2014年10月16日

【ミャンマー少数民族支援】エコサントイレ建設 前半

みなさん、ミンガラ―バー(こんにちは)!ミャンマー、パ・アン事務所の調整・会計担当、小林です。ミャンマーはまだまだ雨季のはずですが、最近は快晴の日々が続いており、灼熱の毎日です。

さて、ミャンマー事業では、衛生環境改善支援として、環境に負荷のかからないし尿分離型のエコサントイレ導入を行っています。ミャンマー、特に農村部では、トイレの導入が進んでおらず、草むらをトイレ代わりにしている状態です。事業実施対象村のシュエドゥ村では152世帯中52世帯、メティヨ村では37世帯中27世帯がトイレを所有していません。また、一般的なトイレも、地面に穴を掘って排泄物を流し込むというもので、地下水や土壌の汚染につながる可能性もあります。また、雨季には、トイレからし尿があふれ出してしまう危険性もあります。

当会では、これまでにマラウイで1,000基以上のエコサントイレを建設してきましたが、ミャンマーでのエコサントイレ導入には、大きな問題がありました。マラウイとは異なり、ミャンマーでは、排せつの後に、水でおしりを洗う習慣があります。便を堆肥・肥料に変身させるには、水分が混入されてはダメなのです。このため、まず7月に、日本人建築専門家に現地調査を行ってもらい、ミャンマーの文化や風土に適したエコサントイレを設計してもらうことから始まりました。

続いて、8月に、エコサントイレの説明会を行い、モデル世帯の選定と、エコサントイレの建設を実際に行う10名の「エコサン・ビルダー」の選出を行いました。開発の事業は、ものをあげるだけでは、うまくいきません。住民の方々の自助努力促進のため、また、「自分たちのものなんだ!」というオーナーシップ増進のため、事業対象村のトイレを持たない世帯から、建設のための資機材を一部負担しても参加したいという希望者が選ばれました。

そして、今回、9月9日〜18日に、日本人建築専門家によるモデル基2基の建設を通じたビルダーへの技術移転を行いました。モデル基2基は、住民からの聞き取りを踏まえ、公共性が高いこともあり、メティヨ村の小学校に建設することになりました。ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、今回は、モデル基建設前半(9日〜13日)の様子をお伝えしたいと思います。

図1.jpg


まず1日目は、し尿分離に大切なフロア部分をつくります。真ん中の穴がおしりを洗った水の排水用で、両側の2つの大きい穴が便用、小さい穴が尿用です。

図2.jpg

次に、学校の裏の地面を平らにし、トイレの基礎部分を作ります。

図3.jpg

2日目からは、便を貯めるタンク部分の建設に取り掛かりました。

図4.jpg


タンク部分の端と端が同じ高さになっているか、確認します。

図5.jpg
9月のミャンマーは雨季まっただ中で、天候が心配の種でした。5日目に、日本人建築専門家の方と、朝に現場に到着すると、ブルーシートで簡易の屋根を作り、作業をすでに開始している姿が見られました。ビルダーのみなさん、本当に真面目&熱心です。

図6.jpg

日本人建築専門家の左官の技術にも興味深々です。積極的に「確認してください!」と声をかけてくれます。真剣な眼差しですね。

4日目までに、タンク部分の建設を完了して、エコサントイレ建設の前半は終了です。雨ニモ負ケズ、建設計画通りに進みました。次回は、モデル基建設後半分について、アップしたいと思います。

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 10:41| Comment(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

【ミャンマー少数民族支援】ボランティア研修・家族計画

ミンガラーバー!ミャンマー、パ・アン事務所の遠藤です。
今回は、保健ボランティア研修で行われた家族計画の講義についてお伝えします。

母子の健康、家族の経済的状況を考慮し、子どもの数や出産間隔を調節することを家族計画と呼びます。
家族みんなの健康と幸せのために、家族にとって最も適切な数の子どもを、
適切な時期に、適切な間隔で産めるように、妊娠・出産に計画性を持たせることです。

