2015年10月22日

【イラン・マシャッド事務所】ヘラート州でサフランの植え付けを行っています。 We have been planting the bulbs of saffron crocus in Herat Province.

サラーム!(こんにちは!)
イラン・マシャッド事務所の安田です。少し前に当事務所の元職員が彼の友人とともに一年半ぶりに事務所に挨拶に来てくれました。久しぶりの再会を喜んだのもつかの間、彼の友人に一緒に空手をしないかと誘われ、戦々恐々としています。
Salam! (Hello!)
This is Yasuda from NICCO Mashhad Office in Iran. A couple of weeks ago, the former Iranian staff came to the office with his friend at the first time after one year and a half to say hello to us. Though I was glad to see him after a long interval, I became to feel fear immediately, because his friend asked me to practice Karate together…

***


■ ヘラート州でのサフラン栽培  The planting saffron crocuses in Herat province

さて今回は、当会がアフガニスタンのヘラート州で実施している、サフランの栽培についてご紹介したいと思います。

非常に憂慮すべきことですが、アフガニスタンは世界でも有数のケシの産地です。医療目的を除いて、ケシの栽培や有効成分の抽出、売買は、多くの国々で法律によって禁止されており、そのことがケシの希少価値を高め、アフガニスタンなど一部の国において広く栽培される主な理由となっています。
アフガニスタンではタリバン政権の崩壊後から、国際社会の支援を受けて別の作物への代替が行われており、サフランは最も有望とされる代替作物の一つです。

Today, I would like to introduce the planting saffron crocuses in Herat province, Afghanistan.

It should be absolutely concerned that Afghanistan is one of the most famous producing countries for opium poppies. The planting opium poppies are widespread around Afghanistan as well as some other countries. Except for medical purposes, it is well known that many countries not only prohibit the planting, but also the extraction of effective ingredient and trading them, which makes opium poppies more valued. .
Since the collapse of Taliban regime, the international societies have been supporting Afghanistan to replace opium poppies with other agriculture products, and saffron crocus may be one of the most promising alternative products.

saffron_1.jpg
サフランの栽培方法や害虫駆除に関する研修
Training the farmers about the way of planting and pest control for saffron crocus



サフランの花のめしべを乾燥したものを、通常私たちはサフランと呼んでおり、スペイン料理のパエリヤの材料として日本でもよく知られています。一つの花からわずか数本しか取れないサフランは、市場では非常に高値で取引されるため、農家の方は、経済的合理性を犠牲にすることなくケシの栽培から切り替えることができます。また、他の農作物と比較すると、少ない水で栽培することが可能なため、乾燥したアフガニスタンの風土に適した農作物と言われています。

Usually, we call the dried pistils of saffron crocus just as “saffron”, and it is well-known in Japan too as an ingredient of Paella, a Spanish cuisine. The farmers can replace the plant of opium poppies with the saffron crocus without sacrificing economic rationality. That is because the farmers can harvest only a few pistils from one saffron crocus flower, so they can be dealt with selling saffron crocus at a high price in the markets. Also, it is said that saffron crocus is a suitable agriculture product for the arid climate of Afghanistan, because it can be planted with less water, compared with other agriculture products.

saffron_2.jpg
研修終了後の球根配布
Providing bulbs of saffron crocus to the farmers after the training


saffron_3.jpg
サフランの作付
Planting bulbs of saffron crocus



サフランは、毎年10月から11月にかけて開花期を迎え、アフガニスタンの厳しい土地にありながら、可憐な薄紫色の花を咲かせます。その姿がこの国の将来を象徴しているのだと、私は信じています。

The blooming season for saffron crocus comes around between October and November every year, and they can have pretty and light purple flowers even on the harsh land of Afghanistan. I believe that the flowers could be symbolized as the future of Afghanistan.

saffron_4.jpg
サフランの球根
The bulb of saffron crocus



NICCOはサフランの栽培を通して、今後もアフガニスタンの農家の方を支援していきます。

NICCO will continuously support the farmers in Afghanistan through the planting saffron crocus.


http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-afghan.html
アフガニスタン国内での人道支援(イラン・マシャッド)
http://www.kyoto-nicco.org/project/iran_afghanistan/index.html
イランにおけるアフガニスタン難民支援(イラン・テヘラン)

2015年10月22日
posted by NICCO at 11:16| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。