2015年10月29日

【シリア人道支援】第1回 インターン日記@ヨルダン「工芸教室を覗いてきました」 An intern's Diary in Jordan 1st "Visit to a carpenter class"


■ 自己紹介  Self-introduction

初めまして。塚田寛人と申します。10月より1月の上旬までヨルダンにてインターンとして派遣されることになりました。これから3か月間、現地の様子についてレポートしていきたいと思います。
Hello, Nice to meet you. I am Hiroto Tsukada. I am doing internship at NICCO in Jordan office till the beginning of next January. I will write reports about the work here during these 3 months.

その前に、自己紹介をしたいと思います。少しでも書き手を身近に感じていただければ幸いです。
Before starting report, I am writing about myself. I hope this will help you to feel more familiar with me.

blog1_photo1.jpg

〔写真1〕本部にて出発前に。
(Photo 1) At NICCO head office, Kyoto, before leaving for Jordan.



私は群馬県出身の大学5回生で、来年の春から社会に出て働く予定です。幸いなことに、単位も取り終わり、卒論も無いので、自由な時間を有意義に使うためにヨルダンにいます。
I am from Gunma prefecture and fifth grade student in a University. I am going to graduate in next spring and start working after graduation. Fortunately, I got all the required credits because of which I do not have to write a graduation thesis. Therefore I came to Jordan to use rest of my moratorium effectively.

なぜヨルダンなのか。危なくないのか。よく聞かれます。
私は大学でアラビア語を勉強し、中東に興味をもちました。そして自然と紛争や難民にも関心をもつようになりました。実際に現地に行きたいと思い、クウェートに1年間留学してアラビア語を勉強し、やはり中東に関わって生きていきたいと決意し、再び戻ってまいりました。
I am often asked the questions like “Why do you go to Jordan?” or “It is dangerous, isn’t it?”
My answer is “I learned Arabic in the university and got interested in Middle East. It naturally leads me to get to know about disputes and refugees over there. I hoped to go to Arabic world, and last year I stayed Kuwait for a year to learn Arabic. After that I decided to work for Middle East in my life, and came here in Jordan.”

 実際の現地はそこまで危険もありません。勿論最大限の注意を払ってはいますが、よく中東と聞いてイメージされるような危険はありません。

Jordan is not so dangerous place. Of course, although I do much care when I go out there is nothing like that we often recall typical dangerous image from Middle East.

blog1_photo2.jpg

〔写真2〕ザルカ事務所からの景色
(Photo 2) Scenery from the Zarqa office



■ 工芸教室を覗いてきました。 Visit to a carpenter class

到着して1週間ほど、色々な事業を見学しています。その中の一つを紹介します。
I introduce some project I take a look at after arriving Jordan.
NICCOではこれまで女性と子どもを主に事業の対象としてきましたが、新たに男性向けの工芸教室を始めました。
NICCO has been conducting projects mainly for women and children so far. In addition we started carpenter classes for men as well.

大人だけでなく子どもも意欲的に参加していました。
Not only adults, but also children participated in the class

blog1_photo3.jpg

〔写真3〕皆さん真剣に棚を作っています。
(Photo 3) Everyone is involved in making shelves


blog1_photo4.jpg

〔写真4〕15歳の彼は学校には行っていないそうですが、この時間をとても楽しんでいるようでした。
(Photo 4) The fifteen-year-old boy does not go to school. He seemed to enjoy the carpenter class so much



作った棚の一部は、こどもの演劇ワークショップやコミュニティスペースで使われるとのこと。完成した棚と記念写真を撮るなど、とても誇らしげでした。
Some of the shelves they made will be used for drama sessions of children and community spaces in Zarqa center. Some of the participants took picture with their works. They seem to be proud of their work.

blog1_photo5.jpg

〔写真5〕率先して片付けもしていました。
(Photo 5) A boy took leadership in cleaning the classroom.



