2015年10月01日

【ケニア事務所】 種子の配布 Seed distribution in Bushiangara village, Kenya

ハバリ・ゼーヌ?(みなさん、お元気ですか?)ケニア事務所の原田です。
今日は、先日行われた種子配布の様子をお伝えしたいと思います。
Hello everyone! How are you?
I am Yuko Harada from the Kenya office.
Today I would like to tell about the state of seed distribution took place last time.

***



■ ブシアンガラ村での種子の配布 Seed distribution in Bushiangara village

ブシアンガラ村では、9月〜12月に小雨季を迎えます。この小雨季には、メイズ(ケニアの主食のトウモロコシ)の刈り入れ後に、野菜などが栽培されます。そこでNICCOは、村人からの需要が高いピーナッツ、および今後ブシアンガラ村の農加工品の主力となる、ひまわりとモリンガの種子の配布を行いました。
In Bushiangara village, the small rainy season sets in September until December. Local farmers cultivate vegetables after harvesting of maize (the staple food of Kenya) at the small rainy season. So NICCO distributed peanuts seeds which has a high demand in the village and also distributed seeds of moringa and sunflower.

まず配布前に各家庭を訪問して、土地の広さや希望の種子の種類を聞き取ります。土地の広さは実際に調査員が目で見て確認します。
Before distributing seeds, NICCO staff visited to know about the availability of land to grow seeds. Researchers saw actual size of land with their own eyes.


■ 配布当日の様子 The day of Seed distribution

1001_1.png
配布当日。配布場所は村の教会です。
After that distribution process is held in the church of the village.


配布当日には、農業省から講師を呼んで、それぞれの種子の植え方、育て方を講義してもらいます。特にひまわりやモリンガは、初めて植える人も多いため、入念に講義をしてもらいました。
In the seed distribution day, NICCO invited an instructor from Ministry of Agriculture to deliver a lecture regarding how to plant each seed and how to grow them. There were so many people who were going to start moringa and sunflower plantation for the first time. So the lecture was delivered very carefully.

1001_2.png
中央が農業省職員のブヤンジさん。多くの人が詰めかけ、積極的に質問していました。The person in the centre of picture is Ms. Buyanji who is the officer from Ministry of Agriculture. Lots of people attended the church and ask question proactively.


その後が配布先農家登録です。配布される種子は全て無料というわけではなく、収穫後に一定の割合を村の農業委員会に返還することになっています。そのため、誰が何の種子をどのくらい受け取ったか、という記録を取ることと、返還に関する合意書に署名することが大切です。
After that, the beneficiary registration process was done. The distributed seed is not all free. We are supposed to return a certain percentage to the agriculture committee of the village after the harvest. Therefore it is important to record who has received, how much and what type of seeds they have received. It is also important to have a sign on agreement of return.

1001_3.png
合意書に署名をする農家。真ん中に座っているのが村の農業委員会のメンバー。
A former put signature to the agreement.
The Agriculture Committee Members of the village sit in the middle.


合意書に署名したら、種子を受け取って終了です。
After signing the agreement, the process to receive seed is ended.

1001_4.png


種子の配布後は、農業委員会メンバーとNICCO職員が村を見回り、きちんと植えられているか、植え方に問題はないかをモニタリングし、村人に指導をしています。
ピーナッツとひまわりは12月に収穫予定なので、楽しみです!
After the seeds distribution, agriculture committee members and NICCO staff patrol the village to know whether the seeds are planted properly or not and also monitored whether there is no problem or not in plantation.
The harvest schedule for Peanuts and sunflower is in December. It is a fun.

ケニア農村開発事業
http://www.kyoto-nicco.org/project/kenya/index.html
現地レポート更新
http://www.kyoto-nicco.org/project/kenya/cat136/-201565update-1.html
ケニアの農村にエコサントイレをつくろうプロジェクト
http://www.kyoto-nicco.org/give/menu-kenya.html
かざして募金
http://gooddo.jp/gd/kazashite/nicco/

2015年10月1日
posted by NICCO at 12:34| Comment(0) | ケニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。