2014年09月30日

【シリア人道支援】子ども向け心理社会的ケアワークショップ 演劇発表会

こんにちは。ヨルダン事務所インターン生の用品です。先日ヨルダンでは、数か月ぶりに雨が降りました。9月も終わりに近づき、犠牲祭での大型休暇を控えたNICCOD*ザルカ支援センタースタッフ一同はそわそわしています。

さて、ザルカ支援センターで行われている子ども向け心理社会的ケアワークショップでは、9月6日と20日、3か月間のプログラムの集大成としての演劇発表会がザルカ県内の劇場にて開かれました。全参加者60名が4グループに別れ、1日2グループずつ、それぞれの演劇項目を発表しました。

ヨルダン1.jpg

心理社会的ケアワークショップは、過去の辛い経験を見つめ直し、語りを紡ぎ出して自分なりの物語を完成させ他者に受け止めてもらうことで、内戦や日々の生活難で負った心の傷を癒すことを目的としています。演劇活動では、これまで行ってきた描画やクレイモデルより高次元の、時間軸を持つ表現形式をとるため、より一層緊張感のある情報量の多い表現を通して過去と向き合う密度を高めることが期待されます。以下、子どもたちが演劇を通して伝えた苦悩について、場面ごとに紹介したいと思います。

ヨルダン2.jpg

このグループは、学校を辞めて働くことを父親に強いられる子どもたちと、夫からの暴力を恐れるあまり周囲に助けを求めることができない母親の葛藤を表現しました。第三者として役を演じ、客観的に過去の経験を見つめなおすことで、心の整理が加速されていきます。

ヨルダン3.jpg

他のグループにて演じた、この女の子は、学校のみんながバスで通学するなか、自分だけ徒歩で学校に通わなければならないなどの苦悩を抱えながらも、家庭の経済状況を考えると、両親になかなか本当の気持ちを伝えられないもどかしさを訴えています。観客のみなさんの反応が直接彼女に伝わり、セリフにもより一層気持ちがこもります。

ヨルダン4.jpg

両日ともに、参加者のご家族や地域の方など、たくさんの方にご来場いただきました。中には劇の内容に共感し涙する方もいらっしゃいました。

ヨルダン5.jpg
発表を終え、ワークショップで学んだことを堂々と発表する出演者

自分の紡いだ物語が観に来た方々に受け入れられただけでなく、その人たちの心を良い方向に動かしたという実感は、子ども達が自分を肯定していくきっかけとなり、被害にあってマイナスに振れた彼らの心をプラスへ動く大きな力にきっとなるのではないかと思います。

*NICCODのシリア内戦の被災者に対する人道支援事業 (ヨルダン人貧困層に対する支援を含みます)
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/syria001.html

ヨルダン事務所
ザルカ支援センター
インターン生
用品 知美

*NICCODはアラビア語圏でのNICCOの呼称です。
posted by NICCO at 16:51| Comment(0) | ヨルダン・シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

国際活動パネル展(9/25〜10/1まで)

こんにちは。広報の福島です。

9月に入り一気に秋めいてきた!と、思ったら若干暑さが戻った昨日、
荷物を抱えてパネル展の搬入に行って参りました!(汗だく・・)
秋はイベントシーズン!東京も京都もいろんなイベントを企画していますのでお楽しみに!
今日は、京都で開催中の国際活動パネル展について紹介します。


■「国際活動パネル展」のお知らせ
京都府国際センターが主催している「国際活動パネル展」にNICCOも昨日から出展しています。
場所は「京都府国際センター府民交流サロン」です。
京都駅ビルの9階。パスポートを取りに行くビル、といえばわかりやすいでしょうか・・?あのビルの9階です!
京都駅から直結しているので、「電車の待ち時間がちょっとあるな〜」そんな時にふらりとご覧いただければ幸いです。


■展示内容は?
今回は「京の町家から世界に笑顔を!NICCOが行う3つの支援活動とは?」と題して、
パレスチナ・ガザ緊急人道支援
フィリピン台風被災者支援
マラウイ飢餓の起きない村づくり
イランにおけるアフガン難民支援
の4つの事業について紹介しています。
途上国の子どもたちの写真パネルもありますよ〜!今を生きる子どもたちのキラキラした笑顔に会いにきてください。

こんな感じで展示しています。
京都府.jpg


京都府2.jpg

開館時間は午前10時〜午後6時、入場無料でどなたでもご覧いただけます!
NICCOの活動をパネルで知ることができるこの機会、お気軽にご覧下さい☆


☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 14:53| Comment(0) | 京都本部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

【イラン・テヘラン事務所】ビジネスコース:アフガニスタンでの事業運営をめざして

こんにちは。テヘラン事務所インターン生の早坂です。最近テヘランはだんだんと日が短くなり、
朝の6時ごろに起きるとまだ外は真っ暗、空気もひんやりしています。季節の変化を感じるこのごろです。

さて今回はビジネスコースについての紹介です。ビジネスコースでは現在会計コース、
交渉術コースが開講されています。また先月には起業入門コースが修了し、14人の受講生が卒業しました。

会計コースでは、講義を通して、会計アシスタントとして職を得られるくらいの知識を身につけることができるとのこと。このコースの受講生の中には、職業訓練センター以外の施設や大学で、会計、経営を学んでいる人もいるそうです。授業は週末の木、金曜日に行われ、一コマ5時間、今のところ理論中心の講義なので、毎回集中して最後まで取り組むのが大変と話してくれました。勉強熱心な人が多い印象です。

acc.JPG

acc2.JPG
(会計コースの受講生と講師のデーガン氏。いい笑顔。)

acc3.JPG
(会計コースの教科書)

起業入門コースの講義は、3週間にわたって集中的に講義がおこなわれ、経営の基礎を学びました。
講義終了後も、受講生はチームに分かれ、講師の補助のもとそれぞれ事業を計画し、
最終課題として事業計画書を提出します。あるチームは、アフガニスタンのカブールでNICCOが提供するような職業訓練センターを設立する計画をたてていました。
どんな事業を計画するかはまったく自由なのですが、その中でもアフガニスタンでのビジネスを計画する
受講生がいることから、彼らの帰還への強い希望を感じました。

entre.JPG

entre2.JPG
(グループワークに取り組む起業入門コースの受講生)

entre-teacher.JPG
(起業入門コースの講師、ラジャビアン氏。いかにも!といういでたち。)

先月から始まった交渉術コースでは、日常、ビジネス環境など幅広い場面で役に立つ、基礎的なコミュニケーション術、交渉術を学ぶことができます。講師は、テヘラン大学でMBAを取得し、コンサルティング会社の創設も経験し、現在コンサルタント、複数の大学や企業にてキャリア指導コースの講師としても活躍するナジャフィ氏。ナジャフィ氏は、同じく職業訓練センターで開講されているライティングコースの講師の紹介でNICCOを知ったそうです。講義は主にディスカッション形式で行われ、受講生もみな楽しみながら取り組んでいます。これまでに数々の講義を担当したナジャフィ氏も、職業訓練センターの受講生はとても意欲的に取り組んでいると話してくれました。

nego1.JPG
(ディスカッションに取り組む交渉術コースの受講生)

nego3.JPG
(交渉術コースの講師、ナジャフィ氏)


職業訓練センターで学ぶ受講生やインターン生は、それぞれ目標を持って学び、努力しています。そういった姿を見て、わたしは、センターでの研修に参加する以前にもっていた、難民の人々に対する「力弱い存在」という偏見を改められる思いでした。二か月間の研修を通じ、彼、彼女たちが自身で将来を選択できるように支援を行うべきなのだということを学びました。

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 12:25| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。