2014年09月18日

【マラウイ事務所】エコサントイレ1000基達成セレモニー

ムワズカブワンジ!!(おはようございます!!)
マラウイ事務所インターンの神保です。

9月11日にエコサントイレ1000基建設のセレモニーが行われました!
当日はマラウイの保健大臣と駐マラウイ日本国大使もお越し下さり、大式典となりましたので今回はその様子をお伝えします。

NICCOは2007年にマラウイのンコタコタ県で事業を開始し、その後ドーワ県、リロングウェ県と事業地や内容を変えながら合計で7年間マラウイにて事業を行なってきました。
その間、各地でエコサントイレを建設し、先日NICCOがマラウイにて建設したエコサントイレの数が1000基に達したのでお祝いのセレモニーを行なうこととなりました。
(エコサントイレって何??と言う方は是非こちらへ!→http://www.kyoto-nicco.org/ecosan/

まずは保健大臣、日本大使にエコサントイレの紹介をしました。左側に移っている青いドレスを着た女性が保健大臣です。
マラ1.JPG

セレモニーの会場には村の人もたくさん集まっていました。
マラ2.JPG

式の始めはいつもの通り、お祈りから始まります。
NICCOの事業地マリリ地区代表による開会の言葉、NICCOのプロジェクトマネージャー原田による挨拶、とスピーチが行われていきました。
こちらは以前の事業地の裨益者によるスピーチです。左の緑のジャケットの人が住民代表、ピンクのシャツはスタッフのチムワザで翻訳をしています。2人とも呂律が回らないほどガチガチに緊張していました。大臣やこれだけ大勢の人がいたら緊張しますよね。
マラ3.JPG

NICCOを代表しては事業部長の森からスピーチが行われました。
マラ4.JPG

スピーチとスピーチの間にはバンドの演奏やアマイ(女性)による踊り、寸劇などを挟むのがマラウイ流です。
村の踊りのグループが緑のおそろいの衣装でダンスと歌を披露してくれました。
マラ5.JPG

こちらは寸劇です。これも村の演劇グループによって行なわれています。コントのようでかなりウケていましたね。
マラ6.JPG

最後に日本大使、保健大臣によるスピーチ、そしてお祈りで式は締めくくられました。
mara.JPG

NICCOがマラウイで援助を開始してから7年間。多くの苦労や困難があったことと思います。たくさんの方々の協力のおかげでエコサントイレ1000基建設という一つの大きな節目にたどり着くことができました。この場を借りて改めてお礼申し上げます。

1000基のエコサントイレと言っても1基1基の積み重ねで成り立っています。セレモニーに集まった村の人々を見たときに「あれは○○村の村長だ」「あれはモリンガビジネスグループの女性だ」といった風に見知った顔がたくさん見つかりました。そしてそのような顔見知りの村の人たちと一緒にお祝いできることを何より嬉しく思いました。その土地の住民に密着して活動をする「草の根」というのはこういうことなのかなと少し分かったような気がします。

そして次のステップへ!ということで実はすでに1001基目のトイレも完成しています。
NICCOのマラウイでの事業も残り3カ月となりましたが、村内での持続的な保健医療の仕組み作り、および持続的に貧困削減、環境保全、健康増進、収入創出を図る村づくりに向けてこれからも活動を続けていきます。引き続き本事業へのご協力をお願いいたします。

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 11:54| Comment(0) | マラウイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。