害に強い構造で建てられているか」
です。技術を使えていない家庭に対しては、アドバイスをしてまわりました。

Monitoring6.jpg
<配布した資機材を使って修繕中の家>

壁面の両端に、斜めに木材が入っています。こちらは「筋交い」といい、耐久性を増すことができます。
最も家屋を強くするのは、このように壁面に「筋交い」をいれることです。

Monitoring7.jpg

木を削ってはめこむことで、釘だけで固定するより強い構造にすることができます。


もう修繕が終わっている家庭もありました。配布した資機材を、受け取ってすぐに使用したとのことです。
まだ使用できていない家庭もあり、様々な事情も含めて聞き取り、アドバイスも行いました。

モニタリング時には、多くの村人から
「ありがとう!!」
と言ってもらいました。

Monitoring8.jpg
<修繕が終わった家>

技術を活用してくれている家庭が多いのは嬉しかったですが、修繕できていない家庭もあり、素直に喜ぶことはできませんでした。

1年を通して雨の多いレイテ島では、雨漏りが家庭でも学校でも施設でも人々を悩ませています。また、台風により、常に家屋倒壊の可能性があります。

皆さまの温かいご寄付を、どうかよろしくお願い申し上げます。

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 11:37| Comment(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

【フィリピン台風被災者支援】モニタリング@

マオパインアーガ!フィリピン事務所の永山です。

今日は6月に行った建設資材配布後の各家庭へのモニタリングの様子をお伝えします。
レイテ島は短い夏(4〜5月)を終え、長い雨季に入っていました。日本と同じですね。

Monitoring1.jpg
<モニタリングの様子。左のおばあちゃんは、1人でこの家に住んでいます。
配布から約1週間後、残念ながら、まだ修繕することができていませんでした。>

家屋修繕キットを配布してから、村の自治会やボランティア、
技術移転を受けた地元大工と共に、キットを配布した全850世帯をモニタリングしました。

Monitoring2.jpg
<道なき道を進みました。この後、ジャングルのような森に突入し、
「蛇がいるから早歩きで歩こう」といわれ早歩きで進みました。>

Monitoring3.jpg
<流れが速く、滑りやすい川でした。深いところは、太ももまで水につかります。>

Monitoring4.jpg
<モニタリングには行かずに、村役場でサボっていた赤ちゃん。>

山越え川越え谷越え森越え、配布した村人全員に会いに行きました。
この道のりを彼らは資機材を持って往復したかと思うと、頭が下がります。
毎日毎日こんな道を使って生活しているなんて…道って大事。

道のりでだいぶ書いてしまいましたので、実際のモニタリングの様子は次回お伝えいたします。
お楽しみに!
サラマ〜!

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 11:44| Comment(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

【フィリピン台風被災者支援】家屋修繕キット配布C


マオパインアクルップ!フィリピン担当の永山です。
帰国して3ヶ月以上経ちますが、もうレイテ島に帰りたくなっています。

前回に続き、今回は屋根材にトタン板ではなくニッパ材を配布したときの様子をお届けします。

図1.jpg

<ニッパ材をつくる女性たち。>

ニッパ材の作り手は、現地の女性たちです。現地で取れるニッパという葉を使っていて、彼女たちの収入源の1つになっています。
ニッパ材を屋根材に使うことは、彼女たちの収入創出に貢献することになります。

図2.jpg

<船からニッパ材を降ろしています。>

海沿いの3村にニッパ材を配布しました。
海沿いは潮風でトタン板が錆びやすいことと、この3村にはモデルハウスを建設したこと、村の様子、などいくつかの要素からトタン板ではなくニッパ材の配布を決定しました。

図3.jpg

<ニッパ材を140枚ごとに並べました>

村人が受け取る家屋修繕キットのニッパバージョン内訳は、
・ニッパ材(屋根材)×140枚
・ココヤシ材(木材)×20本
・釘4インチ×3kg
・釘3インチ×3kg
・釘2インチ×3kg
・棟材×2枚
・ナイロン紐×500メートル
・番線×0.5kg
です。

図4.jpg

<ニッパ材を受け取る村人リリーさんとNICCOスタッフ岡田(写真右)>

図5.jpg

<ニッパ材を運ぶ村人。枚数が多く大変ですが、みんな笑顔で何往復もしていました!>

図6.jpg

<この村の子どもたち。人懐っこくてかわいいです。>

これらの資機材と伝えた技術を適切に使い、以前よりも災害に強い家を建ててもらうのが、本プロジェクトの目標です。
そのため、ただ配布するだけでなく、モニタリングも行いました。その様子は、またお伝えいたします。
サラマ〜!


☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 11:08| Comment(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。