2014年11月27日

【イベント報告】「忘れないでアフガニスタン」 @築地 本願寺 蓮華殿

こんにちは。
東京事務所インターンの王です。
11月24日に築地本願寺で開催された「忘れないでアフガニスタン」のイベントの模様を
報告いたします。

日々激変する世界情勢の中で、長く紛争状態の続くアフガニスタンに対する
関心が薄れつつある昨今、同国復興への長期の支援を国際社会に訴えるため、
この日、イベントには150人の方々が集まってくれました。

イベントでは多くの国際映画祭で様々な賞を受賞した、ハナ・マフマルバフ監督の映画
「子供の情景」が上映されました。
大人が作った世界に惑わされた子どもたち、「暴力」が溢れる環境、
そんな中でも教育に熱心に取り組む人々の姿が描かれた作品を通して、
参加者はアフガニスタンの子供たちの置かれた状況に思いを巡らせたことと思います。

また、トークセッションが開催され、駐日アフガニスタン大使館二等書記官 モハメド・ヤーセル・カリミ氏、カレーズの会の理事長であるレシャード・カレッド氏、ADRA Japanプログラム・オフィサー杉本亜季氏、外務省 中東アフリカ局参事官 三澤康氏、シャンティ国際ボランティア会アフガニスタン事務所長 三宅隆史氏、のアフガニスタンに詳しい専門家の皆さんが同国の現状と必要とされる日本からの支援について話し合いました。

私たちはグローバルな社会にいるからこそ、外国の問題を避けられなくなっています。
トークセッションを聞き、遠く離れた中央アジアのアフガニスタンが再度不安定化すれば、
日本もその影響から逃れることはできない、と感じました。
アフガニスタンには、特に地方でのインフラの未整備、電力や飲用水の不足、
なかなか改善されない保健衛生環境、各分野での人材の不足など、多くの問題が山積しています。
今までの国際社会によって、改善された分野がある反面、まだまだ息の長い支援が必要があると
実感しました。

・「忘れないでアフガニスタン」のプラカードを持って、写真を撮っている参加者
IMG_1060.jpg

・駐日アフガニスタン大使 セイエド・M・アミーン・ファティミ氏 (写真左側)
IMG_1162.JPG

・トークセッションの様子
IMG_1213.jpg
IMG_1297.jpg

・紛争の犠牲者への冥福とアフガニスタンの平和を願い、参加者でお祈りをしました。
IMG_1340.jpg
IMG_1337.jpg

・最後に集合写真です。
IMG_1343.jpg

今回のイベントでは多くの方々のご協力の元で無事に開催できました。
本当にありがとうございました。
これからも継続的に人道支援をし、アフガニスタンの「平和」な暮らしをみなさんと共に作ります。
またよろしくお願いします。

「忘れないでアフガニスタン」特設サイト
http://www.japanplatform.org/event/20141124af/


☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 12:11| Comment(0) | 東京事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。