2014年08月26日

【フィリピン台風被災者支援】家屋修繕キット配布A

マオパインアクルップ!(こんにちは!)
フィリピン担当の永山です。

前回は配布までの準備をお伝えしましたので、今回から、いよいよ配布当日の様子をお届けします!

1キャプチャ.JPG
2キャプチャ.JPG 
<指揮者が突然前にでてきて、国歌斉唱ではじまる村がいくつもありました。>

3キャプチャ.JPG
<オープニングセレモニーで話すNICCOスタッフ岡田。後ろのボードに貼ってあるのは、災害に強い建築技術をまとめたもので、村人が自分たちで実践できる内容です。>

岡田が村人に伝えたこと。それは、
「今日の家屋修繕キット配布はゴールではない」
ということ。

「みなさんがキットを使って、NICCOが伝えた技術を活用して、以前より災害に強い家を建てること。それがゴールです。また、NICCOのMISSIONにもある「自助努力」をしてください。もしみなさんが自ら動かないのであれば、私たちは協力しません。ですがみなさんが自らの意思で動き協力し合うとき、NICCOは支援を惜しみません。」

4キャプチャ.JPG
<みんな真剣に聞いています。>

5キャプチャ.JPG
<災害に強い家の建て方を書いたポスターを使って、村人に技術を説明する地元大工。モデルハウス建築ワークショップで、NICCOから技術移転を受けました。>

こちらのポスターは、モデルハウス建設時に現地に来てくださった、日本人建築家の方に作成していただきました。
カポオカン町の全ての村に配布しました。

6キャプチャ.JPG
<なるほどなあ、と納得する生後3ヶ月の赤ちゃん>

次回は実際に受け取る村人の様子をお伝えします!
サラマ〜!

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 00:00| Comment(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

【マラウイ事務所】母親学級と母子保健委員会

ムワズカブワンジ!!(おはようございます!!)
マラウイ事務所インターンの神保です。

今回はザピタ村で行なっている母親学級と母子保健委員会の紹介をします。
ザピタ村では二週間に一回、母親学級を開催し、村の妊婦さんを対象にヘルストークと料理教室を行なっています。
その運営を行なっているのが母子保健委員会で村の有志の人たちで構成されています。

母子保健委員会は母親学級の前日に集まってリハーサルを行ないます。
リハーサルではその週のヘルストークを担当する委員が他の委員たちの前で発表の練習をします。
マラウイ1.jpg

母親学級当日。
お母さんたちがどこからともなく集まってきました。
マラウイの人は歌と踊りが大好きなので母親学級も歌を歌うところから始まります。
キャプチャ.jpg

歌のあとは母子保健委員とナースによるヘルストークです。
今回のテーマは「障害をもった赤ちゃんが生まれてきたら・・・」です
真ん中の白い服の女性が話をしているナース、黄緑の服の女性は今回のヘルストークを担当する母子保健委員です。
洋服もいつもよりおしゃれで気合いが入っています。
キャプチャ2.jpg

先ほども書きましたが母子保健委員会は村の有志で構成されています。
「NICCOが事業を終了したあとどのように活動を続けていくか」は大きな問題となっていて前日のリハーサルの後には熱い話し合いが行われていました。
問題の一つは「料理教室の食材をどのように調達するか」です。
「参加者に持ちよってもらうのはどうか」
「野菜ばかり、お肉ばかりと偏ってしまうかもしれない」
「遠くの村から来る人はルールを知らずに来てしまうかもしれない」
「母子保健委員会でなにかビジネスをしてそのお金を使うのはどうか」
「経験もなくビジネスをして成功するのか」
などの議論が交わされていました。
この問題はすぐには答えが出ませんがこのような問題を村の人々が熱心に話し合うということがすでにNICCOの行なってきた活動が村に根付いている一つの証なのかなと思います。

さて、そんな料理教室の様子はまた次回お届けします!

NICCOのマラウイ医療支援プロジェクトはこちら→
http://www.kyoto-nicco.org/project/malawi/cat66/malawi-index.html

当プロジェクトは、主に外務省からの資金協力(日本NGO連携無償資金協力)、皆様の募金から活動を行っております。これからも皆様のあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

また、Panasonicさんからご助成いただいたアフリカ事業の広報費で、エコサントイレの
キャンペーンを実施中です。いいね!やツイートで、ご自身の名前(アカウント名)がのったレンガがウェブ上でつまれていき、300イイね!/ツイートで、アフリカに1基トイレが建設される、というキャンペーンです。
http://www.kyoto-nicco.org/ecosan/
ぺ―ジ中ほどの「参加はここから!」ボタンより、各文言のツイート/いいね!ボタ
ンを押していただければさらなるトイレ建設に一歩近づきます!

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 11:01| Comment(0) | マラウイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

【参加者募集中】“青空×農地コン”開催のお知らせ【9/20】

秋といえば…

そうです、収穫の時期がやってまいりました!

今回は“青空×農地コン”と題しまして、稲刈りイベントを開催いたします!
有機農業で育った稲の刈り取り、バーベキューを通して、
自然と出会い、人と出会いませんか。

たくさんのご応募、お待ちしております。

○詳細
日時:2014年9月20日(土)
   10:00〜18:00 (予定)
   ※集合時間等の詳細は、追ってFacebookにてお知らせいたします。
場所:滋賀県東近江市中戸町の田んぼ
   (名神高速道路「八日市IC」より約10分)
集合:【送迎バス利用の場合】京都駅または新八日市駅(近江鉄道)
   【お車でお越しの場合】あいとうマーガレットステーション
内容:有機米の稲刈り&BBQ+新米の試食
※帰りに近くのスパ施設を利用予定です。
服装等:動きやすい服装、着替え、タオル、靴下(長靴・軍手貸し出し)、帽子(日よけ用)
対象:自然大好き男子・女子(定員男女各10名)
※定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費:3,000円(送迎、稲刈り指導、BBQ、スパ代込)
主催:日本国際民間協力会(NICCO)
申込み:fuyumizutanbo@kyoto-nicco.org
075-241-0681
お申込みの際は必ず、@お名前 Aご住所 Bお電話番号 C年齢、をお伝えください。(保険の加入に必要となります)
詳細:www.facebook.com/niccofuyumizutanbo
締切:2014年9月15日(月)

稲刈りチラシ - コピー.jpg

稲刈りチラシ.jpg
posted by NICCO at 12:15| Comment(0) | 琵琶湖生物多様性保全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。