2015年10月29日

【シリア人道支援】第1回 インターン日記@ヨルダン「工芸教室を覗いてきました」 An intern's Diary in Jordan 1st "Visit to a carpenter class"


■ 自己紹介  Self-introduction

初めまして。塚田寛人と申します。10月より1月の上旬までヨルダンにてインターンとして派遣されることになりました。これから3か月間、現地の様子についてレポートしていきたいと思います。
Hello, Nice to meet you. I am Hiroto Tsukada. I am doing internship at NICCO in Jordan office till the beginning of next January. I will write reports about the work here during these 3 months.

その前に、自己紹介をしたいと思います。少しでも書き手を身近に感じていただければ幸いです。
Before starting report, I am writing about myself. I hope this will help you to feel more familiar with me.

blog1_photo1.jpg

〔写真1〕本部にて出発前に。
(Photo 1) At NICCO head office, Kyoto, before leaving for Jordan.



私は群馬県出身の大学5回生で、来年の春から社会に出て働く予定です。幸いなことに、単位も取り終わり、卒論も無いので、自由な時間を有意義に使うためにヨルダンにいます。
I am from Gunma prefecture and fifth grade student in a University. I am going to graduate in next spring and start working after graduation. Fortunately, I got all the required credits because of which I do not have to write a graduation thesis. Therefore I came to Jordan to use rest of my moratorium effectively.

なぜヨルダンなのか。危なくないのか。よく聞かれます。
私は大学でアラビア語を勉強し、中東に興味をもちました。そして自然と紛争や難民にも関心をもつようになりました。実際に現地に行きたいと思い、クウェートに1年間留学してアラビア語を勉強し、やはり中東に関わって生きていきたいと決意し、再び戻ってまいりました。
I am often asked the questions like “Why do you go to Jordan?” or “It is dangerous, isn’t it?”
My answer is “I learned Arabic in the university and got interested in Middle East. It naturally leads me to get to know about disputes and refugees over there. I hoped to go to Arabic world, and last year I stayed Kuwait for a year to learn Arabic. After that I decided to work for Middle East in my life, and came here in Jordan.”

 実際の現地はそこまで危険もありません。勿論最大限の注意を払ってはいますが、よく中東と聞いてイメージされるような危険はありません。

Jordan is not so dangerous place. Of course, although I do much care when I go out there is nothing like that we often recall typical dangerous image from Middle East.

blog1_photo2.jpg

〔写真2〕ザルカ事務所からの景色
(Photo 2) Scenery from the Zarqa office



■ 工芸教室を覗いてきました。 Visit to a carpenter class

到着して1週間ほど、色々な事業を見学しています。その中の一つを紹介します。
I introduce some project I take a look at after arriving Jordan.
NICCOではこれまで女性と子どもを主に事業の対象としてきましたが、新たに男性向けの工芸教室を始めました。
NICCO has been conducting projects mainly for women and children so far. In addition we started carpenter classes for men as well.

大人だけでなく子どもも意欲的に参加していました。
Not only adults, but also children participated in the class

blog1_photo3.jpg

〔写真3〕皆さん真剣に棚を作っています。
(Photo 3) Everyone is involved in making shelves


blog1_photo4.jpg

〔写真4〕15歳の彼は学校には行っていないそうですが、この時間をとても楽しんでいるようでした。
(Photo 4) The fifteen-year-old boy does not go to school. He seemed to enjoy the carpenter class so much



作った棚の一部は、こどもの演劇ワークショップやコミュニティスペースで使われるとのこと。完成した棚と記念写真を撮るなど、とても誇らしげでした。
Some of the shelves they made will be used for drama sessions of children and community spaces in Zarqa center. Some of the participants took picture with their works. They seem to be proud of their work.

blog1_photo5.jpg

〔写真5〕率先して片付けもしていました。
(Photo 5) A boy took leadership in cleaning the classroom.



これからこのように3か月にわたって現地の様子を伝えていきます。
読んで頂ければ幸いです。
I will write report about the projects in this way from this report for 3 months
Thank you for reading and I hope you continue reading my following posts.

塚田寛人
Hiroto Tsukada

*NICCODのシリア内戦の被災者に対する人道支援事業 (ヨルダン人貧困層に対する支援を含みます)
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/syria001.html
*“JORIA” Facebook:
https://www.facebook.com/joriaforwomen?ref=ts&fref=ts
*JORIA オンライン販売サイト:SOUQ HALAB(スークハラブ)
http://eathalal.jp/

※JORIAとは本事業の女性向けプログラム参加者の中から有志が立ち上げた制作グループです
posted by NICCO at 12:28| Comment(0) | ヨルダン・シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。