2014年07月31日

【パレスチナ・ガザ緊急支援開始】食糧・物資配布、子どもの保護を実施。 緊急募金も受付開始しました。

 NICCOは、パレスチナ自治区・ガザ地区での緊急人道支援を開始します。

P1060993.jpg
ガザの破壊された街並み(2009年)

支援計画
(1)期間:2014年8月-10月(3か月)
(2)予算:3000万円(予定)
(3)内容:食糧・物資配布、子どもの保護(避難所での安心できる場所やプログラムの提供)等
(4)場所:ガザ地区ラファ市他


 なお、今回のガザ人道支援は、緊急人道支援組織「ジャパン・プラットフォーム」による支援プログラムの一部として実施される予定です。

 併せて、この支援への緊急募金・寄付金の受付を開始しました。ご協力をお願いいたします。

<ガザ人道支援募金の受付>
郵便振替: 01070-5-60791
口座名: 公益社団法人 日本国際民間協力会
(通信欄に「ガザ」とご記入ください。
備考欄または特殊取扱欄に「免」とご記入いただくと、 手数料が無料となります。)

銀行振込: 三井住友銀行 京都支店  支店 普通口座: 9054731
口座名:公益社団法人 日本国際民間協力会
(こちらはガザ人道支援募金専用口座です。お寄せ頂きました募金は、全てガザ人道支援に活用させていただきます。なお、手数料はご負担ください。)


※領収書について:
 領収書ご希望の方は、お振込み日、金額、お名前、ご住所、電話番号をNICCO(TEL:03-3221-5721 / FAX:03-5213-4875、E-mail:info@kyoto-nicco.org)までご連絡ください。



 パレスチナでは、2014年6月中旬に西岸地区で発生したイスラエル人青少年3人の誘拐・殺害事件および同年7月のパレスチナ人青少年の誘拐・殺害事件以降、ガザ地区においてパレスチナ側武装勢力とイスラエル軍による戦闘が激化し、断続的に現在も続いています。

 国連人道問題調整事務所 (OCHA)の報告による現地の被災の状況は以下の通りです。(2014年7月29日)
s-OCHA20140729.jpg
(OCHAウェブサイト参照 http://www.ochaopt.org/


 イスラエル軍のミサイル着弾により、発電所が停止し、もともと脆弱な電力供給がさらに悪化するなど、インフラ施設の機能不全が深刻化しています。また、避難所では人口過密状態が悪化しており、水や食力不足が深刻な問題となっています。この他、マットレス、毛布、衛生キット、キッチンセットなどの非食糧品の不足に直面しています。
 現在、国際機関や国際NGOなどが、これらの緊急物資配布を行っていますが避難所の数も配布物資の数も不足しています。また、少なくとも194,000人の子どもが家族の死や負傷、あるいは家を失った経験をしています。彼らには安心できる場の提供が必要です。

 2007年よりパレスチナ西岸地区にて農家と女性支援を継続して来たNICCOは、今回の事態を受け、ガザ地区の国内避難民を対象に、食糧・物資配布、避難生活を余儀なくされる子どもたちへの支援の開始を決定しました。
 NICCOは、2008-2009年のガザ紛争の直後にも、現地NGOと協力して物資配布を行った経験があり、今回も同様の方法により、避難民に支援を届けます。


NICCOのパレスチナ・ガザ緊急支援にご協力ください。
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/presentation/gaza001.html



s-s-haikyu05-090222-1.jpg
ガザ支援での配給の様子(2009年)



posted by NICCO at 15:17| Comment(0) | 京都本部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

【東北の水産業を元気にするプロジェクト】気仙沼市立小原木小学校総合学習会@アルフルザ(陸上イケス)

7月9日に小原木小学校の5年生6名が、
総合学習会のためにアルフルザに来てくれました。

CIMG8748.jpg

アルフルザより高台にある小学校の校庭は、
大震災から3年以上経過しても仮設住宅が建ち並んでいます。
残念ながら、これが被災地共通の風景なのです。

この切実な生活環境は、あと何年続くのでしょうか?

体操や運動の出来ない小中高学校が大半であり、
スクールバス通学も大震災後の風景に溶け込んでしまいました。
そして、来年は隣にある小原木中学校が廃校になります。

海や魚に慣れている唐桑の子供達も、興味深々な様子で、
先生の引率のもとアルフルザにやってきました。
5年生6名は目を輝かせながら、
カタール国とアルフルザ(陸上イケス施設名)の関係や建設経緯の説明や、
Fish Market 38 がどんな仕事をしているか等を、
解りやすく紙芝居(子供用にNICCO製作)で学んで頂きました。

CIMG8755.jpg

CIMG8795.jpg

そして陸上イケスに入るなり、ギハギやソイに「初めて見た〜」の歓声も。
子供の元気な声に“癒され”、元気になりました。
魚を触り、掴むほど子供たちの笑顔が弾け。
質問コーナーでは思いもしない事柄が飛び交い、組合長もタジタジでした。

CIMG8777.jpg

CIMG8778.jpg

また、次の日には、子供達の素直な感想文が届きました。
読むと本当に頬が緩みます(写真参照)。
CIMG8832.jpg

CIMG8828.jpg

総合学習を通してまた一歩、地域に溶け込んだアルフルザがここにあります。

この事業は、カタールフレンド基金の助成を受けて実施しています。
posted by NICCO at 10:36| Comment(0) | 東北事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

【イラン・テヘラン事務所 世界難民の日イベント】

6月26日、27日は、難民の日でした。テヘランでは、世界で6番目に高い塔で、観光名所としても有名なミラッドタワーで難民の日のイベントが開催されました。
写真1.jpg
インターン@ミラッドタワー。夜景も素敵

会場では、難民問題に取り組む各団体がブースを設営し、団体の活動紹介を行いました。
写真2.jpg
ブース設営準備時の会場の様子

また、オープニングスピーチでは、難民の日を企画したUNHCRテヘラン事務所から、NICCOからアフガニスタンの雇用状況についてスピーチをして欲しいと要望を受けており、当日はプロジェクトオフィサーのネガールが5分間のスピーチを行いました。

これまで、アフガニスタンの現状や雇用に関して、自分の目で見た生の情報を語れる人がいなかったため、ネガールのスピーチは会場に集まった政府、国連、国際・現地NGOの皆さんにとってもとても印象的だったようです。
写真3.jpg

NICCOブースでは、職業訓練コースの紹介や、職業訓練コースで作成した作品などを展示しました。他の団体のブースは、大きなバナーやポスターを貼り、華やかに飾られていましたが、NICCOには残念ながらそのようなものはなく、自分たちでA3に印刷したポスターやチラシなどをぺたぺた貼り付けた、手作り感溢れるかわいらしいブースとなりました。

たくさんあるブースの中でインパクトがないかなあ・・と心配しましたが、インターン生たちは、「NICCOのようにこんなに情報満載のブースはない!」とNICCOブースをとても誇らしげに語ってくれました。
写真4 (4).jpg

団体の中には、ハンドクラフトや刺繍などの職業訓練コースを実施し、ブースで洋服や刺繍などを販売している団体はありましが、NICCOのように就職に直結するプロフェショナルな訓練を提供している団体は他になく、来場者からは多くの関心、注目を集めました。
写真5.jpg

写真6.jpg

写真7.jpg
posted by NICCO at 12:45| Comment(0) | イラン・アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。