2014年06月30日

【東北の水産業を元気にするプロジェクト「企業ボランティアさんが来てくれました!」】

6月15日(日)に企業ボランティアの一環として、
アムンディ・ジャパン株式会社・クレディ・アグリコル生命保険株式会社の社員及びご家族の皆さま16名が、陸上いけす施設「アル フルザ」に来てくれました。

午前中は歓迎の挨拶と共に、アル フルザの説明と、
ギハギやカレイなど、生きたお魚を興味深そうに見てくださいました。
続いて関東周辺ではあまり目にせず、食べた経験も少ないホヤの殻むきに悪戦苦闘、
更にイカのさばきかたなどの実習をしていただきました。

そして、さばいた魚介類でBBQです。
新鮮な炭焼きは本当に美味しく、一口ごとに上がる歓声は唐桑半島に響き渡りました。
漁師の方々との会話も弾み、漁師の方々の「知ってもらいたい」という思いにも、
少しながら応えられたのではないでしょうか。

午後はボランテイア活動として、
カキを養殖用ロープに付ける作業をお手伝いいただきました。
作業台いっぱいに積み上げられたカキの山との格闘は真剣そのものでした。
この後、唐桑瀬戸の深い入り江に浮かぶ養殖棚に船で向かい、
先ほどカキを付けたロープをカキ棚に降ろす作業にも挑戦です。
アルフルザのホヤの殻むきとイカのさばき方、
カキ養殖のボランティア活動と真剣に向き合うことで、
漁業の大変さ、奥深さを体験いただくことができたと思います。

大震災直後、残された膨大ながれきの撤去には、人海戦術がどうしても必要だったため、
全国から集まった多くのボランティアに活動していただきました。
現在は、かさ上げや高台移転、更には防潮堤の工事等々の大型プロジェクトが進行しており、重機が唸りを上げ、道路はダンプカーが激しく往来しています。
従来のボランテイア活動には危険のリスクが伴い、
全国からボランティアに来てくださる方も減少しつつあります。
今回は、被災地における今後のボランティア活動のあり方の一例を見た思いです。

今回の活動を通じて、「今までどうやって復興支援をしていけばよいかわからなかったのが、自分にできることが見えたような気がする」と感じていただけたとも伺いました。
今回の活動は1日ではありましたが、たった1日の活動から参加者それぞれの今後の継続支援に繋がるきっかけになったように思います。
震災から3年以上が経過しても、なお東北を気にかけ、共に寄り添ってくださったアムンディ・ジャパン株式会社・クレディ・アグリコル生命保険株式会社の社員およびご家族の皆さま16名に対し、心より感謝を申し上げます。誠にお疲れさまでした。

この事業は、カタールフレンド基金 Qatar Friendship Fund の助成を受けて実施しています。

明男さん21.JPG明男さん22.JPG明男さん23.JPG明男さん24.JPG明男さん25.JPG明男さん26.JPG明男さん27.JPG明男さん28.JPG明男さん29.JPG明男さん30.JPG明男さん31.JPG明男さん32.JPG明男さん33.JPG明男さん34.JPG明男さん35.JPG明男さん36.JPG
posted by NICCO at 16:44| Comment(0) | 東北事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。