2015年01月27日

【シリア人道支援】物資配布プログラム

こんにちは!
ヨルダン事務所インターン生の岡です。
最近首都のアンマンでは雪が降り、私たちのアパートのあるアンマン市内シメサ二地区もかなり雪が積もりました!ヨルダンは冬でももっと温暖なイメージだったので驚きでした。日本の冬と変わらない寒さです。(泣)

さて今回は、NICCOの行う物資配布プログラムについてお伝えします。

物資配布プログラムとは?
シリアからザルカ市内に避難して来た難民と、それを受け入れている地域のヨルダン人貧困層に対して越冬支援物資、衛生用品、スクールキット等を配布しています。これにより、シリア難民の厳しい避難生活と地域のヨルダン人貧困層の負担を緩和します。

支援を必要とするシリア難民は、自ら当会ザルカ支援センターに赴き、NICCOのデータベースに登録します。登録を済ませるとNICCOの支援対象者になります。
図1.jpg
↑登録に訪れるシリア難民(右)と彼女らの情報をデータベースに打ち込む現地スタッフ(左)

ザルカ支援センターではシリア難民であることを証明するUNHCR発行の難民証明証、ザルカに住んでいることを証明するためのザルカ住民証明カードを提示します。NICCOの裨益者情報データベースにはそれら証明証の詳細のほか住所・電話番号・家族構成などの個人情報を登録します。
毎日、続々とシリア難民の人々がセンターを訪れ、個人情報の登録や更新を行っています。
多いときには部屋に入りきらず外の階段まで列ができることもあります。

データベースにはこれまでで11,000世帯(約55,000人)のシリア難民が登録されています。

図2.jpg
↑2012年12月から現在までに登録されているシリア難民情報を控えたファイルたち

と、いつものセンター登録所はこのような様子です。

そしてここからは物資配布プログラムから、最近行われた家庭訪問についてお伝えしたいと思います。

1月14日から7日間、14人(2人1チーム)で次回の越冬支援物資配布(2015年2月予定)のために600世帯ほどのシリア難民家庭訪問が行われました。

次回の物資配布の対象は500世帯で、配布物はガスヒーター、ガスシリンダー、ガス補充チケットとブランケットです。

この家庭訪問は、NICCOのデータベースに登録済みのシリア難民の中から、物資の必要性を確認し、物資配布対象とする500世帯を抽出するためのものです。
図3.jpg
↑家庭訪問予定の家族リスト(住所・電話番号・家族構成など)

各チームがこのリストを頼りに車でザルカ県内に散らばるシリア難民の家を1日20~30軒訪問して回ります。

図4.jpg

ザルカ市内の道は複雑で、現地スタッフでも土地勘のない場所もあります。わからない場合は道行く人々にたずね、訪問先の家族に誘導してもらってやっとたどり着きます。携帯電話と軽いフットワークが欠かせません。

訪問先のお宅に着きました!
図5.jpg
↑ようやく見つけた訪問先のお宅

さっそく家にお邪魔してリビングや寝室など次々と部屋の様子や生活状況(特に家族人数に見合ったガスヒーターやブランケットがあるかどうか)を確認して物資配布が必要な世帯かどうかを評価します。

図6.jpg
↑アセスメント用紙にこの世帯の個人情報を記入しているところ

こうして7日間で7チームがそれぞれの家庭訪問で行った評価をもとに次回の物資配布対象となる500世帯を選出します。

次回の物資配布が無事行われ、私たちが見てきたような物資を本当に必要としている世帯に必要なものが届き、厳しい生活が少しでも緩和されることを願います。

最後に、物資配布からすこしずれますが今回の家庭訪問で裨益者との会話を通して思ったことです。
どの家族も言っていたのは「お金が必要」ということです。
しかし、シリア難民がヨルダン国内で職に就くことは認められていません。このことがシリア難民にとって生活するうえでの最大の障壁になっているのではないかと思いました。
ザルカ市内に住む彼らの家はすべて借りている家で、彼らにとって決して安いとは言えない家賃を毎月支払わなくてはいけません。収入を創出できない彼らの大半は少しずつ貯金を切り崩して生活費に充てているようです。
ヨルダンでの避難生活が長引けば長引くほど貯金は底をつきます。そうなった場合彼らはどうなるのでしょうか?
私が同行させてもらったチームが訪問することになっていたいくつかの世帯はすでにそこには住んでおらず、難民キャンプに移動していました。このように市内で生活できなくなった世帯はほかに行く場所もなく難民キャンプに移動せざるを得ないことが多いようです。しかしキャンプの生活環境はとても劣悪です。
職に就けず収入の限られた彼らが、少しでも環境の良い場所で暮らし続けるためには、より一層外部からの援助を受け続けることが必要不可欠になっていくのではないかと思いました。



*NICCODのシリア内戦の被災者に対する人道支援事業 (ヨルダン人貧困層に対する支援を含みます)
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/syria001.html
*“JORIA” Facebook:
https://www.facebook.com/joriaforwomen?ref=ts&fref=ts
*JORIA オンライン販売サイト:SOUQ HALAB(スークハラブ)
http://eathalal.jp/

※JORIAとは本事業の女性向けプログラム参加者の中から有志が立ち上げた制作グループです。

ヨルダン事務所
ザルカ支援センター
インターン生
岡 玖美

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 11:02| Comment(0) | ヨルダン・シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。