2015年02月27日

【シリア人道支援】カウンセリング 女性向けカフェ レクチャー by Islamic Ministry

こんにちは!
ヨルダン事務所インターンの岡です。
2月に入りましたね!最近1週間が過ぎるのがとても早いです。
このブログを書くのもあと数回かと思うと少しだけ寂しい気がしますねー。少しだけ。
さて、7回目のブログは女性向けカフェで行われているレクチャーについてお伝えします!

■女性向けカフェ レクチャーとは
女性向けカフェは週に1回開かれているオープンスペースです。ここでは社会的に弱い立場のシリア難民、ヨルダン貧困層の女性が集まり、自由な時間を過ごすことで日常生活でのストレスや悩みから解放されリフレッシュすることを目的としています。
女性向けカフェで、おしゃべりはもちろんのこと、ダンス、メイク・ヘアーアップ教室、その他講師を招いてのレクチャーなどその時々で様々なことに参加できます。

2月4日の女性カフェでは政府イスラム省、ビジネスウーマンセンターから講師を招き、「イスラムに基づくより良い生き方」についてのレクチャーが行われました。

001.jpg

↑講師(前方右)によるレクチャーの真最中。

レクチャーは午後1時から1時間ほどで、20~25人の女性たちが参加しました。
内容は、自分のコミュニティーでの生き方や、そこに生じる人間関係や価値観の違いなど、様々な問題に対してどのような姿勢で向き合うべきかを、イスラム教の教えから学ぶものでした。

自分が育ってきた土地を離れて、文化も価値観も違う全く知らない国に移り住んでいる彼女たちが、現在のコミュニティーですぐに折り合いをつけて上手く暮らすのはなかなか難しいことなのではないでしょうか。
今回のレクチャーがそれぞれ自分のいる環境にどのように向き合って生活していくべきかのヒントになっていればと思います。

最後に、今回参加していた女性たち(うち10人ほど)に少しだけインタビューしてみました。

Q女性カフェはどうですか?

A
・とてもくつろげる時間で毎週待ち遠しい!
・家族のほとんどがシリアに残っていて、今まではこちらでの生活が心細く寂しかった。でもこの場に来ていろんな人と出会い人間関係・絆ができたので嬉しい!寂しくない!
・新しい人間関係だけでなく、レクチャーによって様々な新しい知識を得ることができるのが楽しい、嬉しい!

などなど、様々な意見が口々に飛び出していました。

インタビューの間、みんな目を輝かせながらイキイキと楽しそうに話してくれたのが何よりも印象的でした。

これからも女性カフェが女性たちにとって欠かせない場所であってくれればうれしいです。




*NICCODのシリア内戦の被災者に対する人道支援事業 (ヨルダン人貧困層に対する支援を含みます)
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/syria001.html
*“JORIA” Facebook:
https://www.facebook.com/joriaforwomen?ref=ts&fref=ts
*JORIA オンライン販売サイト:SOUQ HALAB(スークハラブ)
http://eathalal.jp/

※JORIAとは本事業の女性向けプログラム参加者の中から有志が立ち上げた制作グループです。


☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 13:44| Comment(0) | ヨルダン・シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。