2015年02月17日

【ミャンマー少数民族支援】エコサントイレ見学会

ミンガラーバー(こんにちは)。ミャンマー、パ・アン事務所の木村です。1月より赴任し、初めて東南アジアの地を踏みました。人々は穏やかで、気候も今は乾季で晴れ続き、とても過ごしやすい印象です。

今回は1月29日に事業地のシュエドウ村とメティヨ村で行われたエコサントイレ見学会について報告します。エコサントイレのモデル設置世帯以外の村人を広く募り、より多くの人にエコサントイレへの理解を深めてもらうことを目的として行いました。

myanmeco1.jpg

学校でエコサントイレを使っている子どもたちにはすでに使い方を指導していますが、その親や、隣近所のエコサントイレを借りて使用する人たちにも正しい使い方を知っておいてもらう必要があるため、このような機会を設けました。

まず、エコサントイレを使っている家庭を訪問し、トイレや菜園を見せてもらいます。

myanmeco2.jpg

トイレの内部に興味津々。

myanmeco3.jpg

家庭菜園見学中。

次に、エコサントイレを使うメリットや、正しい使い方をスタッフが説明します。


myanmeco4.jpg

トイレの図を描いてわかりやすく説明しています。

最後に、NICCOの保健ボランティアさんに協力してもらい、手洗い講習会も行いました。正しい手洗い方法を学び、トイレの後に手を洗うことを習慣づけてもらうためです。


myanmeco5.jpg

メティヨ村では、学校でエコサントイレを使用している子どもたちが「わたしたちのトイレ」というお題で事前に作文を書いてくれていて、その発表会も行いました。

myanmeco6.jpg

熱心に作文を書く様子。

myanmeco7.jpg

発表の様子。
「わたしたちの学校のトイレの名前はエコサンです。」
「トイレの後には石鹸で手を洗います。」

シュエドウ村では、家にエコサントイレを建てたウー・チータンさんに、体験談を語ってもらいました。


myanmeco8.jpg

「今後40年エコサントイレを使うぞ!」という意欲に満ち溢れたスピーチでした。家庭菜園で尿を水で薄めたものを撒き、すでに効果を実感しているそうです。

このように内容盛りだくさんで行った見学会、反省点は多々ありますが、わたしも現地スタッフも運営面で多くのことを学ぶよい機会となりました。次回からの活動に生かしていきたいと思います。


myanmeco9.jpg

エコサントイレをこれからも正しく使い続けてもらえるよう、指導・モニタリングを続けていきます。



☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 11:24| Comment(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。