2015年01月16日

【シンポジウムのお知らせ】1/30(土)「持続可能な社会に向けて〜国際社会の目標と私達にできること〜」@京都

京都本部の福島です。
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

さて、イベントのお知らせです!
昨年12月に、マラウイで3年間活動してきた原田悠子が、プロジェクト終了に伴い本部に帰任しました。今回、マラウイでの経験を生かして、シンポジウムに登壇・講演することになりましたので告知いたします!

悠子さん.jpg
美人マネージャー悠子さん。

■シンポジウム概要
「持続可能な社会に向けて〜国際社会の目標と私達にできること〜」
○ 場所: リーガロイヤルホテル京都 二階「ル ボワ」
    (京都市下京区東堀川通り塩小路 下ル松明町1番地)
    アクセス>> http://www.rihga.co.jp/kyoto/access/index.html
○ 日時:2015年1月30日 13:00-16:00
○ 主催:環境省 環境研究総合推進費 S-11持続可能な開発目標とガバナンスに関する総合的研究(POST2015)
○ 参加費:無料
○ 参加登録:メールアドレス「kyoto2015ws@gmail.com」にてお申し込みください。

2000年に設定された、「ミレニアム開発目標」が、今年15年目の節目を迎えます。
2000年9月、飢餓や貧困といった主に発展途上国が直面する課題に対する目標として国連はこの「ミレニアム開発目標」を設定しました。
現在、国際社会ではその先を見据え、「持続可能な開発目標」の設定に向けた活発な議論がなされています。
発展途上国にとっての課題だけでなく、先進国にとっての環境問題なども踏まえ、新しい国際目標として世界全体が取り組めるものを明らかにしようという意識が高まりつつあります。

そうした国際的な動向を踏まえつつ、今後どのような社会を形成していくべきか、
そしてそのためにはどのような取組ができるのか、可能なかぎり多くの人々がそれぞれの立場から意見を出していくことが大事とされます。

本ワークショップでは、京都を中心に様々な取組を進める方々と、国際的に議論が進む「持続可能な開発目標」について一般市民に広く周知しつつ理解を共有しながら、「持続可能な社会」とそのためにそれぞれができる取組について考えます。
バランスのとれた議論を実現するために研究者だけでなく実践者を講演者に迎え、市民にとって国際目標がどのように影響があるのか、市民ひとりひとりができることは何か等をテーマに議論を行ないます。

プログラム(予定)
13:00 開会
13:00-15:00 セッション1:講演 -持続可能な開発とは?-
● 森秀行 (地球環境戦略研究機関(IGES)所長)
● 森晶寿 (京都大学大学院 准教授)
● 豊田陽介 (NPO法人 気候ネットワーク主任研究員)
● 原田悠子 (公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)海外事業部課長)
15:00-16:00 パネル・ディスカッション
ファシリテータ: 森秀行 (地球環境戦略研究機関(IGES)所長)
パネリスト:
●森晶寿 (京都大学大学院 准教授)
●豊田陽介 (NPO法人 気候ネットワーク主任研究員)
●原田悠子 (公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)海外事業部課長)
16:00 閉会


■最後に
マラウイでは、現場に一番近い所でプロジェクトを進めてきたNICCO。現場での経験を踏まえ、私達市民ひとりひとりに何が出来るかをお伝えできる機会となればと思っています。
皆様ぜひお越し下さい!

参考:POST2015 http://www.post2015.jp/

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 08:00| Comment(0) | 京都本部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

【ケニア事務所】家庭訪問&聞き取り調査を実施しています

ケニア1.jpg
▲聞き取り調査を行うNICCO調査員のラウラ&ファニス(手前)


少し遅くなりましたが、ヘリヤムワカムピヤ!(スワヒリ語で「明けましておめでとう!」)
ケニア事務所の佐藤です。
キリスト教徒の多いケニアでは、クリスマスの方が盛大ですが、
年末年始は地元で食べて飲んでパーティして…というのが一般的なようです。


NICCOがケニア南西部のブシアンガラ村で開始した、農村支援プロジェクト。
まずは、村の人たちの現状を知るための基本調査(ベースラインサーベイ)を実施します。
この結果を、プロジェクトを終了する際に行う調査の結果と比較することで、
何が成功して、何が不十分だったかを知ることができます。

