2015年08月27日

【イラン・マシャッド事務所】アフガニスタン人道支援事業/農業・収入創出事業、収穫した小麦の脱穀 The NICCO Project in Afghanistan/threshing wheat harvested for Income Generation by Agriculture

サラーム!(こんにちは!)
イラン・マシャッド事務所の安田です。この時期イランの青果店にはいろいろな種類のアプリコットが並びます。
Salam! ( Means “hello” in Persian)
This is Yasuda from Mashhad Office in Iran. In this season, there are wide variety of apricots at the fruit market in Iran.
(Japanese and English)

***


■今年収穫した小麦の脱穀を行っています。 The farmers threshing wheat harvested for this year.

さて今回は、ゴール州の農家が行っている小麦の脱穀についてご紹介したいと思います。

Today, I would like to introduce the threshing by the farmers in Ghor province.

ご存知のように、刈取りを行っただけでは小麦は商品として市場に流通させることはできません。脱穀(茎から籾をはずし、籾殻と種を分ける工程)を経て初めて商品となります。
一度に大量の小麦を脱穀しなければならないので、機械を用いることが望ましいのですが、多くの農家が経済的な理由により、脱穀機を購入することができません。彼らは牛とChppar and Gerdoという木製の伝統的な農機具を用いて茎から籾を取り除き、写真にあるように畑に並べて風の力を利用して籾を吹き飛ばします。
その後ふるいを使って種と小さな埃などを分けて、脱穀は完了します。

As is well known, it is not appropriate to sell wheat in the market as if you have just harvested it, it can be dealt with in the market only after you thresh the wheat.
Though it is desirable to use a machine to thresh a large amount of harvests, most of the farmers cannot afford it. Instead, they use cows and traditional wooden stuffs so-called Chppar and Gerdo to remove the seeds from the stems, then they lay them down on the ground in order that the chaffs can be blown away by the wind as you can see in the below photo.
Finally, they separated pure seeds from microscopic dusts by a sieve, then the threshing has completed.

photo1.jpg
畑の上に並べられた収穫後の小麦 Wheat on the ground after harvest

photo2.jpg
風や箒で巻き上げることにより籾殻を吹き飛ばす Blowing the chaffs away from the seeds by wind and a broom

photo3.jpg
ふるいにかけて種と小さな埃に分ける Separating the pure seeds from the microscopic dusts by a sieve

http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-afghan.html
アフガニスタン国内での人道支援(イラン・マシャッド)
http://www.kyoto-nicco.org/project/iran_afghanistan/index.html
イランにおけるアフガニスタン難民支援(イラン・テヘラン)

2015年8月27日

posted by NICCO at 15:56| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

【イラン・マシャッド事務所】アフガニスタン人道支援事業/農業・収入創出事業、ぶどう加工事業のご紹介 The NICCO Project in Afghanistan/Grape Processing Project for Income Generation by Agriculture

サラーム(こんにちは)、イラン・マシャッド事務所の秋元です。遂にマシャッド市の八百屋からチェリーがなくなってしまいました・・、悲しいです。
Salam (Hello in Persian), this is Akimoto from NICCO Mashhad office. It is very sad to say the cherry is finally gone from vegetable stores in Mashhad・・
(Japanese and English)

***


■ ぶどう加工事業による収入創出 The income generation by the grape processing project

さて今回はマシャッド事務所で行っているアフガンニスタン人道支援事業の農業・収入創出事業の一つ、ぶどう加工事業をご紹介させて頂きたいと思います。
Today, I would like to introduce one of the projects of NICCO in Afghanistan. It is the Grape Processing Project that is based on income generation through agriculture.

アフガニスタン・ヘラート州にあるイマーム・シシュ・ヌール村は、元々ぶどうの産地として栄えていた場所でした。そこでこの村で代々行われていた伝統的なぶどうの加工方法から、より衛生的(ペストコントロール等)で効果的な加工方法に改善することで市場価値の高いぶどうを生産し、そこから各農家の経済状況の改善を目指しています。具体的には1世帯あたり550kgのぶどうを加工し、そのぶどうを販売することで900USドルの収入創出を目指しています。
Imam Shish Noor village in Herat province has been well known as a grape producing area in Afghanistan. Thus, the aim of that project was to improve the economic condition of people and village by producing the high-value and more hygenic grape (using pest control method). The grape was produced by using efficient processing way instead of traditional processing method. The goal of that project was to earn USD900 by selling 550kg of high value grape in the market.


