2014年06月25日

【東北の水産業を元気にするプロジェクト】陸上いけす施設「アル フルザ」のオープニング・セレモニーを開催しました!(2)

三陸沿岸の漁業支援のため、気仙沼市唐桑町に完成した陸上いけす施設「アル フルザ」。前回から2回にわたり、5月25日(日)に開催されたオープニング・セレモニーの模様をお届けしています。

 式典終了後、施設の見学会と試食会が行われました。

image009.jpg
▲アル フルザ見学会:左から、NICCO東北事務所長 吉田真由美、ユセフ・モハメド・ビラール駐日カタール国特命全権大使、菅原茂気仙沼市長(写真提供:カタールフレンド基金PR事務局)

 アル フルザは、木造平屋約270uの建物内に、容量4トンの大型水槽1台と1トンの小型水槽6台を設置。約200メートル離れた海からポンプで海水をくみ上げ循環させています。5月中旬から、カレイやヒラメが入れられ、試験運転が開始されました。

完成した施設やいけすに入っているお魚を、ユセフ・モハメド・ビラール駐日カタール国特命全権大使、菅原茂気仙沼市長も興味津々でご覧になりました。現在のカタール国は、石油・天然ガスの生産国のイメージが強いですが、かつては真珠産業や漁業を主な産業として栄えていたそうです。

試食会では、アル フルザで開発された加工品、「さんまの一夜干し」「さんまのお味噌」「サメ肉の二種のパスタ」に加え、新鮮な唐桑産ホタテのバーベキューをご提供しました。

image011.jpg
▲販売開始した「さんまの一夜干し」。ご購入・お問い合わせはNICCO東京事務所まで(03-3221-5721)

image013.jpg
▲魚介専門イタリアンレストラン「トラットリア・パッパ」の松本喜宏シェフも力強い助っ人として大阪から駆け付けてくださいました(写真提供:カタールフレンド基金PR事務局)

たくさんの方々のご協力のおかげで、陸上いけす施設「アル フルザ」が完成し、ついに運転を開始しました。この場を借りて、改めて皆さまに御礼申し上げます。
震災を乗り越えて、古くから人々の生活と深く結びついていた漁業を復興し、減り続けている漁師たちを守るために。NICCOは、Fish Market(フィッシュ・マーケット)38と共に、アル フルザを活用し、漁師の収入向上と後継者の育成を目指しています。

アル フルザでは、魚の買い取り、出荷に加え、全国の有名シェフらと協力した加工食品の開発や、雇用の創出、料理教室や子どもたちを対象とした食育活動などに取り組んでいく予定です。地元の人々や観光客を呼び込む多機能な施設として、地域を元気にしていきたいと願っています。引き続き、本事業へのご協力をお願いいたします。


image015.jpg

この事業は、「カタールフレンド基金(QFF)」の助成を受けて実施しています。


☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif
posted by NICCO at 10:00| Comment(0) | 東北事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。