2015年02月27日

【シリア人道支援】カウンセリング 女性向けカフェ レクチャー by Islamic Ministry

こんにちは!
ヨルダン事務所インターンの岡です。
2月に入りましたね!最近1週間が過ぎるのがとても早いです。
このブログを書くのもあと数回かと思うと少しだけ寂しい気がしますねー。少しだけ。
さて、7回目のブログは女性向けカフェで行われているレクチャーについてお伝えします!

■女性向けカフェ レクチャーとは
女性向けカフェは週に1回開かれているオープンスペースです。ここでは社会的に弱い立場のシリア難民、ヨルダン貧困層の女性が集まり、自由な時間を過ごすことで日常生活でのストレスや悩みから解放されリフレッシュすることを目的としています。
女性向けカフェで、おしゃべりはもちろんのこと、ダンス、メイク・ヘアーアップ教室、その他講師を招いてのレクチャーなどその時々で様々なことに参加できます。

2月4日の女性カフェでは政府イスラム省、ビジネスウーマンセンターから講師を招き、「イスラムに基づくより良い生き方」についてのレクチャーが行われました。

001.jpg

↑講師(前方右)によるレクチャーの真最中。

レクチャーは午後1時から1時間ほどで、20~25人の女性たちが参加しました。
内容は、自分のコミュニティーでの生き方や、そこに生じる人間関係や価値観の違いなど、様々な問題に対してどのような姿勢で向き合うべきかを、イスラム教の教えから学ぶものでした。

自分が育ってきた土地を離れて、文化も価値観も違う全く知らない国に移り住んでいる彼女たちが、現在のコミュニティーですぐに折り合いをつけて上手く暮らすのはなかなか難しいことなのではないでしょうか。
今回のレクチャーがそれぞれ自分のいる環境にどのように向き合って生活していくべきかのヒントになっていればと思います。

最後に、今回参加していた女性たち(うち10人ほど)に少しだけインタビューしてみました。

Q女性カフェはどうですか?

A
・とてもくつろげる時間で毎週待ち遠しい!
・家族のほとんどがシリアに残っていて、今まではこちらでの生活が心細く寂しかった。でもこの場に来ていろんな人と出会い人間関係・絆ができたので嬉しい!寂しくない!
・新しい人間関係だけでなく、レクチャーによって様々な新しい知識を得ることができるのが楽しい、嬉しい!

などなど、様々な意見が口々に飛び出していました。

インタビューの間、みんな目を輝かせながらイキイキと楽しそうに話してくれたのが何よりも印象的でした。

これからも女性カフェが女性たちにとって欠かせない場所であってくれればうれしいです。




*NICCODのシリア内戦の被災者に対する人道支援事業 (ヨルダン人貧困層に対する支援を含みます)
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/syria001.html
*“JORIA” Facebook:
https://www.facebook.com/joriaforwomen?ref=ts&fref=ts
*JORIA オンライン販売サイト:SOUQ HALAB(スークハラブ)
http://eathalal.jp/

※JORIAとは本事業の女性向けプログラム参加者の中から有志が立ち上げた制作グループです。


☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 13:44| Comment(0) | ヨルダン・シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

持続可能な社会に向けて〜NICCOが出来ること〜

こんにちは。京都本部の福島です。
1月31日行われたシンポジウム「持続可能な社会に向けて〜国際社会の目標と私達にできること〜」にマラウイ事務所にて活動していたスタッフ、原田悠子が登壇しました!

■持続可能な開発目標とは?
飢餓や貧困など、主に発展途上国が抱える課題に対する目標として、国連が設定した「ミレニアム開発目標(MDGs)」。
しかし、環境問題や人口増加の問題など、世界を取り巻く状況は変化しているため、さらに先を見据えた「持続可能な開発目標(SDGs)」が必要とされています。今、新たな目標の設定に向けて国際社会は動き出しています。
今回は「持続可能な開発目標」の設定に向けて、市民の声を聞こう!という目的でシンポジウムが開催されました。
図1.jpg
△プレゼン中

■NICCOの持続可能な開発とは?
NICCOのミッションのひとつ、環境に配慮した自立支援に、マラウイでの活動事例があります。NICCOは、マラウイで2014年までの7年間「飢餓の起きない村づくり」を行ないました。
マラウイでは、村人の生活状況を改善すると同時に、植林を行なったり、衛生的なトイレを建設したり、環境にも配慮した村づくりを行なっていました。
村人の生活が改善されても、環境を壊して住めないような村にしてしまっては本末転倒だからです。

今回のプレゼンでは、プロジェクトの中でも、便(うんち)と尿(おしっこ)を分けて集め、たい肥として畑に還元できるエコサントイレを中心に発表しました。
このエコサントイレは、村の水環境や衛生環境を改善するという、地球環境に対するメリットだけでなく、「たい肥が取れる」という村人へのメリットがあります。そのため、化学肥料を買えない村人たちに、エコサントイレは歓迎されています。

図2.jpg
△皆さん、熱心に聞いて下さいました!

