2015年10月14日

【ケニア事務所】 エコサンデモ農地 The demonstration farm of “Eco-san manure”, Kenya

ミレンベ・ボーシ?(みなさん、お元気ですか?)
Mirenbe bo-shi(Hi everybody, How are you?)
NICCOケニア事務所の原田です。
I am Harada from the NICCO Kenya office.

***



■ 「エコサン肥料」を使ったデモンストレーション農場 The demonstration of using “Eco-san manure”

「ミレンベ」というのは、ブシアンガラ村で話されているルヤ語で、「平和」という意味だそうです。この言葉は日々の挨拶に使われると「元気?」という意味になります。
“Mirenbe” means peace in Luhya language spoken in Bushiangara village. Using “Mirenbe” as a term of greeting, it means “How are you?”
さて今日は、エコサントイレからできる肥料「エコサン肥料」を使ったデモンストレーション農場のお話をしたいと思います。
Today, I would like to talk about the demonstration of using “Eco-san manure” from Eco-san toilet.

エコサントイレ、というのはNICCOがアジア・アフリカなどで建設している、「し尿分離型環境衛生トイレ」のことです。
Ecological Sanitation Toilet, so-called “Eco-san toilet” is human waste separation type toilet which is environmentally healthy. “Eco-san toilet” is built by NICCO in Asia and Africa.

こちら↓の「エコサントイレ特集」にわかりやすく説明してあります!
http://www.kyoto-nicco.org/africa/ecosan.html

Click here for more understandable information ↓
http://www.kyoto-nicco.org/english/project/malawi/information/development-of-real-village.html

このエコサントイレは、人のし尿を衛生的に処理し、堆肥を作ることができます。人が食べたもの、飲んだものが排出され、それが堆肥になり、また食べ物を作るために畑に還元される、というのが、NICCOが推進する循環型の仕組みです。
We can hygienically compost manure from night soil treatment by using Eco-san toilet.. NICCO has promoted circular mechanism, after excreting the things we eat and drink from our body, we compose manure from these things, and then composed manure are returned to the soil to produce food via Eco-san toilet,

しかし、そもそもケニアでは、人のし尿を堆肥にするという仕組みがありません。もちろんブシアンガラ村の人々にとっては、全く新しい試みになりますから、最初はみんな半信半疑です。肥料の効果があるのか、衛生的に大丈夫なのか、そういった疑問に対していくら説明しても、なかなか信じられるものではありません。
However, there was no such mechanism of utilizing human waste as compost in Kenya before. It is completely new experiment for the people of Bushiangara village. Therefore everybody initially doubted whether composed manure is highly effective to improve soil and hygienically safe. It would be quite difficult to understand the benefit of Eco-san toilet for the villager even if we explained there was nothing problem with using Eco-san toilet because they didn’t have such a custom before.


■ 「エコサン肥料」比較栽培の結果 The result of comparison using“Eco-san manure”with not using

そこで、実際に目で見てもらおう、と設置したのが、比較栽培のデモンストレーション農場です。人通りの多い村の大通り沿いに農場を設置し、それを4つの区画に区切って、ケニアの主食であるメイズ(トウモロコシ)を植えます。一つ目の区画は、エコサン肥料と水で希釈した尿を与えます。二つ目の区画は、希釈した尿のみを与えます。三つ目の区画は、村でよく使われている化学肥料を与えます。四つ目の区画は、肥料も何も与えません(無施肥)。
Therefore, we arrange the demonstration farm to let people compare Eco-san manure cultivation and non- Eco-san manure cultivation with their own eyes. The farm is established alongside the main busy street in the village. The farm is divided into four compartments and planted maize (white corn); staple food of Kenya. The first compartment(compartmentT) was provided with diluted urine and Eco-san manure. The second compartment(compartmentU) was provided with diluted urine only. The third compartment(compartmentV) is cultivated using chemical fertilizer and the fourth compartment (compartmentW)e was provided without any fertilizer or manure.

メイズを植えたのは、今年の4月頃。NICCOスタッフの指導のもと、デモ農場の農家さんがしっかり管理してくれたので、メイズは順調に育ちました。その結果がこちら!
The farmers have been taking care of the maize so carefull under the guidance of NICCO staff that it grew very well. This picture shows the result.

1014_1.png

ちょっとわかりにくいですが、一番手前が無施肥の区画、2番目が化学肥料を与えた区画、3番目が希釈尿を与えた区画、4番目がエコサン肥料と希釈尿を与えた区画です。ご覧のとおり、無施肥の区画と化学肥料の区画はほとんどメイズが育っていません。
It might be little confusing, but the four compartments are arranged in the order of, from this side, compartmentW,V,U,T. As you can see, no maize is grown in the plot with chemical fertilizer(compartmentsV) and without any fertilizer(compartmentW).

それに比べて、希釈尿を与えた区画がこちら↓
The plot with diluted urine is here(compartmentU).
1014_2.png

エコサン肥料と希釈尿を与えた区画がこちら↓
The compartment with eco-san manure and diluted urine is here.(compartmentT)
1014_3.png

ここまで差がでるとは私たちも思っておらず、驚きました。デモ農地のオーナーさんに話を聞くと、もともとこの土地は痩せていて、化学肥料を与えても何も育たない土地だったとか。だから、今回も化学肥料の区画が全く育たなかったんですね。
The result made us surprised because the gap between them was bigger than we had expected. According to the owner of the farmland, the land was poor soil, and even though he used chemical fertilizer, nothing was grown in the land. This is the reason why the maize also did not grow at all in this time even in the compartment with chemical fertilize.

ではなぜ、エコサン肥料と希釈尿の区画はメイズが元気に育ったのでしょうか。ケニア農業省の職員や、NICCOの専門家の見解では、もともとこの土地は、多量の雨や、化学肥料の過剰使用の影響で、土地が酸性に偏っていてメイズが育ちにくいとのこと。そこで、エコサン肥料や尿に含まれるアルカリ成分がうまく作用したのではないか、とのことでした。
Then, why the maize in the compartmentT(with diluted urine and eco-san manure) grew up cheerfully? According to the officials and Kenya Ministry of Agriculture this land was acidic due to excessive use of chemical fertilizers and a huge amount of rainfall. Therefore alkaline components included in eco-san manure and urine changed the acid nature of the farm, and which lead to successful result.

ブシアンガラ村の農地ではこの「土地が酸性に偏る」という現象が良くみられますので、エコサン肥料と希釈尿の効果はかなり高いのではないか、と私たちも期待しています。デモ農家さんもこの結果に大満足!!来年もまた試してみたい!と意欲を燃やしています。
Since farm land of Bushiangara village is acidic in nature, so we expect that the diluted urine and eco-san manure have a great impact on the farm there. The farmers of demonstration farm are satisfied with this result. They are eager to use the manure next year as well.

次回のブログでは、このデモ農地の結果を村人に見てもらうための、フィールドデイの様子をお届けしたいと思います。
In the next blog, I would like to write about the field day when we show villagers the result of the demonstration farm..
ホロラネ!(では、また!)
Horonane! (See you!)

ケニア農村開発事業
http://www.kyoto-nicco.org/project/kenya/index.html
現地レポート更新
http://www.kyoto-nicco.org/project/kenya/cat136/-201565update-1.html
ケニアの農村にエコサントイレをつくろうプロジェクト
http://www.kyoto-nicco.org/give/menu-kenya.html
かざして募金
http://gooddo.jp/gd/kazashite/nicco/

2015年10月14日

posted by NICCO at 19:21| Comment(0) | ケニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。