2015年01月16日

【シンポジウムのお知らせ】1/30(土)「持続可能な社会に向けて〜国際社会の目標と私達にできること〜」@京都

京都本部の福島です。
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

さて、イベントのお知らせです!
昨年12月に、マラウイで3年間活動してきた原田悠子が、プロジェクト終了に伴い本部に帰任しました。今回、マラウイでの経験を生かして、シンポジウムに登壇・講演することになりましたので告知いたします!

悠子さん.jpg
美人マネージャー悠子さん。

■シンポジウム概要
「持続可能な社会に向けて〜国際社会の目標と私達にできること〜」
○ 場所: リーガロイヤルホテル京都 二階「ル ボワ」
    (京都市下京区東堀川通り塩小路 下ル松明町1番地)
    アクセス>> http://www.rihga.co.jp/kyoto/access/index.html
○ 日時:2015年1月30日 13:00-16:00
○ 主催:環境省 環境研究総合推進費 S-11持続可能な開発目標とガバナンスに関する総合的研究(POST2015)
○ 参加費:無料
○ 参加登録:メールアドレス「kyoto2015ws@gmail.com」にてお申し込みください。

2000年に設定された、「ミレニアム開発目標」が、今年15年目の節目を迎えます。
2000年9月、飢餓や貧困といった主に発展途上国が直面する課題に対する目標として国連はこの「ミレニアム開発目標」を設定しました。
現在、国際社会ではその先を見据え、「持続可能な開発目標」の設定に向けた活発な議論がなされています。
発展途上国にとっての課題だけでなく、先進国にとっての環境問題なども踏まえ、新しい国際目標として世界全体が取り組めるものを明らかにしようという意識が高まりつつあります。

そうした国際的な動向を踏まえつつ、今後どのような社会を形成していくべきか、
そしてそのためにはどのような取組ができるのか、可能なかぎり多くの人々がそれぞれの立場から意見を出していくことが大事とされます。

本ワークショップでは、京都を中心に様々な取組を進める方々と、国際的に議論が進む「持続可能な開発目標」について一般市民に広く周知しつつ理解を共有しながら、「持続可能な社会」とそのためにそれぞれができる取組について考えます。
バランスのとれた議論を実現するために研究者だけでなく実践者を講演者に迎え、市民にとって国際目標がどのように影響があるのか、市民ひとりひとりができることは何か等をテーマに議論を行ないます。

プログラム(予定)
13:00 開会
13:00-15:00 セッション1:講演 -持続可能な開発とは?-
● 森秀行 (地球環境戦略研究機関(IGES)所長)
● 森晶寿 (京都大学大学院 准教授)
● 豊田陽介 (NPO法人 気候ネットワーク主任研究員)
● 原田悠子 (公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)海外事業部課長)
15:00-16:00 パネル・ディスカッション
ファシリテータ: 森秀行 (地球環境戦略研究機関(IGES)所長)
パネリスト:
●森晶寿 (京都大学大学院 准教授)
●豊田陽介 (NPO法人 気候ネットワーク主任研究員)
●原田悠子 (公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)海外事業部課長)
16:00 閉会


■最後に
マラウイでは、現場に一番近い所でプロジェクトを進めてきたNICCO。現場での経験を踏まえ、私達市民ひとりひとりに何が出来るかをお伝えできる機会となればと思っています。
皆様ぜひお越し下さい!

参考:POST2015 http://www.post2015.jp/

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 08:00| Comment(0) | 京都本部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。