2014年05月27日

オーガニック革命@パレスチナ

マルハバ〜(こんにちは)!
パレスチナ事務所の稲垣です。今回は、パレスチナの北側に位置するジェニン県のザバブデ市よりお送りします。
現在、私たちはザバブデ市にて、有機農業の技術移転や有機農業を通じた収入創出を目的として活動しており、今回は活動の目玉の一つ、大麦小麦の有機栽培を皆さんに紹介したいと思います。

まず、NICCOパレスチナ事務所には、ザバブデ市の中心地より2,3分歩いた所に25名の農民と共同で運営をしている大きな農地があります。
さてさて、見えてきました。日本とパレスチナの旗がはためいてます。
ここがNICCOブログ初公開の農地です。
1.jpg

農地の広さは62ドノム(ドノムというのは、中東の数か国で使われているようで、1ドノムは人が一日に耕せる広さとのこと。ちなみにパレスチナでは1ドノムは1,000平方メートルです。)でして、62ドノム(62,000平方メートル)もあると一周するとちょっとした運動になります。

パレスチナは日本のように雨が降らない為、水不足です。その為、こちらの農地では近くの水源から水を持ってきて下の写真の大きなプールに水を溜め、パイプを通じてこの広い農地に水を撒いて作物を育てます。
(ここに来ると日本のように川があり、池があり・・・水が溢れている生活はありがたい!と実感します。)

2.jpg

農地では大麦・小麦はもちろんのこと、レタス、ズッキーニ、セロリ、イタリアンパセリ、トマト、ネギ、タイム、レモングラス、ひまわり、オリーブやぶどうの木など様々な種類の作物を育てています。中でも農地の半分以上を占めているのが大麦と小麦達です。農業技師によると今回、かなりいい感じに育っており、収穫も間近です!

3.jpg
私がパレスチナに赴任した今年の2月中旬頃の大麦と小麦畑の写真です。青くまだまだ子どもだったのに、

↓   ↓    ↓    ↓    ↓

4.jpg
1か月後にはもうこんなに大きくなっていて驚きました。すごい成長力です!
もう麦の形が出来ています。

↓    ↓    ↓    ↓    ↓

5.jpg
段々と金色に輝き始めました。

↓    ↓    ↓    ↓    ↓
6.jpg7.jpg
今では黄金色に輝く立派な大人です!
農地に行くと麦たちが風になびいて「サワサワ」という音を奏でており、癒されるんです。(音声もお届けしたいくらいです。)

8.jpg
レンズ豆の収穫の様子

9.jpg
かわいいスイカの赤ちゃん!

25人の農民と一緒に草取りをしたり、作物を植えたり、収穫したりそんな毎日です。

採れた作物はそのまま売ったり、加工したりしてマーケットに出していきます。そして農家の収入創出につなげます。オーガニックレボリューションを起こすべく、奮闘中のNICCOパレスチナ農家支援事業に乞うご期待ください!

10.jpg

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 00:00| Comment(0) | パレスチナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。