調査開始前に、7名の調査員を集めてトレーニングが行われました。

ケニア2.jpg


調査内容は、家族構成や家計に関すること、
育てている農作物や家畜、水やトイレへのアクセスなど、多岐にわたります。
正確なデータを取るために、調査員たちもものすごく真剣です。

ケニア3.jpg


日本のように郵便やネットで…というわけにはいかないので、
調査員が1軒1軒、徒歩で家庭を訪問し、聞き取り調査をしていきます。

ケニア4.jpg

調査を進めていくと、やはり水へのアクセスが大きな問題であることがわかりました。
片道2時間以上かかる水場に、1日に何度も水汲みに行く、という家庭も。
長くて傾斜の激しい道のりを往復するのは、多くの場合、女性と子どもたちです。

この調査が完了すると、いよいよ活動開始です。
既存の井戸の修繕や、水道パイプを延長することで、
女性や子どもたちの水汲みの負担を減らす取り組みも行う予定です。

これからも、活動の様子をお届けしていきます。
トゥオナナ!(また会いましょう!)


ケニア5.jpg
▲NICCO現地スタッフと調査員たち。頑張るぞー!

※このプロジェクトは、外務省日本NGO連携無償資金協力、国土緑化推進機構「緑の募金」の助成を受け実施しています。

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 11:16| Comment(0) | ケニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

【東北 子どもの夢応援団プロジェクト】キヤノンMJ共催「みんなの笑顔プロジェクト」写真教室:2014年12月13日気仙沼向洋高校

こんにちは、東京事務所スタッフの八木です。
昨年の12月13日、キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下キヤノンMJ)様とNICCOの共催イベント「みんなの笑顔プロジェクト」写真教室が、気仙沼向洋高校で開催されました。この日は朝方の気温が0℃、夕方には-3℃と大変寒い日でしたが、当日は気仙沼向洋高校、気仙沼高校、本吉響高校の3校の写真部部員が集まり、寒さも何のその、真剣にファインダーを覗き、シャッターを切りながら、写真のノウハウを学びました。

MJ1.jpg

当日は写真家の広田泉氏(写真上)に、教室でのレクチャーから、校舎を出て実際の撮影、撮った写真の総評と、熱心に講義していただきました。(広報として写真を撮ることも多く、自分の撮った写真を見て毎回泣きたくなる私にとっても、大変良い勉強になりました。)


MJ2.jpg

参加した生徒たちは、蛇口から出る水、水たまりにはった氷、電車のミニチュア、そしてそれを撮る友人をファインダー越しに見つめ、冬の日を写真に収めていきます。

写真教室会場の気仙沼向洋高校は東日本大震災で被災しました。津波は校舎の4階にまで達し、校舎は全壊しました。生徒は気仙沼高校の第2グランドに建設された仮設校舎で学んでいます。本校舎は 2018 年に完成予定です。

気仙沼向洋高校写真部顧問の畠山茂樹先生はこうおっしゃいます。
「震災以降、3年間ずっと仮設校舎で学ぶ生徒もいます。彼ら彼女らが卒業後、新しい校舎が完成し、仮設校舎が無くなれば、自分たちが3年間過ごした思い出の校舎が無くなります。そのためにも、現在の気仙沼向洋高校の思い出として写真を残したいのです。」

この日撮った写真はプリンターで綺麗に印刷していただき、撮影した生徒に渡されました。
卒業して何年後かに、その写真を手に取り、写真教室のあった冬の日を思い出してもらえれば幸いです。

MJ3.jpg


キヤノン MJ 様は、東日本大震災の被災地の復興支援活動として、2012 年から被災地のコミュニティづくりを支援する「みんなの笑顔プロジェクト 〜Smile for the Future〜」を実施しています。

キヤノンMJ「みんなの笑顔プロジェクト」
http://cweb.canon.jp/csr/egao/index.html
NICCO 「NICCOの東日本大震災被災者支援」
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/index-tohoku.html


☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 15:50| Comment(0) | 東北事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。