2015年11月07日

【イラン・マシャッド事務所】アフガニスタン ヘラート州とゴール州での農業・収入創出事業、家庭菜園事業のご紹介 The Kitchen Garden Project for Income Generation by Agriculturein the province of Herat and Ghor, Afghanistan.

サラーム(こんにちは)、NICCOイラン・マシャッド事務所の秋元です。遂に八百屋にみかんが並び始めました、時間の流れが早過ぎます・・。
Salam (Hello in Persian), this is Akimoto from NICCO Mashhad office. Finally, orange has comes to local grocery stores, the time goes too fast・・.

***


■ ヘラート州とゴール州での農業・収入創出事業、家庭菜園事業のご紹介
The Kitchen Garden Project for Income Generation by Agriculturein the province of Herat and Ghor


アフガニスタン経済省からの2011年の報告によると、ヘラート州の50%の人々、そしてゴール州の87%ものの人々が農業もしくは家畜事業に従事しており、多くの住民が農業によって生計を立てています。
According to the report from Ministry of Economy of Afghanistan of the year 2011, approximately 50% of the population in Herat province and 87% of the population in Ghor province have been engaging agriculture and livestock business, so still many local people make a living by the agriculture in these areas.

そこでその収入創出を促すために、当会は家庭菜園事業として、トマトや玉葱の種を農機具と併せて配布し、適切な栽培方法・害虫や雑草対策等に関する技術講習会を実施することで、裨益者の利益として一人あたり70USドルの収入創出を目指しています。
Thus, in order to prompt the income of beneficiaries, NICCO is providing the seeds of tomato and onion to them as the kitchen garden project, along with agricultural equipment and appropriate method of cultivation, also implementing a technical workshop for such as pest-control. The goal is to earn 70 US dollars as the profit for each beneficiary.

また本事業での家庭菜園について現地の農業省所属のエンジニアと一緒にモニタリングを行っていくことで、現地当局と連携して本家庭菜園事業の持続的な運営を目指しています。
Additionally, NICCO is conducting to promote monitoring with the engineers from Ministry of Agriculture for the kitchen garden of our beneficiaries. This way, we are aimed at sustainable management for this kitchen garden project in cooperation with local authorities.

Untitled-1.jpg
ヘラート州・アブジャジル村の家庭菜園の様子。
The kitchen garden of the beneficiary in Abjalil village, Herat province.


Untitled-2.jpg
ちゃんと野菜は育っているかな〜? How is the vegetables growing?


Untitled-3.jpg
ヘラート州・マラダン村での家庭菜園の様子。少年の笑顔が素敵ですね! The kitchen garden of our beneficiary in Maladan village, Herat province. Great smile!



http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-afghan.html
アフガニスタン国内での人道支援(イラン・マシャッド)
http://www.kyoto-nicco.org/project/iran_afghanistan/index.html
イランにおけるアフガニスタン難民支援(イラン・テヘラン)

2015年11月7日

posted by NICCO at 20:56| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

【イラン・マシャッド事務所】ヘラート州でサフランの植え付けを行っています。 We have been planting the bulbs of saffron crocus in Herat Province.

サラーム!(こんにちは!)
イラン・マシャッド事務所の安田です。少し前に当事務所の元職員が彼の友人とともに一年半ぶりに事務所に挨拶に来てくれました。久しぶりの再会を喜んだのもつかの間、彼の友人に一緒に空手をしないかと誘われ、戦々恐々としています。
Salam! (Hello!)
This is Yasuda from NICCO Mashhad Office in Iran. A couple of weeks ago, the former Iranian staff came to the office with his friend at the first time after one year and a half to say hello to us. Though I was glad to see him after a long interval, I became to feel fear immediately, because his friend asked me to practice Karate together…

***


■ ヘラート州でのサフラン栽培  The planting saffron crocuses in Herat province

さて今回は、当会がアフガニスタンのヘラート州で実施している、サフランの栽培についてご紹介したいと思います。

非常に憂慮すべきことですが、アフガニスタンは世界でも有数のケシの産地です。医療目的を除いて、ケシの栽培や有効成分の抽出、売買は、多くの国々で法律によって禁止されており、そのことがケシの希少価値を高め、アフガニスタンなど一部の国において広く栽培される主な理由となっています。
アフガニスタンではタリバン政権の崩壊後から、国際社会の支援を受けて別の作物への代替が行われており、サフランは最も有望とされる代替作物の一つです。

Today, I would like to introduce the planting saffron crocuses in Herat province, Afghanistan.

It should be absolutely concerned that Afghanistan is one of the most famous producing countries for opium poppies. The planting opium poppies are widespread around Afghanistan as well as some other countries. Except for medical purposes, it is well known that many countries not only prohibit the planting, but also the extraction of effective ingredient and trading them, which makes opium poppies more valued. .
Since the collapse of Taliban regime, the international societies have been supporting Afghanistan to replace opium poppies with other agriculture products, and saffron crocus may be one of the most promising alternative products.

saffron_1.jpg
サフランの栽培方法や害虫駆除に関する研修
Training the farmers about the way of planting and pest control for saffron crocus



サフランの花のめしべを乾燥したものを、通常私たちはサフランと呼んでおり、スペイン料理のパエリヤの材料として日本でもよく知られています。一つの花からわずか数本しか取れないサフランは、市場では非常に高値で取引されるため、農家の方は、経済的合理性を犠牲にすることなくケシの栽培から切り替えることができます。また、他の農作物と比較すると、少ない水で栽培することが可能なため、乾燥したアフガニスタンの風土に適した農作物と言われています。