■「今、どうなりたいか?」「将来どんな村にしていきたいか?」
プレゼンで原田がこのように話しました。
“「今、現在どうなりたいのか?」「これからどういうコミュニティにしていきたいか?」その2つのバランスが大事。そして、私たちの意見を押し付けるのではなく、村人の意見をよく聞くこと・話し合うことが大事です。“

NICCOは現場で、村人に一番近いところでいつも活動しています。
村人からは色々な意見が寄せられます。収入を増やしたい、収穫量を増やしたい、綺麗なトイレが欲しい、日本に住む私たちが持つ願望をマラウイの村人も持っています。

その中で、「今、どうなりたい?」「将来どんな村にしていきたい?」という2つの視点を持って現場の声を聞き、プロジェクトを進めることをNICCOはとても大事にしています。

図3.jpg
△村での活動の様子

■最後に
「持続可能な開発目標(SDGs)」と聞くと、壮大なテーマに感じてしまうかもしれませんが、一人一人の意識の積み重ねが、将来の環境を作っていくのではないでしょうか。
持続可能な社会は、先進国だけでも、途上国だけでも実現できません。
NICCOの環境に配慮した自立支援を通して、少しでも身近に感じてもらえればと願っています。

マラウイ「飢餓の起きない村づくり」:http://www.kyoto-nicco.org/project/malawi/cat66/malawi-index.html
マラウイでの経験を生かしてケニアで活動しています。「エコサントイレの活用を中心とした村づくり」
http://www.kyoto-nicco.org/project/kenya/index.html

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 10:43| Comment(0) | 京都本部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

【ミャンマー少数民族支援】エコサントイレ見学会

ミンガラーバー(こんにちは)。ミャンマー、パ・アン事務所の木村です。1月より赴任し、初めて東南アジアの地を踏みました。人々は穏やかで、気候も今は乾季で晴れ続き、とても過ごしやすい印象です。

今回は1月29日に事業地のシュエドウ村とメティヨ村で行われたエコサントイレ見学会について報告します。エコサントイレのモデル設置世帯以外の村人を広く募り、より多くの人にエコサントイレへの理解を深めてもらうことを目的として行いました。

myanmeco1.jpg

学校でエコサントイレを使っている子どもたちにはすでに使い方を指導していますが、その親や、隣近所のエコサントイレを借りて使用する人たちにも正しい使い方を知っておいてもらう必要があるため、このような機会を設けました。

まず、エコサントイレを使っている家庭を訪問し、トイレや菜園を見せてもらいます。

myanmeco2.jpg

トイレの内部に興味津々。

myanmeco3.jpg

家庭菜園見学中。

次に、エコサントイレを使うメリットや、正しい使い方をスタッフが説明します。


myanmeco4.jpg

トイレの図を描いてわかりやすく説明しています。

最後に、NICCOの保健ボランティアさんに協力してもらい、手洗い講習会も行いました。正しい手洗い方法を学び、トイレの後に手を洗うことを習慣づけてもらうためです。


myanmeco5.jpg

メティヨ村では、学校でエコサントイレを使用している子どもたちが「わたしたちのトイレ」というお題で事前に作文を書いてくれていて、その発表会も行いました。

myanmeco6.jpg

熱心に作文を書く様子。

myanmeco7.jpg

発表の様子。
「わたしたちの学校のトイレの名前はエコサンです。」
「トイレの後には石鹸で手を洗います。」

シュエドウ村では、家にエコサントイレを建てたウー・チータンさんに、体験談を語ってもらいました。


myanmeco8.jpg

「今後40年エコサントイレを使うぞ!」という意欲に満ち溢れたスピーチでした。家庭菜園で尿を水で薄めたものを撒き、すでに効果を実感しているそうです。

このように内容盛りだくさんで行った見学会、反省点は多々ありますが、わたしも現地スタッフも運営面で多くのことを学ぶよい機会となりました。次回からの活動に生かしていきたいと思います。


myanmeco9.jpg

エコサントイレをこれからも正しく使い続けてもらえるよう、指導・モニタリングを続けていきます。



☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 11:24| Comment(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。