2014年05月30日

マラウイ ザピタ村便り22:改良型エコサントイレ 建設ワークショップ

こんにちは、マラウイ事務所の仙道です。
今回のザピタ村便りは、改良型エコサントイレ建設ワークショップをご紹介します。

ワークショップは建築専門家である江崎専門家(建築デザイン会社であるSeven Plus For、代表)の指導のもと、実施しています。江崎さんは2007年からマラウイでの弊会エコサントイレ・クリニック建設事業においても指導され、今回で3度目の事業参加となります。
約10日間のワークショップにはビルダー18名が参加し、エコサントイレの建て方、管理方法などの技術移転を行いました。今フェーズでは、彼らが80基以上のエコサントイレを事業地に建設する予定です。それでは建設過程をご紹介したいと思います。

image001.jpg
トイレの床面づくり。強度や耐久性を確保すため、鉄筋とセメントを組み合わせて作成します。

image002.jpg
続いてはトイレの土台づくりです。便が堆肥化されるタンク部分になります。
密閉性を高めるため、この後、内部外部をセメントで仕上げます。

image003.jpg
タンク内部をセメントで塗り込んでいきます。
密閉性を高めることにより、高温状態がつづき堆肥化が早まります。

image004.jpg
タンク部分が仕上がると、床面(建築物真ん中あたり)をのせて、
壁面を積み上げていきます。

image005.jpg
壁面を積み上げ、屋根にトタン板をのせて完成です。ビルダーのみなさん、江崎さんお疲れ様でした!今回のワークショップによって、ビルダーの建築技術が向上し、建築やエコサントイレへの理解も深まりました。

当プロジェクトは、主に外務省からの資金協力(日本NGO連携無償資金協力)、皆様の募金から活動を行っております。これからも皆様のあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

また、Panasonicさんからご助成いただいたアフリカ事業の広報費で、エコサントイレの
キャンペーンを実施中です。いいね!やツイートで、ご自身の名前(アカウント名)がのったレンガがウェブ上でつまれていき、300イイね!/ツイートで、アフリカに1基トイレが建設される、というキャンペーンです。
http://www.kyoto-nicco.org/ecosan/
ぺ―ジ中ほどの「参加はここから!」ボタンより、各文言のツイート/いいね!ボタ
ンを押していただければさらなるトイレ建設に一歩近づきます!

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 11:43| Comment(0) | マラウイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。