Usually, we call the dried pistils of saffron crocus just as “saffron”, and it is well-known in Japan too as an ingredient of Paella, a Spanish cuisine. The farmers can replace the plant of opium poppies with the saffron crocus without sacrificing economic rationality. That is because the farmers can harvest only a few pistils from one saffron crocus flower, so they can be dealt with selling saffron crocus at a high price in the markets. Also, it is said that saffron crocus is a suitable agriculture product for the arid climate of Afghanistan, because it can be planted with less water, compared with other agriculture products.

saffron_2.jpg
研修終了後の球根配布
Providing bulbs of saffron crocus to the farmers after the training


saffron_3.jpg
サフランの作付
Planting bulbs of saffron crocus



サフランは、毎年10月から11月にかけて開花期を迎え、アフガニスタンの厳しい土地にありながら、可憐な薄紫色の花を咲かせます。その姿がこの国の将来を象徴しているのだと、私は信じています。

The blooming season for saffron crocus comes around between October and November every year, and they can have pretty and light purple flowers even on the harsh land of Afghanistan. I believe that the flowers could be symbolized as the future of Afghanistan.

saffron_4.jpg
サフランの球根
The bulb of saffron crocus



NICCOはサフランの栽培を通して、今後もアフガニスタンの農家の方を支援していきます。

NICCO will continuously support the farmers in Afghanistan through the planting saffron crocus.


http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-afghan.html
アフガニスタン国内での人道支援(イラン・マシャッド)
http://www.kyoto-nicco.org/project/iran_afghanistan/index.html
イランにおけるアフガニスタン難民支援(イラン・テヘラン)

2015年10月22日
posted by NICCO at 11:16| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

【イラン・マシャッド事務所】ヘラート州で子供たちのための学校を建設していますAThe school construction project for the children in Herat ProvinceA

サラーム(こんにちは)、NICCOイラン・マシャッド事務所の秋元です。最近のマシャッド市の朝晩は寒いぐらいになってきました、リンゴが美味しい季節です!
Salam (Hello), this is Akimoto from NICCO Iran Mashhad office. It is getting really cold during these days especially in the morning and night, so the apple season has started!

***


■ヘラート州での学校建設A The school construction project in Herat ProvinceA

さて前回のブログから引き続いて、当会がアフガニスタンのヘラート州で実施している学校建設についてご紹介したいと思います。前回は主にアフガニスタン当地での学校建設の必要性や、当会が現地ヘラート州のガイザン地区にて建設中の校舎の進捗状況をお知らせしましたが、今回は同地区に校舎が建設される以前の様子について、写真を交えながらご紹介したいと思います。
I would like to continuously talk from the last blog that is about the school construction project which has been implementing in Herat province, Afghanistan. The last blog mainly mentioned about the necessity of school construction in Afghanistan and informed the current situation of our school construction project which has been implementing now in Ghyizan area of Herat province, so this time I would like to introduce about the previous situation of learning environment in the area with photos.


以下は校舎建設前の2014年10月頃の写真です。ガイザン地区に住む子供たちが借上げの建物で授業を受けている様子が見られます。
Please see the following photos in October 2014 that show the situation without having school building, you could see how school children taking classes from Ghyizan area in the leased building.

img_1005.jpg
*借上げ校舎の外観です。窓が破損しているため、厚紙が貼られています。
The outside appearance of leased school building. Cardboards have putted because of the broken window.

img_1005A.jpg
*机や椅子が不足しているため、生徒は床に座りながら授業を受けています。
School children taking a course as they sitting on the floor, since there are not enough desks and chairs.

img_1005B.jpg
*女子生徒のクラスは布製の仕切りで覆われているだけです。
The class of girl school children is just covering by the partitions made by cloth.

img_1005C.jpg
*布製の仕切りに囲まれた教室で授業を受ける女子生徒の様子です。
The girl school children taking a course in the class room where surrounded by the partitions made by cloth.


また以下は2014年10月時点でのガイザン地区校舎建設地の様子です。
Please look at the below photos taken in October 2014, and they show us the site of the school construction in Ghyizan area.

img_1005D.jpg
*2014年10月時の校舎建設地@
Site for the school construction in October 2014@

img_1005E.jpg
*2014年10月時の校舎建設地A
Site for the school construction in October 2014A


引き続き校舎建設作業は以下の写真の通り現在順調に進められており、2015年12月に建設作業が終了の予定です。その後に建築専門家による校舎のモニタリング→現地の教育局へ引き渡され、2016年の春頃には1600名以上の子供たちがこの校舎にて学ぶことが出来るようになります。とても楽しみです!
The school construction has been going well as you could see in the following picture, and it is planning to be finished in December 2015. Then, the school building will have monitoring by the expert in architecture and hand over to the local educational department, and finally by the spring 2016, more than 1600 number of school children will start learning in the school building! We are very excited and looking forward to it!

img_1005F.jpg
*現在建設中の学校校舎外観
The current outside appearance of the school building.

http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-afghan.html
アフガニスタン国内での人道支援(イラン・マシャッド)
http://www.kyoto-nicco.org/project/iran_afghanistan/index.html
イランにおけるアフガニスタン難民支援(イラン・テヘラン)

2015年10月5日

posted by NICCO at 11:32| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。