2015年09月25日

【イラン・マシャッド事務所】ヘラート州で子供たちのための学校を建設しています。 We have been constructing a school building for children in Herat Province.

サラーム!(こんにちは!)
イラン・マシャッド事務所の安田です。マシャッドの緯度は関東地方とだいたい同じくらいなのですが、標高が1,000m以上あるため、すでに朝晩はひんやりとします。
Salam! (Hello!)
This is Yasuda from NICCO Mashhad Office. Although the latitude of Mashhad is almost same as Kanto area’s one, it has already been cool in the morning and evening these days, because Mashhad is located more than 1,000 meters above sea level.

***


■ヘラート州での学校建設@ The school construction project in Herat Province@

さて今回は、当会がアフガニスタンのヘラート州で実施している、学校建設についてご紹介したいと思います。
I would like to introduce the school construction project which has been implemented in Herat Province, Afghanistan.

ヘラート州の開発計画によると、2013年以降にヘラート州で必要となる学校の数は、467校であり、学校建設は、貧困削減と並んで現地のコミュニティが最も必要とする支援の一つです。ヘラート州では、数年前に欧州系のNGOが撤退して以降、国連機関を除くと、唯一NICCOが教育局からの要請を受けて学校を建設してきました。
今年の度事業でも、ヘラート州の中央に位置するガイザン地区に3階建て12教室の校舎を建設しており、来年の4月から、1,600以上の子どもたちが、清潔で適切な環境で教育を受けることとなっています。
According to the development strategy led by the local government in Herat Province, the number of necessary schools from the year 2013 onwards should be 467 in the province, so the school construction project is one of the most indispensable supports for the local communities, as well as the poverty reduction project. Besides UN agencies, NICCO is the one and only organization that has implemented the school construction project in Herat Province, following the requirement by the educational department of Herat Province, since the European international NGOs left there a few years ago.
Also in this year, we have been constructing three-floor and twelve-classroom school building at Ghyzan area which is located at the center of the province, and more than 1,600 children are going to study in a clean and proper educational environment from April 2016.

0925_1.jpg
建設予定地 Planned site for the school building



■学校建設の模様 The overall of school construction site

学校建設は、今年の5月から始まりました。建設に際しては、HFMCC (Herat Future Maker Construction Company)という地元の建設会社に業務委託を行っています。
週に一度、現地提携団体から送られてくる進捗管理表を元に、建設の適切性を確認します。
The school construction has started from May 2015. We concluded a cooperation agreement with the local construction company, HFMCC (Herat future Maker Construction Company), for the construction.
And NICCO is checking the appropriateness of the construction on the basis of the progress table which is sent us once in a week by our local partner in Herat Province.

0925_2.jpg
校舎建設の為の基礎工事(土地掘削作業)
Excavating the ground to make the foundation of building

一日平均で、15名程度のガイザン地区に居住する男性が、建設作業に従事しています。地元経済への貢献も、学校建設が持つ重要な役割の一つです。
About 15 local male who are residing in Ghyzan area, have been working for the construction per day. Thus, the contribution for the local economy is also one of the significant roles of this school construction project.

0925_3.jpg
校舎一階の柱と壁の設置
Setting up the pillars and walls of the first floor


0925_4.jpg
天井部の設置
Setting up the ceiling of the building


0925_5.jpg
校舎2階の柱と壁の設置
Setting up the pillars and walls of the second floor


0925_6.jpg
3階部分の基礎工事
Constructing the foundation of the third floor


建設作業は今年の12月までに終了する予定であり、その後建築専門家による最終モニタリングを経て、教育局へ譲渡されることになります。少し先のことになりますが、来年の春には、新しい校舎で元気いっぱいに授業を受けている子供たちの姿をお伝えすることができればと思います。
The whole work is planning to be completed by December 2015, and the school building will be handed over to the education department of Herat after the final monitoring by the architect finished. Hopefully, we will be able to show the photos of children studying with full of energy at the new school, still a little bit later, though.

http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-afghan.html
アフガニスタン国内での人道支援(イラン・マシャッド)
http://www.kyoto-nicco.org/project/iran_afghanistan/index.html
イランにおけるアフガニスタン難民支援(イラン・テヘラン)

2015年9月25日
posted by NICCO at 21:40| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。