これからこのように3か月にわたって現地の様子を伝えていきます。
読んで頂ければ幸いです。
I will write report about the projects in this way from this report for 3 months
Thank you for reading and I hope you continue reading my following posts.

塚田寛人
Hiroto Tsukada

*NICCODのシリア内戦の被災者に対する人道支援事業 (ヨルダン人貧困層に対する支援を含みます)
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/syria001.html
*“JORIA” Facebook:
https://www.facebook.com/joriaforwomen?ref=ts&fref=ts
*JORIA オンライン販売サイト:SOUQ HALAB(スークハラブ)
http://eathalal.jp/

※JORIAとは本事業の女性向けプログラム参加者の中から有志が立ち上げた制作グループです
posted by NICCO at 12:28| Comment(0) | ヨルダン・シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

【イラン・マシャッド事務所】ヘラート州でサフランの植え付けを行っています。 We have been planting the bulbs of saffron crocus in Herat Province.

サラーム!(こんにちは!)
イラン・マシャッド事務所の安田です。少し前に当事務所の元職員が彼の友人とともに一年半ぶりに事務所に挨拶に来てくれました。久しぶりの再会を喜んだのもつかの間、彼の友人に一緒に空手をしないかと誘われ、戦々恐々としています。
Salam! (Hello!)
This is Yasuda from NICCO Mashhad Office in Iran. A couple of weeks ago, the former Iranian staff came to the office with his friend at the first time after one year and a half to say hello to us. Though I was glad to see him after a long interval, I became to feel fear immediately, because his friend asked me to practice Karate together…

***


■ ヘラート州でのサフラン栽培  The planting saffron crocuses in Herat province

さて今回は、当会がアフガニスタンのヘラート州で実施している、サフランの栽培についてご紹介したいと思います。

非常に憂慮すべきことですが、アフガニスタンは世界でも有数のケシの産地です。医療目的を除いて、ケシの栽培や有効成分の抽出、売買は、多くの国々で法律によって禁止されており、そのことがケシの希少価値を高め、アフガニスタンなど一部の国において広く栽培される主な理由となっています。
アフガニスタンではタリバン政権の崩壊後から、国際社会の支援を受けて別の作物への代替が行われており、サフランは最も有望とされる代替作物の一つです。

Today, I would like to introduce the planting saffron crocuses in Herat province, Afghanistan.

It should be absolutely concerned that Afghanistan is one of the most famous producing countries for opium poppies. The planting opium poppies are widespread around Afghanistan as well as some other countries. Except for medical purposes, it is well known that many countries not only prohibit the planting, but also the extraction of effective ingredient and trading them, which makes opium poppies more valued. .
Since the collapse of Taliban regime, the international societies have been supporting Afghanistan to replace opium poppies with other agriculture products, and saffron crocus may be one of the most promising alternative products.

saffron_1.jpg
サフランの栽培方法や害虫駆除に関する研修
Training the farmers about the way of planting and pest control for saffron crocus



サフランの花のめしべを乾燥したものを、通常私たちはサフランと呼んでおり、スペイン料理のパエリヤの材料として日本でもよく知られています。一つの花からわずか数本しか取れないサフランは、市場では非常に高値で取引されるため、農家の方は、経済的合理性を犠牲にすることなくケシの栽培から切り替えることができます。また、他の農作物と比較すると、少ない水で栽培することが可能なため、乾燥したアフガニスタンの風土に適した農作物と言われています。

Usually, we call the dried pistils of saffron crocus just as “saffron”, and it is well-known in Japan too as an ingredient of Paella, a Spanish cuisine. The farmers can replace the plant of opium poppies with the saffron crocus without sacrificing economic rationality. That is because the farmers can harvest only a few pistils from one saffron crocus flower, so they can be dealt with selling saffron crocus at a high price in the markets. Also, it is said that saffron crocus is a suitable agriculture product for the arid climate of Afghanistan, because it can be planted with less water, compared with other agriculture products.

