2015年09月25日

【イラン・マシャッド事務所】ヘラート州で子供たちのための学校を建設しています。 We have been constructing a school building for children in Herat Province.

サラーム!(こんにちは!)
イラン・マシャッド事務所の安田です。マシャッドの緯度は関東地方とだいたい同じくらいなのですが、標高が1,000m以上あるため、すでに朝晩はひんやりとします。
Salam! (Hello!)
This is Yasuda from NICCO Mashhad Office. Although the latitude of Mashhad is almost same as Kanto area’s one, it has already been cool in the morning and evening these days, because Mashhad is located more than 1,000 meters above sea level.

***


■ヘラート州での学校建設@ The school construction project in Herat Province@

さて今回は、当会がアフガニスタンのヘラート州で実施している、学校建設についてご紹介したいと思います。
I would like to introduce the school construction project which has been implemented in Herat Province, Afghanistan.

ヘラート州の開発計画によると、2013年以降にヘラート州で必要となる学校の数は、467校であり、学校建設は、貧困削減と並んで現地のコミュニティが最も必要とする支援の一つです。ヘラート州では、数年前に欧州系のNGOが撤退して以降、国連機関を除くと、唯一NICCOが教育局からの要請を受けて学校を建設してきました。
今年の度事業でも、ヘラート州の中央に位置するガイザン地区に3階建て12教室の校舎を建設しており、来年の4月から、1,600以上の子どもたちが、清潔で適切な環境で教育を受けることとなっています。
According to the development strategy led by the local government in Herat Province, the number of necessary schools from the year 2013 onwards should be 467 in the province, so the school construction project is one of the most indispensable supports for the local communities, as well as the poverty reduction project. Besides UN agencies, NICCO is the one and only organization that has implemented the school construction project in Herat Province, following the requirement by the educational department of Herat Province, since the European international NGOs left there a few years ago.
Also in this year, we have been constructing three-floor and twelve-classroom school building at Ghyzan area which is located at the center of the province, and more than 1,600 children are going to study in a clean and proper educational environment from April 2016.

0925_1.jpg
建設予定地 Planned site for the school building



■学校建設の模様 The overall of school construction site

学校建設は、今年の5月から始まりました。建設に際しては、HFMCC (Herat Future Maker Construction Company)という地元の建設会社に業務委託を行っています。
週に一度、現地提携団体から送られてくる進捗管理表を元に、建設の適切性を確認します。
The school construction has started from May 2015. We concluded a cooperation agreement with the local construction company, HFMCC (Herat future Maker Construction Company), for the construction.
And NICCO is checking the appropriateness of the construction on the basis of the progress table which is sent us once in a week by our local partner in Herat Province.

0925_2.jpg
校舎建設の為の基礎工事(土地掘削作業)
Excavating the ground to make the foundation of building

一日平均で、15名程度のガイザン地区に居住する男性が、建設作業に従事しています。地元経済への貢献も、学校建設が持つ重要な役割の一つです。
About 15 local male who are residing in Ghyzan area, have been working for the construction per day. Thus, the contribution for the local economy is also one of the significant roles of this school construction project.

0925_3.jpg
校舎一階の柱と壁の設置
Setting up the pillars and walls of the first floor


0925_4.jpg
天井部の設置
Setting up the ceiling of the building


0925_5.jpg
校舎2階の柱と壁の設置
Setting up the pillars and walls of the second floor


0925_6.jpg
3階部分の基礎工事
Constructing the foundation of the third floor


建設作業は今年の12月までに終了する予定であり、その後建築専門家による最終モニタリングを経て、教育局へ譲渡されることになります。少し先のことになりますが、来年の春には、新しい校舎で元気いっぱいに授業を受けている子供たちの姿をお伝えすることができればと思います。
The whole work is planning to be completed by December 2015, and the school building will be handed over to the education department of Herat after the final monitoring by the architect finished. Hopefully, we will be able to show the photos of children studying with full of energy at the new school, still a little bit later, though.

http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-afghan.html
アフガニスタン国内での人道支援(イラン・マシャッド)
http://www.kyoto-nicco.org/project/iran_afghanistan/index.html
イランにおけるアフガニスタン難民支援(イラン・テヘラン)

2015年9月25日
posted by NICCO at 21:40| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

【イラン・マシャッド事務所】アフガニスタン人道支援事業/農業・収入創出事業、収穫した小麦の脱穀 The NICCO Project in Afghanistan/threshing wheat harvested for Income Generation by Agriculture

サラーム!(こんにちは!)
イラン・マシャッド事務所の安田です。この時期イランの青果店にはいろいろな種類のアプリコットが並びます。
Salam! ( Means “hello” in Persian)
This is Yasuda from Mashhad Office in Iran. In this season, there are wide variety of apricots at the fruit market in Iran.
(Japanese and English)

***


■今年収穫した小麦の脱穀を行っています。 The farmers threshing wheat harvested for this year.

さて今回は、ゴール州の農家が行っている小麦の脱穀についてご紹介したいと思います。

Today, I would like to introduce the threshing by the farmers in Ghor province.