私たちのプロジェクトサイトの村では子どもの数が多い家庭が多く、
中には子どもが8人とか11人という家庭もあります。
妊娠を希望していないのに避妊をしていない夫婦が多く、計画外妊娠もめずらしくありません。
子どもの数が多いと育児が大変なだけではなく、経済的負担も大きくなります。
妊娠回数が多すぎると、母親が出産後に出血などの原因によって死亡する危険性も高まります。
また、母子の健康のためには子どもを産む間隔を2年あけることが推奨されていますが、
子どもを産んでから一年未満で再び妊娠する人もいます。
出産間隔が短いと、早産などのリスクが高くなると言われています。

サブセンターと呼ばれる村の医療施設では、経口避妊薬、注射薬、男性用コンドームが無料で提供されています。
では、なぜ村の人たちは避妊をしないのでしょうか。

妊娠を望んでいないのに避妊をしていない既婚女性に聞いたところ、
その理由の多くが「避妊をすると病気になるから」でした。
経口避妊薬や注射薬のホルモン剤を使用すると、一時的に吐き気や胸の張りなど副作用がみられたり、
将来ある種の病気の発症リスクが上がったりする可能性があります。
子宮内避妊具(IUD)を留置すると、下腹部に痛みが出ることがあります。
そのため「避妊すると病気になる」と思い、使用したがらないということがわかりました。

ミャンマーでは、コンドームの使用が日本ほど一般的ではありません。
村の人も、コンドームという物も、どこでもらえるのかも知らない人が多かったのです。
サブセンターや病院ではコンドームを無料で配布していますが、もらう人がいないため使用期限が切れてしまうことが多いそうです。

そこでNICCOの保健ボランティア研修では、コンドームの使用方法について詳しく教える時間を設けました。
コンドームは安全で簡単な避妊法ですが、正しく使用しないと効果的に避妊できないため、
保健ボランティアさんにも村の人にも、誤解のないよう正確に使い方を説明しなければなりません。

これは、ミャンマーで実際にあった話です。
ある助産師が村の人に男性用コンドームの使い方を教える際、自分の指を男性器に例え、指にコンドームをはめて説明したそうです。
その後、「コンドームを使っていたのに妊娠した」という苦情が出たので、助産師は村の人にどのように使っていたのか聞いたところ、その人は教わった通り、自分の指にコンドームをつけて性交渉していたということがわかりました。

私たちの研修では当初、プラスチックのバナナを使ってコンドームの使い方を説明しようと計画していたのですが、誤解を避けるため、教育用の男性器の模型を用いて、具体的にわかりやすく説明することにしました。

そして研修で、講師が男性器の模型を取り出した時の様子がこちらです。

みゃんまー1.jpg
「えー、何それー?!」

みゃんまー2.jpg

講師が模型にコンドームを装着しながら、使用法と注意点の説明をしました。
性に関する話題なので、男性器の模型を使ったらボランティアの皆さんが恥ずかしい思いをするのではないかと心配していたのですが、講師の説明を真剣に聞きつつ、楽しく学ぶことができました。

コンドーム以外の避妊法についても、メリットとデメリットについて説明し、個人が各避妊法について理解したうえで自分に合ったものを選べるよう、幅広く学んでもらいました。

みゃんまー3.jpg
初めて見る女性用コンドームに興味津々。

研修後は村で行われるワークショップを通して、地域の人たちにも家族計画についての知識を広めています。
性交渉や避妊についての話題が村の人たちに受け入れられるだろうか、という心配はありましたが、
多くの人が家族計画に関心を持っており、ワークショップでは質問も多く、コンドームを使ってみたいという声も聞かれています。

妊娠・出産は女性だけの問題ではありません。
男性も含め家族みんな、地域住民全体で考えていかなければならないことです。
NICCOの保健ボランティアは、地域の人々がより健康に生活していけるよう、コミュニティー全体を対象に日々健康教育を行っています。

