2014年09月01日

【イラン・テヘラン事務所】英語コース:就職につながる英語力を養う

こんにちは、テヘラン事務所インターン生の早坂です。最近、テヘランは朝晩が徐々に涼しくなってきました。8月の後半から少しずつ涼しくなり始めて、9月には秋の気配がするとのこと。昼間は相変わらずの日差しですが…

さて、今回は英語コースについて紹介します。英語コースでは、現在、英語教師養成コース(Teacher Training Course for English, TTCE)が開講されています。6月から開講していたビジネス英語コースは8月に終了し、9月からは英語翻訳コースが始まります。現在テヘランの職業訓練校ではセメスターの境目で、コースが終了しては新しいコースが始まり、インターン生もスタッフもみな、コースの開催へ向け忙しそうに働いています。

今月終了したビジネス英語コースでは、テキストを用いながら、ビジネスで使う会話表現やEメールの書き方を学んだり、プレゼンテーションの練習などを行いました。また、実際に就職する際に役立つ英語面接、英文での履歴書の書き方などについても指導が行われたとのことです。アフガニスタンの企業では通常、応募要項として英語が必要とされており、履歴書も英文で提出するのが一般的です。

先週、第一回目のクラスが開講された英語教師養成クラス(以下TTCE)では、英語中初級者むけの英語クラスをどのように計画し、授業を行うのかについてのレクチャーが行われました。講師は、一般的なクラスのマネージメント、英語四技能(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)の教え方など、英語教師としての原則に加えて、良い教師になるための「創造力(Creativity)」をいかに発揮できるかを一緒に模索していくクラスにしたいと話してくれました。第一回のクラスを覗かせていただきましたが、自己紹介をしたり、グループに分かれてディスカッションをしたり、一つ一つのアクティビティからみなさんのやる気を感じました。
(下:TTCEの生徒)

4.png

もうじき始まる翻訳コースでは、4ヶ月間の授業を通してペルシア語・英語間の翻訳について学びます。英語の能力は、就職する際にどの分野でも役に立ちますが、翻訳コースでは特に、アフガニスタンの現状や生活の実情を伝えるジャーナリズムの領域で活躍できる人材育成を目指すそうです。
posted by NICCO at 10:46| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。