saffron_2.jpg
研修終了後の球根配布
Providing bulbs of saffron crocus to the farmers after the training


saffron_3.jpg
サフランの作付
Planting bulbs of saffron crocus



サフランは、毎年10月から11月にかけて開花期を迎え、アフガニスタンの厳しい土地にありながら、可憐な薄紫色の花を咲かせます。その姿がこの国の将来を象徴しているのだと、私は信じています。

The blooming season for saffron crocus comes around between October and November every year, and they can have pretty and light purple flowers even on the harsh land of Afghanistan. I believe that the flowers could be symbolized as the future of Afghanistan.

saffron_4.jpg
サフランの球根
The bulb of saffron crocus



NICCOはサフランの栽培を通して、今後もアフガニスタンの農家の方を支援していきます。

NICCO will continuously support the farmers in Afghanistan through the planting saffron crocus.


http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-afghan.html
アフガニスタン国内での人道支援(イラン・マシャッド)
http://www.kyoto-nicco.org/project/iran_afghanistan/index.html
イランにおけるアフガニスタン難民支援(イラン・テヘラン)

2015年10月22日
posted by NICCO at 11:16| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

【ミャンマー少数民族支援】村落ファンド設立支援・「ブタ銀行」がスタート!(2) 【Myanmar Ethnic Minority Support project】 Support establishment of village fund and “Pig bank” have started.


ウェッゴー シャーネーデー(ブタを探しています)。ミャンマー、パ・アン事務所の大場です。前回は、コクワ村のブタ銀行委員会メンバーが、かわいい子ブタを購入したところまでお伝えしました。ブタ銀行の詳細はコチラ。
"Wet Ko Shar Nay Tal" (“I am looking for a pig.” in local language). I am Oba, project manager of NICCO Hpa-An Myanmar Office. I introduced the story when Khoke Khwar village “Pig bank committee” members purchased piglets by then. Find out more about “Pig bank” at http://kyoto-nicco.seesaa.net/article/427107313.html

***


■ ブタ銀行の成功に必要なこと The necessary things for success of “Pig bank”

ブタ銀行の成功には、飼育世帯がブタを大きく育てて販売し、しっかりと収入を得てブタ銀行委員会へお金を返すことが重要です。ブタの種類や数、飼育技術の向上についても十分に配慮して導入準備を進めました。
It is important that pig breeding families rear piglets to grow big and sell them, in addition they get an enough income from price of selling pigs so that “Pig bank” becomes successful project. We put forward the preparation for introduction of “Pig bank” project with enough consideration about name and number of pigs, in addition the improvement of handling and feeding techniques.

ブタの種類は、規模の大きな養豚場で飼育されている改良ハイブリッド種と、ローカル種を掛け合わせたもの。村の環境にも馴染みやすく、適正な方法で育てれば、どのブタもしっかりと育ってくれるというメリットがあります。成長度合いに個体差があるローカル種を育ててきた村人たちは、「子ブタを買ってきたのに、半年経っても一年経ってもいっこうに大きくならなくて・・・」という悩みを以前から抱えていました。
また、授乳期が終わる生後45日くらいで、政府サービスにより必要な予防接種を終えている子ブタを購入しました。
The name of pig is the cross breeding between an improved hybrid breed is reared in the large pig breeding farmer and a local breed. This name of pig is well adapted to village environment and there is an advantage because they can be grown up healthy if we rear them with proper breeding technique. The villagers who reared local breed had trouble such as “even though we bought piglet it can’t grow up enough after one year or half year” with it from before because there are individual differences from the degree of growth among each pig.
And also we purchased piglets have already had the necessary vaccination supplied by public service at around 45 days old which finishes the lactation period.

1020-1.jpg
半年近く経っても、生後2ヶ月くらいのサイズのままのローカル種のブタ。Local breed pig remains size of around 2 months old piglet that was born nearly half years ago.

1020-2.jpg
つい最近まで、こうして母ブタの乳を飲んでいた子ブタたち。These piglets suckled at their mother’s breast recently.


