2015年01月13日

【東北 子どもの夢応援団プロジェクト】キヤノンMJ共催「みんなの笑顔プロジェクト」写真教室:2014年12月13日気仙沼向洋高校

こんにちは、東京事務所スタッフの八木です。
昨年の12月13日、キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下キヤノンMJ)様とNICCOの共催イベント「みんなの笑顔プロジェクト」写真教室が、気仙沼向洋高校で開催されました。この日は朝方の気温が0℃、夕方には-3℃と大変寒い日でしたが、当日は気仙沼向洋高校、気仙沼高校、本吉響高校の3校の写真部部員が集まり、寒さも何のその、真剣にファインダーを覗き、シャッターを切りながら、写真のノウハウを学びました。

MJ1.jpg

当日は写真家の広田泉氏(写真上)に、教室でのレクチャーから、校舎を出て実際の撮影、撮った写真の総評と、熱心に講義していただきました。(広報として写真を撮ることも多く、自分の撮った写真を見て毎回泣きたくなる私にとっても、大変良い勉強になりました。)


MJ2.jpg

参加した生徒たちは、蛇口から出る水、水たまりにはった氷、電車のミニチュア、そしてそれを撮る友人をファインダー越しに見つめ、冬の日を写真に収めていきます。

写真教室会場の気仙沼向洋高校は東日本大震災で被災しました。津波は校舎の4階にまで達し、校舎は全壊しました。生徒は気仙沼高校の第2グランドに建設された仮設校舎で学んでいます。本校舎は 2018 年に完成予定です。

気仙沼向洋高校写真部顧問の畠山茂樹先生はこうおっしゃいます。
「震災以降、3年間ずっと仮設校舎で学ぶ生徒もいます。彼ら彼女らが卒業後、新しい校舎が完成し、仮設校舎が無くなれば、自分たちが3年間過ごした思い出の校舎が無くなります。そのためにも、現在の気仙沼向洋高校の思い出として写真を残したいのです。」

この日撮った写真はプリンターで綺麗に印刷していただき、撮影した生徒に渡されました。
卒業して何年後かに、その写真を手に取り、写真教室のあった冬の日を思い出してもらえれば幸いです。

MJ3.jpg


キヤノン MJ 様は、東日本大震災の被災地の復興支援活動として、2012 年から被災地のコミュニティづくりを支援する「みんなの笑顔プロジェクト 〜Smile for the Future〜」を実施しています。

キヤノンMJ「みんなの笑顔プロジェクト」
http://cweb.canon.jp/csr/egao/index.html
NICCO 「NICCOの東日本大震災被災者支援」
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-tohoku.html


☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 15:50| Comment(0) | 東北事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。