2013年07月15日

【シリア難民支援】ヨルダンにおけるシリア難民の現状

image001.jpg
 こんにちは。NICCODヨルダン事務所ザルカ支援センターのスタッフ、モハンマド・アリーサと申します。NICCODが、2012年11月にヨルダンにてシリア難民に対する越冬支援を開始した当初より、ヨルダン事務所で働いています。先日、国連機関とNGOが協力して行った合同調査に参加しましたので、その際に学んだことを含め、ヨルダンにおけるシリア難民の現状をレポートします。


image003.jpg
シリアの内戦が2011年3月に始まって以来、毎日数千人の難民がヨルダンに流入しています。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が2013年6月に発表した統計によると、ヨルダン国内の難民キャンプとそれ以外のホストコミュニティには、確認できているだけでおよそ48万人のシリア難民が生活しているとのことです。人口650万人のヨルダンは、シリアから大量に押し寄せている難民によって、経済・社会・医療サービス・安全保障など様々な面で、甚大な影響を受けています。

image005.jpg
ザアタリ難民キャンプ

ヨルダン最大の難民キャンプであるザアタリ難民キャンプは、シリアとの国境付近にあるヨルダン北部の県、マフラクに位置しています。UNHCRによると、ザアタリ難民キャンプにはおよそ12万人のシリア人が生活しており、灼熱の砂漠気候に加え、キャンプ内の様々な困難や試練に直面しています。中でも清潔な水へのアクセスは、ザアタリ難民キャンプの最も重要な課題の一つです。その他にも、食料品や医療サービスの提供、雇用の確保など、問題は山積しています。加えて、キャンプ内の不衛生な環境が原因で起こる伝染病の蔓延や、ハエ・ネズミなどの大量発生など、様々な脅威に曝されています。

image007.jpg
左側の車は給水車。ザアタリ難民キャンプの環境は厳しく、水へのアクセスは限定されている。

image009.jpg
ザアタリ難民キャンプの生活環境について話してくれたシリア難民女性とモハンマド=アリーサ。1つのテントに家族10名以上が暮らしている。

ヨルダンに避難しているシリア難民の多くは、難民キャンプ外で暮らしており、その殆どは北部の町に集中しています。住居の提供や、生活の援助をしてくれる親類がヨルダンに生活しているシリア難民も大勢います。都市部に暮らしているシリア人は、高額な家賃の支払い、生活費を稼ぐために必要な仕事がなかなか見つからないなどの問題に直面しています。家族を支えるため、学校に行かずに仕事をする子どもたちが増えており、児童労働の拡大は大きな問題となりつつあります。安い賃金で働くシリア人が好んで雇用されるため、シリア難民を受け入れるヨルダン人のコミュニティに、雇用の喪失などの影響が出てきています。

image011.jpg
ザルカ市内のシリア難民の住居。家具と言えばマットレスしかない家庭も多く、生活環境は厳しい。

NICCODのシリア内戦の被災者に対する人道支援事業 (ヨルダン人貧困層に対する支援を含みます)
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/presentation/syria001.html

NICCODヨルダン事務所 モハンマド・アリーサ


☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif


[Supporting Syrian Refugees] Update on the Syrian Refugees and Asylum Seekers in Jordan

image001.jpg
Hi, I am Mohammad Al-Essa. I have been working with NICCOD since the beginning of the emergency winterization aid project in November, 2012. With NICCOD we have worked with Syrians living in Zarqa City and the countryside areas of Zarqa Governorate. I have participated in a joint assessment conducted by UN and NGOs, and would like to share what I have learned during the mission.


image003.jpg
An overview of Zarqa City

Ever since the beginning of the Syrian crisis in March of 2011, thousands of Syrian asylum seekers have been fleeing into Jordan on a daily basis. According to UNHCR’s report in June 2013, it was found that Jordan is estimated to be hosting around 480,000 Syrians in both refugee camps and in urban host communities. With a population of around 6.5 million people, Jordan was faced with great impact by the effects of the mass migration of Syrians; economically, socially, in health, and security wise.

image005.jpg
An overview of Zaatari Refugee Camp

The largest refugee camp set on Jordanian soil is Zaatari, which is located on the southern Syrian bordering Governorate of Mafraq. Under the supervision of UNHCR, Zaatari Refugee Camp hosts around 140,000 Syrian asylum seekers. In addition to the extreme hot desert weather in summer, there are many challenges and hardships that Syrians face inside the camp. It is unanimous that water in its availability and cleanliness, is one of the top priorities for the inhabitants of Zaatari. Other priorities include improved food supplies, medical services, and employment. There are also many threats that are faced such as spread of diseases due to lack of hygiene and spread of insects and rats throughout the camp.

image007.jpg
Tough conditions for the refugees in Zaatari Refugee Camp, with limited access to water

image009.jpg
A Syrian lady and Mohammad Al-Essa; on a visit to a Syrian family's tent that has more than 10 family members, discussing living situation in Zaatari Refugee Camp.

The majority of Syrians living in Jordan reside outside of the camps in the urban residential areas with the concentration being in the northern cities. Many Syrians have relatives that help them by either hosting them or helping them get settled in. Some of the top difficulties that Syrians living in urban areas face is: paying high rent prices and seeking employment to be able to cover living expenses. These reasons have caused the spread of child labor which keeps children out of schools to help support their families. This phenomenon has had its effect on the host Jordanian community whether it be in the increase of rent prices, or the preferring of local business owners to employ Syrian workers over Jordanians for lower wages.

image011.jpg
Poor living conditions for people living in the urban areas of Zarqa City

NICCOD’s Emergency Relief Activities for the Syrian Refugees in Jordan
http://www.kyoto-nicco.org/english/project/support/information/syrian-refugee001.html

Mohammad Al-Essa, NICCOD Country Representative Office in Jordan


☆★☆ We deeply appreciate your kind support to the projects of NICCO ★☆★

donatenow-en.gif
posted by NICCO at 11:00| Comment(0) | ヨルダン・シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。