ご存知のように、刈取りを行っただけでは小麦は商品として市場に流通させることはできません。脱穀(茎から籾をはずし、籾殻と種を分ける工程)を経て初めて商品となります。
一度に大量の小麦を脱穀しなければならないので、機械を用いることが望ましいのですが、多くの農家が経済的な理由により、脱穀機を購入することができません。彼らは牛とChppar and Gerdoという木製の伝統的な農機具を用いて茎から籾を取り除き、写真にあるように畑に並べて風の力を利用して籾を吹き飛ばします。
その後ふるいを使って種と小さな埃などを分けて、脱穀は完了します。

As is well known, it is not appropriate to sell wheat in the market as if you have just harvested it, it can be dealt with in the market only after you thresh the wheat.
Though it is desirable to use a machine to thresh a large amount of harvests, most of the farmers cannot afford it. Instead, they use cows and traditional wooden stuffs so-called Chppar and Gerdo to remove the seeds from the stems, then they lay them down on the ground in order that the chaffs can be blown away by the wind as you can see in the below photo.
Finally, they separated pure seeds from microscopic dusts by a sieve, then the threshing has completed.

photo1.jpg
畑の上に並べられた収穫後の小麦 Wheat on the ground after harvest

photo2.jpg
風や箒で巻き上げることにより籾殻を吹き飛ばす Blowing the chaffs away from the seeds by wind and a broom

photo3.jpg
ふるいにかけて種と小さな埃に分ける Separating the pure seeds from the microscopic dusts by a sieve

http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-afghan.html
アフガニスタン国内での人道支援(イラン・マシャッド)
http://www.kyoto-nicco.org/project/iran_afghanistan/index.html
イランにおけるアフガニスタン難民支援(イラン・テヘラン)

2015年8月27日

posted by NICCO at 15:56| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

【イラン・マシャッド事務所】アフガニスタン人道支援事業/農業・収入創出事業、ぶどう加工事業のご紹介 The NICCO Project in Afghanistan/Grape Processing Project for Income Generation by Agriculture

サラーム(こんにちは)、イラン・マシャッド事務所の秋元です。遂にマシャッド市の八百屋からチェリーがなくなってしまいました・・、悲しいです。
Salam (Hello in Persian), this is Akimoto from NICCO Mashhad office. It is very sad to say the cherry is finally gone from vegetable stores in Mashhad・・
(Japanese and English)

***


■ ぶどう加工事業による収入創出 The income generation by the grape processing project

さて今回はマシャッド事務所で行っているアフガンニスタン人道支援事業の農業・収入創出事業の一つ、ぶどう加工事業をご紹介させて頂きたいと思います。
Today, I would like to introduce one of the projects of NICCO in Afghanistan. It is the Grape Processing Project that is based on income generation through agriculture.

アフガニスタン・ヘラート州にあるイマーム・シシュ・ヌール村は、元々ぶどうの産地として栄えていた場所でした。そこでこの村で代々行われていた伝統的なぶどうの加工方法から、より衛生的(ペストコントロール等)で効果的な加工方法に改善することで市場価値の高いぶどうを生産し、そこから各農家の経済状況の改善を目指しています。具体的には1世帯あたり550kgのぶどうを加工し、そのぶどうを販売することで900USドルの収入創出を目指しています。
Imam Shish Noor village in Herat province has been well known as a grape producing area in Afghanistan. Thus, the aim of that project was to improve the economic condition of people and village by producing the high-value and more hygenic grape (using pest control method). The grape was produced by using efficient processing way instead of traditional processing method. The goal of that project was to earn USD900 by selling 550kg of high value grape in the market.


■ 現地女性へのぶどう収穫の指導 The guidance grape harvesting to the local women

以下にご紹介する写真はイマーム・シシュ・ヌール村の女性20名を対象に、最終的なぶどう加工のための適切なぶどう収穫方法やぶどう収穫キットの使い方の指導、そしてこのぶどう収穫キットを配布しているところです。
The photographs below are about the guidance delivered to the women of Iman Shish Noor village regarding the use of kit for efficient grape harvesting. In total 20 women benefited by this guidance. The grape kit was then distributed to them for grape harvesting.

0822_1.jpg

0822_2.jpg

0822_3.jpg
これがぶどう収穫キットです。This is the harvesting kit for grape.


0822_4.jpg

またぶどう生産の最終段階で行う洗浄作業において、以下の写真に見られるような専用のぶどう乾燥機を併せて使用することにより、更にぶどうの品質が向上します。このぶどう加工事業はご説明した通り様々な工夫を凝らしながら、より良いぶどうを収穫→加工→収入創出に繋げるため、各村人の皆さん一丸となって運営されています。
In addition to this, the project was able to produce better quality grape with the help of special cleaning and drying method. In the final phase of grape production, cleaning and drying of grape was done as in the photographs shown below. Thus, the people of Imam Shish Noor has been working hard to manage and to produce high value grape by using efficient grape processing way, leading to income generation to make the project successful.

0822_5.jpg

http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-afghan.html
アフガニスタン国内での人道支援(イラン・マシャッド)
http://www.kyoto-nicco.org/project/iran_afghanistan/index.html
イランにおけるアフガニスタン難民支援(イラン・テヘラン)

2015年8月23日

posted by NICCO at 00:44| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。