2014年11月21日

国際協力イベント「清水寺で世界を語る〜共に生きる国際協力〜」に参加しました!

広報の福島です。

11月16日、京都で活動するNGOテラ・ルネッサンスさん、
世界の問題について学習する京都学園中学高等学校さん、京都府立東稜高等学校さん、
「動く→ 動かす」さん、桧垣バレエ団さんと一緒に、そして清水寺さんと
国際協力イベントr「清水寺で世界を語る〜共に生きる国際協力〜」を行いました。

このイベントは、国際協力に関するパネル設置やブース出展、高校生と観客を交えてのトークセッション、「生きること」をテーマとするバレエの公演などを通じて、京都清水寺から平和の意味を発信する
イベントです。

紅葉シーズンの清水寺は、とにかく人・人・人!!

crowd.jpg

パレスチナ産オリーブオイルと、シリア難民女性向けワークショップ“JORIA”の
刺繍雑貨もよく売れました。

s2.jpg

NICCOの看板ムスメ達です。
ポップの「シリア」の文字を見て、足を止めてくれる方も多く、シリアに対する関心の高さを感じました。
関心を持っている方がいる、と思うと、それだけで何だか救われた気持ちになります。

そして、今回、はじめての試み「フォトランゲージ」を行いました!

s3.jpg

フォトランゲージとは、1枚の写真を見ながらその写真について意見を出し合うものです。
NICCOは、今年の夏、紛争により大きな被害を受けた「パレスチナ・ガザ地区」のがれきの中で遊ぶ子ども達の写真を使いました。

まず、「この写真はどこだと思う?」という質問をしたのですが、「アフリカ?」「いや、フィリピン?」「ミャンマー?」など色んな答えが返ってくることに驚きました。
ちなみに「ガザ!」という答えは0でした。。
「紛争があったパレスチナのガザ地区という所です」とお伝えすると、「へ〜」という反応で、「そんな紛争があったんだね」と興味を持って聞いていただけました。

私は、世界で起こっていることをたくさんの人に伝えたくて、広報担当になったのですが、こういう対面イベントは本当に良い機会だなあといつも思います。

来週は、カフェイベント(http://kyoto-nicco.seesaa.net/category/12482753-1.html)、再来週は、チャリティ・ラン京都(http://kyoto-nicco.org/charity_run/)と、11月はイベント続きです!
チャリティ・ラン京都はまだまだ参加者募集中です!

posted by NICCO at 18:33| Comment(0) | 京都本部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。