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 11:04| Comment(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

【イラン・テヘラン事務所】NICCOテヘラン事務所派遣インターンの報告

おはようございます。今日のブログはNICCOテヘラン事務所に9月まで派遣され、
10月にNICCOを卒業したインターン生早坂遊羽さんのイランからの帰国報告です。

IMG_0163.jpg

こんにちは!NICCOインターン生の早坂遊羽と申します。
7月から二ヶ月間、イランのテヘラン州にある職業訓練センターで研修に参加しました。
その二か月間で経験したこと、学んだことについてご報告したいと思います。

職業訓練センターは、テヘラン州の南部、レイ市にあります。
本センターでは、アフガン難民の帰還支援のため、ITコースや教師養成コースなど、
アフガニスタン本国での就職につながる様々な分野の授業を開講しています。

また、アフガニスタン帰還支援をテーマに時折セミナーも開講し、
これまでには、センターでの学びを生かしていかに人生設計をするかについての啓発セミナーや、
帰還の経験を語ってもらうセミナーを行いました。

センターではアフガン難民対象のインターン制度も実施しており、
私と同い年くらいのインターン生が勤務し、受付業務、コース運営補助、会計業務などに励んでいます。

この職業訓練センターで、わたしは受講生に対する奨学金の情報提供、図書貸出制度の整備、受講生のメンバーシップカードの作成を主な作業として行いました。
テヘランで行われている支援の内容について、現地からブログで紹介する広報の業務も行いました。

これらの作業は、センターのスタッフの方々や、
アフガン人のインターン生との協力で進めることができました。
あるときはペルシア語で会話できないわたしにかわって電話をかけてもらい、
グラフィック担当のインターン生に広報物やメンバーシップカードのデザインをお願いし、
ITスタッフの方にこれらの情報を管理するためのデータベースの作り方を教えてもらい…。
そうした作業を通じて、ひとりで作業を完結できることよりも、
いかにやりたいことをうまく伝えて、協力してもらえるかが大切だということを学びました。

また研修に参加する中で、アフガン人のインターン生とも交流し、
彼、彼女たちが職業訓練センターでのインターンシップ研修をどのように考えて参加しているのか、
また将来どんなことに挑戦したいかを話し合うこともできました。
あるインターン生は、研修を通じ、仕事中の事務所での正しいふるまい等をはじめ様々なことを学び、
将来の目標を広げられたと話してくれました。
中でも印象に残ったのは、インターンシップ研修に参加した理由について、
自分と同じアフガン難民の人たちに夢をあきらめないでほしいと思ったからだというインターン生の話です。
難民としてイランで生活する以上、教育や職業の権利に制限があるものの、NICCOのような支援を利用して、
やりたいことを実現できるということをより多くの人に知ってほしいと話してくれました。

インターン生をはじめ、職業訓練センターで学ぶアフガン人のみなさんの、
目標に向かって意欲的に取り組んでいる姿は、私の「難民」に対する先入観を変えました。
二か月間の研修に参加して、自分のため、また自分と同じ境遇にある人々のため努力するアフガン難民のみなさんのそばで業務を行い、彼らの日々の一端を知り、将来について話し合えたことは大きな経験になりました。
そして、そんな人々の支援に少しでも関われたことをうれしく思います。

本海外研修をもって、私は一年間のNICCOでのインターンシップを終了いたしました。
この春大学を卒業し、来年度より社会人として第一歩を踏み出すことになりますが、
日本、テヘランでの研修を通じて常に意識していた「今自分の業務がどういかされるのか」
を心におきながら、これからも努力してまいります。

以上で報告を終わります。ありがとうございました。

IMG_0096.jpg
NICCOテヘラン事務所での早坂遊羽さん(右端)
posted by NICCO at 10:22| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。