■ 現地女性へのぶどう収穫の指導 The guidance grape harvesting to the local women

以下にご紹介する写真はイマーム・シシュ・ヌール村の女性20名を対象に、最終的なぶどう加工のための適切なぶどう収穫方法やぶどう収穫キットの使い方の指導、そしてこのぶどう収穫キットを配布しているところです。
The photographs below are about the guidance delivered to the women of Iman Shish Noor village regarding the use of kit for efficient grape harvesting. In total 20 women benefited by this guidance. The grape kit was then distributed to them for grape harvesting.

0822_1.jpg

0822_2.jpg

0822_3.jpg
これがぶどう収穫キットです。This is the harvesting kit for grape.


0822_4.jpg

またぶどう生産の最終段階で行う洗浄作業において、以下の写真に見られるような専用のぶどう乾燥機を併せて使用することにより、更にぶどうの品質が向上します。このぶどう加工事業はご説明した通り様々な工夫を凝らしながら、より良いぶどうを収穫→加工→収入創出に繋げるため、各村人の皆さん一丸となって運営されています。
In addition to this, the project was able to produce better quality grape with the help of special cleaning and drying method. In the final phase of grape production, cleaning and drying of grape was done as in the photographs shown below. Thus, the people of Imam Shish Noor has been working hard to manage and to produce high value grape by using efficient grape processing way, leading to income generation to make the project successful.

0822_5.jpg

http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-afghan.html
アフガニスタン国内での人道支援(イラン・マシャッド)
http://www.kyoto-nicco.org/project/iran_afghanistan/index.html
イランにおけるアフガニスタン難民支援(イラン・テヘラン)

2015年8月23日

posted by NICCO at 00:44| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

【イラン・マシャッド事務所】イランの紹介〜イマーム・レザー廟編〜 Introduction of Iran –Imam Reza Holy Shrine-

NICCOで働くイラン人スタッフがイランを紹介する記事の2回目。今回はマシャッドにあるイマーム・レザー廟についてお話しさせていただきます。

This blog entry is the introduction of life in Iran by our Iranian staff for the second time. We are talking about the Imam Reza Holy Shrine in Mashhad at this time.
(Japanese and English)

***


■ マシャッド市について About Mashhad

こんにちは、私はファルザネ・セイフハシェミです!私は2014年の9月からNICCOでの勤務を開始し、アフガニスタンにあるヘラート州とゴール州の人々を支援するために、このNICCOのプロジェクトに従事しています。今回、私はNICCOのプロジェクトの拠点となっているマシャッド市にあるイマーム・レザー廟についてご紹介したいと思います。

Salam, this is Farzane SeifHashemi! I work in NICCO from September 2014, and I am trying my best to the supporting project for Afghan people who live in Herat and Ghor provinces.
I would like to talk about Imam Reza Holy Shrine in Mashhad where NICCO sets up the project office at this time.

マシャッド市はイラン北東部に位置するラザビィー・ホラーサーン州の州都でイラン国内でも有数の都市です。マシャッドには博物館や公園、ショッピングセンターなどの魅力的な観光地や娯楽施設が沢山あります。マシャッドは巡礼者から観光客まで、また、年齢に関係無く楽しめます。自然が豊かである一方、美しい建築物があり、そして伝統的な側面と近代的な側面を併せ持つのがマシャッドです。
そして、イスラム教・シーア派の人々にとっての最も重要な巡礼地であるイマーム・レザー(シーア派・12イマーム派の第8代)の廟があることで知られています。廟にはシーア派・12イマーム派の第8代のイマーム・レザーが眠り、イスラム教・シーアの巡礼地として聖地と位置付けられています。廟の大きさとして世界第1位の敷地面積を誇り、また、収容人員の面でも世界第2位の規模をもちます。

Mashhad is the one of the largest cities in Iran and the capital of Razavi Khorasan Province. Located in the Northeast of the country, Mashhad is the best known for its spiritual pilgrimage mausoleum of Imam Reza (the eighth Imam of Twelver Shia). And also, there is a lot of attractive sightseeing spots like museums, parks, shopping centers, and recreational sites in this mega city. Mashhad always offers something unique to pilgrims or tourists irrespective of age. There is rich nature and beautiful architecture. Mashhad is at once the traditional and the modern place. And what makes Mashhad known as the spiritual capital of Iran is Imam Reza Holy Shrine which is the pilgrimage place for Muslims to worship their 8th holy Imam been buried in there. Imam Reza Holy Shrine is the largest shrine by size and the second largest by capacity in the world.

