2014年09月05日

【マラウイ事務所】10基の井戸の建設が完了しました!

ムワズカブワンジ!!(おはようございます!!)
マラウイ事務所インターンの神保です。

マラウイ事業のフェーズ2では10基の井戸を建設し、先日全ての井戸が完成しました。
こちらは建設中の井戸の様子です。

図1.jpg

完成した井戸を村の人々に引き渡した後は、村の有志で組織した「井戸管理委員会」に井戸を管理していってもらいます。
例えば井戸の周りの衛生環境のチェックや井戸が故障した際の修理などを行ないます。
「井戸管理委員会」とは言っても村の有志ですので、今後自分たちでしっかり井戸を管理できるようにワークショップを行ないました。

ワークショップの内容は大きく分けて2つ、衛生教育と井戸の仕組みについての勉強です。
今回のワークショップはチポンデ村とチレジ村の井戸管理委員が合同でチポンデ保育園を借りて行なわれました。

衛生教育は「衛生ってなんだろう」というところから始まります。
まずはグループに分かれて「衛生とは何か」について話し合ってもらいました。
少し抽象的な議題のような気がしますが、答えを出すことよりまずは自分たちで色々考えてみること、「衛生」という目線から自分たちの生活を見つめなおすことが重要です。

図2.jpg

グループディスカッションのあとは、みんなで集まってグループディスカッションの結果を共有しながら「衛生をきれいに保つためにはどうしたらいいか」について話し合いました。
ここでも重要なことはどうしたらいいかを知ることではなくて考えることです。

図3.jpg

村では赤ちゃんが地面に落ちている物を口に入れても、お母さんは注意せずに見ているだけの光景や、小学生くらいの子どもが土のついた木の枝や枯れ葉を口にくわえている光景などをよく目にします。「お腹が痛い」という現象と「汚い水を飲んだ」という行為を結び付けることは、科学的な知識をもたない村人には難しいかもしれません。きれいな水にアクセスできるようになっただけで、村の衛生環境が全て改善される訳ではありません。
「こうしましょう」「こういうことはやめましょう」と教えてしまえば、それだけで終わってしまいます。しかし、身の回りには衛生に関わることがもっともっとたくさん溢れています。井戸管理委員にはこれから自分の生活の中を衛生という見方で見つめてもらい、まずは自分、次に家族、そのあとは近所の人、と衛生に対する考えを村に広げ、定着させてもらいます。井戸の建設が村にきれいな水へのアクセスを与えるだけでなく、そのきっかけ作りとなることが井戸建設の一つの目標なのではないかと思います。

井戸の仕組みの勉強の様子は次回お伝えいたします!

NICCOのマラウイ医療支援プロジェクトはこちら→
http://www.kyoto-nicco.org/project/malawi/cat66/malawi-index.html

当プロジェクトは、主に外務省からの資金協力(日本NGO連携無償資金協力)、皆様の募金から活動を行っております。これからも皆様のあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

また、Panasonicさんからご助成いただいたアフリカ事業の広報費で、エコサントイレの
キャンペーンを実施中です。いいね!やツイートで、ご自身の名前(アカウント名)がのったレンガがウェブ上でつまれていき、300イイね!/ツイートで、アフリカに1基トイレが建設される、というキャンペーンです。
http://www.kyoto-nicco.org/ecosan/
ぺ―ジ中ほどの「参加はここから!」ボタンより、各文言のツイート/いいね!ボタ
ンを押していただければさらなるトイレ建設に一歩近づきます!

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 13:43| Comment(0) | マラウイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

【フィリピン台風被災者支援】モニタリング@

マオパインアーガ!フィリピン事務所の永山です。

今日は6月に行った建設資材配布後の各家庭へのモニタリングの様子をお伝えします。
レイテ島は短い夏(4〜5月)を終え、長い雨季に入っていました。日本と同じですね。

Monitoring1.jpg
<モニタリングの様子。左のおばあちゃんは、1人でこの家に住んでいます。
配布から約1週間後、残念ながら、まだ修繕することができていませんでした。>

家屋修繕キットを配布してから、村の自治会やボランティア、
技術移転を受けた地元大工と共に、キットを配布した全850世帯をモニタリングしました。

Monitoring2.jpg
<道なき道を進みました。この後、ジャングルのような森に突入し、
「蛇がいるから早歩きで歩こう」といわれ早歩きで進みました。>

Monitoring3.jpg
<流れが速く、滑りやすい川でした。深いところは、太ももまで水につかります。>

Monitoring4.jpg
<モニタリングには行かずに、村役場でサボっていた赤ちゃん。>

山越え川越え谷越え森越え、配布した村人全員に会いに行きました。
この道のりを彼らは資機材を持って往復したかと思うと、頭が下がります。
毎日毎日こんな道を使って生活しているなんて…道って大事。

道のりでだいぶ書いてしまいましたので、実際のモニタリングの様子は次回お伝えいたします。
お楽しみに!
サラマ〜!

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 11:44| Comment(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

【シリア人道支援】心理社会的ワークショップ スポーツセッション

マルハバ!(こんにちは!)8月より京都本部からヨルダン事務所に派遣されました、インターン生の用品です。ヨルダンの子どもたちや現地スタッフからアラビア流の踊り方を習うのが最近のマイブームになっています。

さて、NICCOのザルカ支援センターでは、子供向け心理社会的ワークショップの一環として、8月21日にスポーツセッションが開催されました。
(心理社会的ワークショップの詳細については、8月9日の記事をご覧ください。)

このスポーツセッションの目的は、子ども達が体を動かしてストレスを解消することだけでなく、プログラムの最後に予定している演劇発表会に向け、参加者が一丸となって取り組むことができる環境を整えることや、同じ地域で生活するヨルダン人とシリア人の共存に寄与することも含まれます。

炎天下にも関わらず、当日は30名以上の子ども達がセッションに参加し、国籍や性別に関係なく全員でサッカーを楽しみました。
syria1.png

セッション前半ではグル―プごとにドリブルやパスの練習を、後半ではチームに別れて試合を行いました。本番では各チームが作戦を練り、ポジショニングを決め、互いに声を掛け合いながら試合に臨みました。

syria2.png
セッション前半に行われたパス練習の様子

syria3.png
ユニフォームを着て、試合に臨む子ども達

スポーツセッション終了後は、今日何を学んだのか、その学びを今後どう活かしていきたいか話し合い、フィードバックの時間が設けられました。セッションを通して仲間と励ましあう姿勢や、自分の役割に責任を持ち、協力して目標を達成する意義を学べた、という意見が多くでました。

現在、子ども達は、9月6日の演劇発表会に向けて一致団結して練習に励んでいます。プログラムで得た学びの集大成としての発表会を、私も現地スタッフもとても楽しみにしています。

*NICCODのシリア内戦の被災者に対する人道支援事業 (ヨルダン人貧困層に対する支援を含みます)
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/syria001.html




posted by NICCO at 17:12| Comment(0) | ヨルダン・シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。