2015年02月12日

【東北】いのちを語りつぐ会

おはようございます。東京インターンの中坪です。

私は先日、東京事務所でのインターンを終え、ずっと気になっていた東北に行ってきました。
NICCOは現在、東北に事務所を持っていないため、「閖上の記憶」を共同運営している認定NPO法人 地球のステージ様の事務所(宮城県名取市)にお邪魔しました。

*閖上の記憶↓
http://kyoto-nicco.seesaa.net/category/12482826-4.html

3日間と短い時間の間に、イベント「いのちを語りつぐ会」や、閖上の記憶、語り部の方のお話、慰霊碑、震災後は使われていない中学校、閖上あみーずの活動等、様々なことを見聞きし、考えました。
それぞれがとても深く心に残っていて、一体ブログをどうまとめようかと頭を悩ませながらパソコンに向かっています。

*閖上あみーず↓
http://yuriageamiizu.com

ここでは、「いのちを語りつぐ会」のことを中心に書くことにします。

図1.jpg
▲豪華な旅館の大きなホールがほぼ満席に!老若男女を問わず様々な方が講演に耳を傾けていました。

図2.jpg
▲イベント概要

プログラム上の「向き合う」「語りつぐ」という言葉にお気づきでしょうか?

地震や津波の恐怖・悲しみがストレスとなり、震災直後の被災者の方々には、
異常なハイテンション、集中力ややる気の喪失という症状が見られました。

「思い出したくない」と封じてしまいがちな壮絶な記憶に、
あえて向き合い受け止めることで気持ちを昇華しよう。

そういった意図で「向き合い」「語りつぐ」活動が行われるようになりました。

図3.jpg
▲「向き合う」活動の一つ。紙粘土で再現した「第一段階:震災前のわたしたちの街」

図4.jpg
▲「第三段階:未来のわたしたちの街」地震や津波を防ぐための建物・道具に注目。この前に第二段階として震災後の街の再現が入ります。

イベント中、語り部として参加された方にも、震災で息子さんを亡くした悲しみと後悔とで、震災直後は外に出る気持ちの余裕もなかったという方がいらっしゃいます。その方も今は、時に県外にまで出向いて、語り部の活動をしているそうです。

震災直後の様子から現在に至るまでに一体どれだけの葛藤があったのだろうと想像すると、「外」にいた自分は、とりとめもなく切実な現実を「震災」「復興」という端的な言葉のイメージに集約してでしか理解できていなかったのだと痛感しました。

図5.jpg
▲閖上中学校の前に置かれた机。

震災当日の朝には挨拶していた近所の人が津波で流されてしまった話、
2011年の4月は桜が綺麗だと思う心の余裕もなかったという話、
被災の程度によって被災者の間でも溝ができている話、

3日間の滞在で、様々な方からお話を聞くことができました。

ただ、今回お会いできた方は、心のケアによって震災のことを話すことができるようになった方々。
その方々のお話にある「震災から時間が止まったような」感覚から、
今も抜け出せずにいる人がいることを忘れずにいたいと思います。

図6.jpg
posted by NICCO at 10:32| Comment(0) | 東北事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。