0814_1.jpg

0814_2.jpg


■ イマーム・レザー廟 Imam Reza Holy Shrine

年間2,000万人以上の巡礼者が訪れるイマーム・レザー廟はイラン国内でも有数な観光地の一つとなっています。また宗教上の理由以外にもその建物の雄大さや美しさにより世界中から観光客がイマーム・レザー廟を訪れてきます。
廟内には素晴らしい伝統的なイラン・イスラム建築様式の建物、どこから見ても煌びやかな黄金のドームやミナレート(塔)があります。また各々の建物にはモザイク模様やガラス細工も施されています。イマーム・レザー廟の美しさと荘厳さはイスラム教・シーア派の巡礼者のみならず、一般の観光客も魅了しています。また廟内には外国人観光客向けの国際部があり、海外からの訪問客に対応するために英語のガイドを用意しています。

More than 20 million pilgrims visit the Imam Reza Holy Shrine per year. It has turned this place to the centre of tourism in Iran. Besides religious secrecy, this shrine has attracted lots of tourist from all over the world since it is so magnificent and beautiful. The traditional Iranian and Islamic architecture are impressive in the shrine. And the golden dome and minarets are flashing in all aspects. Inside of architecture are beautifully embellished with mosaic and glass works. The beauty and the glory of the shrine enthralled not only Muslim pilgrims but also Non-Muslim visitors. There is the international office to assist foreigners in the shrine. The office offers English speaking guides to deal with visitors from foreign country.

0814_3.jpg

さらにイマーム・レザー廟内部にある、大きな図書館や本屋、また昔から伝わる聖書・絨毯・その他道具等を所蔵している博物館が入ったゴーハル・シャード寺院は有名です。ナガレ・カーンの音色は日の出と日の入り前のお祈りの時間を告げます。特別な楽器によるその音色はとても素晴らしく幻想的です。

In addition, the Imam Reza Holy Shrine complex contains the Goharshad Mosque is famous for the big public library, the bookstore, and the museum has a collection of old holy books, carpets and tools, The sound of Naghare Khane tells prayer times before sunrise and sunset. Naghare Khane by playing special musical instruments makes it very impressive and fantastic.

0814_4.jpg


■ 廟の鳩たち The pigeons fly over the shrine

もう一つイマーム・レザー廟の特色として忘れてならないのはハトです。ハトはイマームの善行、寛容、慈悲の教えを掲示していると考えられています。イマーム・レザー廟の空をハトたちが自由に飛ぶのを見ることができるのはもちろんですが、廟内にある庭からドームの頂上などいたるところでもハトを見ることができます。なおイマーム・レザーの巡礼者がハトへ麦の種子を与えることは祈りの意味も込められているそうです。

Another special thing of the Imam Reza Holy Shrine is pigeon, which we should not forget about it. The pigeons live in the shrine are considered as signs of Imam’s beneficence, generosity, and mercy. We are able to see these beautiful birds flying freely over the court. And also we can see them everywhere, like the top of the dome and the courtyard and so on. It is thought that there is a meaning of pray behind the pilgrims feed the pigeons on wheat seeds.

スピリチュアルな時間を過ごすためイマーム・レザー廟はいつも沢山の人々で賑わっています。イマーム・レザー廟を始めとする観光スポットが、ここ中東の一角にあるマシャッド市を世界中の人々を引き付ける場所にしています。

The holy shrine of Imam Reza is crowded with people who visit there so as to spend spiritual time This shrine and other tourist attractions have turned Mashhad is located Middle East into the place attracts people from all over the world.

0814_5.jpg

http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-afghan.html
アフガニスタン国内での人道支援(イラン・マシャッド)
http://www.kyoto-nicco.org/project/iran_afghanistan/index.html
イランにおけるアフガニスタン難民支援(イラン・テヘラン)

2015年8月14日
posted by NICCO at 02:14| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。