貸し出し数は、1世帯あたり4匹。万が一、病気や不慮の事故で1匹死んでしまっても、他のブタを販売した収入で返済できるように、村人たちが無理なく十分に面倒が見られるように、そして、回収される利子で村内の保健・衛生活動の活動資金が十分まかなえるように、といった理由から定められました。
今回7世帯が飼育を開始するコクワ村では、28匹の子ブタが運ばれてきました。子ブタたちは多くの村人に囲まれ、突然始まった品評会に驚いていたに違いないのですが、それぞれ飼育世帯へ無事に連れ帰られました。
The number of rental pig is four per one family. By any chance one piglets dies by disease or unfortunate accident a family who lost it can repay by income from selling other piglet, the villagers can sufficiently compensate a loss with reasonable effort, and the benefit from circulation of “Pig bank” system can maintain the health and sanitation support activity in the village so that we decided that number of rental pig.
28 piglets are delivered to Khoke Khwar village where 7 applicants start to rear pigs. Even though piglets must be surprised by a lot of villagers surrounded them and a competition suddenly started they were brought to a pig breeding family safely.

1020-3.jpg
子ブタを選択するコクワ村の飼育希望者たち。Applicants choose piglets in Khoke Khwar village.


■ ブタを健康にそだてるために For rearing piglets in good health

飼育希望者は子ブタを受け取る条件として、政府から派遣された専門家の協力のもとで開催した技術研修をすでに受講しています。ブタに関する基本的な知識から、ブタ小屋作りのポイント、病気の予防と衛生的な飼育方法、病気になった時の対処法、必要な栄養素と餌の作り方・与え方まで、必要な知識と技術を2日間の研修で学びました。また、他の村で同じ種類のブタを育てている世帯のところへスタディ・ツアーに赴き、飼育方法について心配な点や不明な点について意見交換をしました。
There is a condition that applicants have already attended a lecture of breeding technique is taken place with the cooperation of an expert is dispatched from the government. They have learnt the necessary knowledge and technique of breeding pig such as from the basic knowledge of pig to the important point of building a pigsty, the method of protecting pig from disease and breeding technique in sanitary condition and what kind of ingredient pig needs and how to make its food and feed them for 2 days. And also, they went on the study tour to some family in the other village has already reared same name of pig as of this project. Our applicants and a pig breeding family we previously mentioned in the other village exchanged their view of anxious and unclear points in the breeding method.

1020-4.jpg
第1回の貸し出しだけでなく、第2回、第3回の貸し出しを待っている飼育希望者も研修に参加
Not only applicants who rent pigs at the first time but also who are waiting for the second or the third opportunity take part in the lecture.


1020-5.jpg
予防接種について説明するチャインセイチ・タウンシップ畜産局員
The livestock department officer explains the vaccination from Kyainseikgyi Township.


各飼育世帯に行き渡った子ブタたち。今後は、残り4村向けの子ブタの調達準備をしながら、獣医資格を有する当会スタッフが定期的に飼育状況をモニタリングし、質問に答えたり、必要であれば薬を与えたり、飼育世帯のサポートをします。政府サービスとの連携を促進しながら、村人のキャパシティ・ビルディングも図り、子ブタたちが元気で健やかに育つことができるよう、サポートをしていきます!
Piglets have gone around to each pig breeding family. We prepare to purchase other piglets for the other four villages. And also our staff has a certification in veterinary science observes the pig rearing situation regularly so as to answer queries from the families, give drags if they need to cure pig of disease and support them in various ways. We will support the villagers to build their capacity and rear piglets to grow up in good health with promoting cooperation with public service.

1020-6.jpg
ブタ飼育者(写真左)と当会スタッフSaw Than Soe(ファンド管理担当プロジェクト・オフィサー)
The pig breeder (the left side of photo) and Saw Than Soe who is the NICCO staff (Project officer for village fund management)


☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

NICCO ミャンマー少数民族支援
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/myanmar001.html

posted by NICCO at 11:11| Comment(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。