2015年06月09日

【イラン・マシャッド事務所】トルバット・ジャム居住区にてミーティングを行いました。

サラーム!(こんにちは!)
イラン・マシャッド事務所の安田です。イランの青果店からついに苺が消えました。悲しいです。

さて今回は、先日訪問したトルバット・ジャム居住区についてお伝えしたいと思います。

当居住区は、イラン国内のアフガン難民のうち特に貧しい世帯を支援するために、1995年に設置されました。当初は居住用のテントしかありませんでしたが、その後イラン政府や国際社会などの支援によって、レンガ造りの家屋や学校、病院、コミュニティセンター、縫製工場など様々な施設が設置されています。
その内のいくつかの施設を写真付きで紹介したいと思います。

0609_1.jpg
メイン・ストリートです。この道の両脇に家屋や学校、病院などがあります

0609_2.jpg
銀行です。皆さんここで口座を開設します

0609_3.jpg
商店街の入り口です。中では食糧品、衣料品などが販売されています

0609_4.jpg
衣料品店の様子

0609_5.jpg
家屋。同じデザインの建物が百数十棟並んでいます

0609_6.jpg
右側にある大きな建物が縫製工場です

0609_7.jpg
縫製工場の内部。ミシンやアイロンがけは女性が担当します。皆さんとても若く、その中の一人は、「お金を貯めていつか大学に行くんだ」と言っていました

0609_8.jpg
アイロンがけの様子

0609_9.jpg
男性は染色を担当します

0609_10.jpg
皆さん黙々と作業をこなしていました

次回は学校や病院についてお伝えしたいと思います。


http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-afghan.html
アフガニスタン国内での人道支援(イラン・マシャッド)
http://www.kyoto-nicco.org/project/iran_afghanistan/index.html
イランにおけるアフガニスタン難民支援(イラン・テヘラン)

2015年6月9日
posted by NICCO at 11:31| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。