2014年06月19日

【フィリピン台風被災者支援】いよいよ現地大工から現地大工への技術移転が始まる

マウーパイ・ガ・クルップ(こんにちは/ワライ語)。
フィリピン・レイテ島・カポオカンより、岡田です。
 
台風による被害で4000戸以上の家が倒壊しているカポオカン町ですが、再建用の木材や屋根材を配布する前に、モデルハウス建築を通しての「災害に強い木造建築技術」の技術移転を行いました。この技術移転は、2段階に分けて、その移転範囲を拡大していきます!

◆第1段階 :「日本人建築専門家」⇒「現地大工」(1か所)
◆第2段階 :「現地大工」⇒「現地大工」(10か所)

第1段階は無事に終了し、前回のブログより第2段階を紹介しています。前回は、そのオリエンテーションの様子をお伝えしましたが、今回は実技のワークショップ。

新しい画像.png
と、その前に、まずはワークショップのポスターを貼り付け。

新しい画像 (1).png
現地大工へ指導する、同じく現地大工の一人のニコラスさん。かなり熱が入っている様子で、現地の大工に分かり易く説明するために、江崎専門家が作ったモデルハウスのミニチュアを自ら工作。

新しい画像 (2).png
提携団体PDRRN代表のボン氏(写真中央)と私(写真右)も、伝えるべき「筋交い(斜材)」などの技術がきちんとミニチュアに反映されているかチェック。

新しい画像 (3).png 新しい画像 (4).png
ミニチュアを使って、いよいよ大工たちへ説明開始。集まった大工たちも真剣。

新しい画像 (5).png
子どもたちも興味津々。

新しい画像 (6).png
でも、やっぱり眠くなっちゃった。

次回に続きます!

NICCOのフィリピン台風被災者支援にご協力ください。詳しくはこちら▼
http://www.kyoto-nicco.org/project/support/presentation/20140319.html


☆★☆ NICCOの活動に是非ご協力ください ★☆★

bt_tohoku01.gif

bt_tohoku02.gif

posted by NICCO at 12:14| Comment(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。