2014年06月26日

【世界難民の日 】世界同時上映プロジェクト「シリア、踏みにじられた人々と希望」の上映会 At龍谷大学瀬田キャンパス

本部の河合澄子です。
6月24日(火)に行われました、龍谷大学瀬田キャンパスでのドキュメンタリー「シリア、踏みにじられた人々と希望」の上映会へ出席し、NICCOの事業やヨルダンでのシリア難民支援活動について紹介してきました。

DSCN0007 シリアの上映会.JPG

「シリア、踏みにじられた人々と希望」は、シリア紛争の状況と、それによるトラウマや心の傷を抱えたままトルコへ逃れ、慣れない土地で厳しい生活をせざるを得ない難民の姿を描いた映画です。
当会の事業地であるヨルダンへ逃れたシリア難民もこの映画の難民たちと同じような日々のストレスや、トラウマや心の傷を負っています。彼らに対して、物質面のみならず、精神面へのサポートの必要性を改めて感じました。

上映会には地域づくり・ものづくりを学んでいる50名ほどの龍谷大学の学生たちが参加しました。グローバルな視点からローカルな問題にどのように取り組むかをを考えるきっかけとして、シリア難民女性の作った刺繍・編み物・石鹸を展示し、実際に見てもらいました。女子学生からはやはりデザインがかわいいと人気でした。シリア難民女性の作っているローカルな作品を手に取りながら、日本でわたしたちにできることを考え、よりシリア難民について身近な問題として感じてもらえたのではないかと思います。


NICCOはシリア難民支援の一環として、難民の女性向け心理社会的ワークショップを、ヨルダン王国ザルカ県において開催してきました。このワークショップを通じて、彼女たちは刺繍や編み物などに技術を身につけています。NICCOでは生み出された製品をブランド名「Joria」のもと、日本で販売する取り組みを行っています。「Joria」の販売にご協力いただけるお店をできるだけ早く探し、シリア難民女性の自立支援のサポートを開始できるようにしていきたいと思います。

1012273_211029672426933_899537115_n (1)シリア.jpg

「Joria」Facebookページ
https://www.facebook.com/joriaforwomen

NICCO シリア人度支援事業 
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/presentation/syria001.html

寄付

☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 11:00| Comment(0) | ヨルダン・シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。